野球~白尾大・宗谷龍平 吉田輝義、山口浩希指名「すごい」から4年 今度は俺の番だ | 4年。 #学生スポーツ

野球~白尾大・宗谷龍平 吉田輝義、山口浩希指名「すごい」から4年 今度は俺の番だ |  4年。  #学生スポーツ

特集:2022年の大学ドラフト候補

プロになった高校時代の仲間に追いつく日も近い(白尾大学野球部提供)

宗谷隆平(4年・明王)は、最高速151キロの速球とツーシームボール、カットボールを武器に、高い奪三振率を誇る白鳳大学出身の左投手。 今春のリーグ戦では7試合46イニング55奪三振。秋季は6試合37イニング52奪三振。 10月8日の対上武大学戦で登板すると、巨人を除く11チーム18名のNPBスカウトがスタンドから熱い視線を送った。 ドラフト1位指名で注目されている。

「変革」の機会としてのCovid-19

宗谷の最大の武器は、右打者の内角を狙う「クロスファイア」。 「一番自信があるのは直球です。直球の方が威力が高いというか、70~80%の威力で、出したら100%になるようにしています」

投手としての強みを語る宗谷。 弱い投球フォームから放つ速球は打者の予想以上のスピードと威力でキャッチャーミットに飛び込む。

白王大学では1年秋から公式マウンドを経験。 「ボールの切れ味には自信がありましたが、コントロールに一貫性がありませんでした」と彼は回想します。 2年春のリーグ戦がコロナ禍で中止になったことから、「何かを変えなければ」と思い体づくりに取り組んだ。 彼は食事を 1 日 6 食に増やし、筋力トレーニングを行いました。 結果、10kg近く太りました。 3年春から3シーズン連続で最多奪三振のタイトルを獲得し、3年秋には最多勝・最多防御率を記録。 高校時代の最速球速は140キロだったが、3年秋には151キロまで伸びた。

ドラフト会議で上位指名される見込み(撮影:小川征二)

阪神やロッテでプレーした経験を持つ藤倉太輔監督も「宗谷選手は野心家で正直、負けず嫌い。強さ、リズム、角度などを考え、試行錯誤を重ねて今の投球フォームを作り上げてきた。それは彼自身の努力の産物です。」

今春の松本大戦では13奪三振のノーヒットノーランを達成。 夏には侍ジャパン大学代表に選ばれ、7月にオランダで開催された第30回ハーレムベースボールウィークに出場。 彼は3回のリリーフゲームで投球し、3イニングを投球し、7回を打ち、無失点でした。 国際試合初登板となった開幕戦第2戦の対アメリカ戦では、マウンドに上がると1回に3連奪三振と好投を見せた。

8月末の高校日本代表との壮行試合で最終回を終えた(撮影・井上翔太)

高校最後の夏、きのくのに負けた。

奈良県生駒郡斑鳩町生まれ。 斑鳩中学時代は四季男子に所属し、中学3年の夏には全国大会ベスト8に進出。 PL学園や青森山田でスカウトを担当し、抜け目のない井本利英氏からの誘いを受ける。 現在、千葉ロッテマリーンズの外野手として活躍している山口浩輝とは、明応時代のチームメイトだった。

明王は宗谷、山口とともに、高校2年生の夏の秋田大会決勝で紀ノ国を破り、第99回全国高校野球選手権大会出場権を獲得した。 しかし、エースの山口は決勝で右肩を亜脱臼し、甲子園では登板できなかった。 初戦で二松学舎大学(東東京)に2-14で敗れ、敗退。 宗谷は3位でマウンドに上がった。
高校3年生の夏、秋田大会決勝で2年連続で紀ノ国と対戦。 しかし、チームは 0-2 で負けました。 宗谷は4回途中にマウンドに上がり、4回3分の4安打1失点4奪三振と好投。 で完全密閉。

昨夏は吉田棋聖を擁する紀伊国野に敗れた(朝日新聞社撮影)

「山口選手は2年生からエースで4番を務め、チームを引っ張ってきました。 高校最後の夏を振り返り、悔しそうな表情を浮かべる宗谷。 明王にリベンジした肝心の王は、甲子園での劇的な試合の連続で決勝に進出し、高校野球ファンに強い印象を残した。 宗谷も斑鳩の実家に帰った際、甲子園球場に紀伊國野の1回戦を観戦に行ったが、2回戦以降は悔しくて見れなかったという。
高校野球を卒業後、レベルの高い関東リーグでプレーしたいと考え、栃木県小山市の白鳳大学への進学を決意。 白尾大学はこれまで、岡島悟朗(東北楽天ゴールデンイーグルス)、大山佑介(阪神タイガース)、中山誠吾(埼玉西武ライオンズ)ら14人のプロ野球選手を輩出。 甲新学生野球リーグの強豪です。

プロの舞台で山口選手と対戦したい

高校3年の秋に行われたプロ野球のドラフト会議を寮のテレビで見ていました。 紀ノ国野のエースである吉田は日本ハムから1番指名され、チームメイトの山口はロッテから4番指名を受けてプロの世界に進出した。

「当時、プロ野球は自分とはかけ離れた世界だったので、山口選手や吉田選手がノミネートされたときはすごいなと思いながら観ていました。 これからも山口を応援していきます。」

山口さんとは高校卒業後も連絡を取り合っています。 今春のリーグ戦で宗谷がノーヒットノーランを達成した際には、山口もLINEでお祝いのメッセージを送った。

得意技は長い手足を活かした速球(撮影:井上翔太)

今シーズン16本塁打を放ち、ロッテの中心選手になりつつある山口は、来年から同じチームでプレーするか、味方と敵に分かれるかも知れない。 宗谷選手は「山口さんとは違うチームで対戦したいという気持ちが強い。山口さんもプロで成長したので、勝てるようにもっと頑張りたい」と話した。 最高の舞台で山口の内角にクロスファイアを放つ日を待ち望み、運命の瞬間を待つ。

.