野球~「いわば公人」 期待に応える 東大・松岡康樹主将(上)| 4年。 #学生スポーツ

野球~「いわば公人」 期待に応える 東大・松岡康樹主将(上)|  4年。  #学生スポーツ

その場で必要な役割をきっちりこなす松岡(全ショット井上翔太)

開幕戦で春の王者明治大学と引き分け。 初戦の慶応大学戦では慶応戦では1年ぶり、5年ぶりの勝利を収めた。 今年の東京大学は、いつもとは違う力を見せています。 そんなチームを強力なキャプテンで引っ張る松岡大輝主将(4年・東京都市大学付属)の物語をお届けします。

東大らしくない選手?

「東大らしい」という定義は難しいが、松岡選手は「東大らしくない」選手の範疇に入るかもしれない。

野球に関しては、私はとてもうるさいです。 観客を熱狂させるような見栄えのするプレーや派手な演技はないが、走者を出すべき打席に立つと、正確に犠牲バントを決め、守備で走らせてはいけない相手の盗塁を刺す。 ピッチャーが倒れそうになると、自ら時間をかけて声をかけて立ち直らせる。 彼はゲームを動かすプレーヤーです。

東大の井出隆監督は「彼は自分のことよりもチームの勝利を考えている。

誰もが認めるキャプテンタイプのイメージがあるが、松岡本人は「本当に浮いている。キャプテンになろうと決めた時は『いや、ダメだ』と思っていた」と苦笑する。

周囲を見渡し、必要に応じて率先して発言する

大きなリードを許した試合で、ホームランを打ってガッツポーズを喜ぶ選手がいたら、「負けてる。いいですか?」と言いました。 ボールを引いて捕球できない野手がいたら、「何やってんだ!」と怒鳴る。 周りからは「そんなに怒らないで。みんな間違えて『悪い』って言うのは知ってるよ」と慰められた。この野球で勝てた。」

昨年の勝ち星は「今野球を続けていたら大変だ」と冷静に語った。

「私たちは野球が大好きで、趣味でプレーしていますが、そのためにお金をもらう立場にはありません。 でもそれだけならサークルでも草野球でもいいし、東大野球部の一員として、たくさんの人に支えられて野球をやっています。 もしそれをしまったら、あなたは公人だと思います。」

「その後、ヒットを打った。アクティブだった。それだけでは十分ではない。 私はその人々の期待に応えなければなりません。

私が入学して以来、東京大学は公式戦で負け続けてきました。 3年生の春、法政大学に初勝利。 彼は63で連敗を止めた。彼はとても幸せだと思っていたが、試合後、チームメートの何人かが涙を流していた中、彼は「あまり出てこなかった」と言った.

引き分けに終わった明の乱でも、相手の二度の強盗を防いだ。

「もちろん、両親や周りの人が応援してくれるのを見ると、うれしかったです。 そしたら「勝ったらこうなるんじゃない?」って。勝ったから世界がひっくり返ったわけじゃない。どん底まで逃げられたわけじゃない。 .相手がミスをした。 この勝ち方は再現性が低く、今の野球を続けていたら厳しいと感じました」

秋の目標「勝ち点2」に向けて

例えば、明治大学-法政大学、慶應義塾大学-立教大学、早稲田大学-明治大学などのカードでは、シーズンごとにどちらが勝つかわかりません。 東京大学を慶應義塾大学に、東京大学を法科大学院に、そういう状況に持っていきたかった。

「本当は優勝争いをしたいのですが、春に全敗したチームが『秋に勝つ』と言うのは現実的に不可能です。 いや、いや、いや、いや、いや、ちょっと待って。

その言葉を具現化したのが明の乱の幕開けでした。 そして慶応戦の勝利後も、選手一人ひとりが喜びを分かち合いながらも、チーム全体は妙に落ち着いていました。 試合が決まった瞬間から終始真剣な表情を浮かべた松岡選手は、選手たちが横一列に並んでサポーターに挨拶するのを見て、一列に並ぶよう促した。 .

チームが好成績を収めても松岡は常に冷静に振る舞う

今の東大が勝つたびに「動揺」とか「旋風」とニュースにするのは失礼かもしれない。 松岡もマスコミには全く興味を示さず、「全然興味ない」と、勝てば一気に盛り上がる。

今秋、開幕前に掲げた目標は「2点」。 そのためには、少なくともあと 3 勝する必要があります。 先制し、勝てばポイントを獲得する慶應義塾大学との2回戦。 試合前のサークルでは、松岡が「いつも通りやります」と声をかけた。 それに応えてくれるチームメイトには、変な野心や使命感はありません。

いつものように勝つ。 それが松岡と現在の東京大学が目指していることです。

松岡が東大に似ていなかったのではなく、いわゆる「東大」という古いイメージを更新できなかったのです。

チームをリードし、勝ち点2を狙う

***
後編は10月3日公開。

.