苦悩を乗り越え、転校を決意した三宅咲。 感謝の季節 | 鈴木明子振付 | 日本ドットコム

苦悩を乗り越え、転校を決意した三宅咲。 感謝の季節 | 鈴木明子振付 | 日本ドットコム

今年からフィギュアスケートの新シーズンが始まります。

12月の全日本選手権出場を目指し、まもなく地方ブロック大会から予選がスタート。

2023年3月に日本で開催される世界選手権を目指す選手、キャリアの集大成として全日本選手権に挑む選手、日本の最高峰の舞台で力を最大限に発揮したい選手など。 衝突する時が来ました。

先週の関東選手権、中部選手権に続き、9月30日から東京選手権、中四国九州選手権が開幕。

その中で、中国・四国九州選手権に出場する三宅咲は大きな決断を下し、今シーズン挑戦した。

全日本選手権で見せた最高のパフォーマンス

2019年、全日本選手権で輝いた選手がいた。 岡山県出身の高校2年生、三宅咲と申します。

フリーに進出した三宅選手は、参加24名中9番目、いわゆる「前半組」でリンクに立った。

序盤は目が覚めるような連続ジャンプに成功。 その後もダイナミックなジャンプを次々と繰り出し、17歳は勢いを増し続けた。

タンゴの力強いリズムに合わせたエネルギッシュで躍動感あふれる演奏に、会場中が魅了されました。

2019年の全日本選手権で会場を魅了した三宅咲
2019年の全日本選手権で会場を魅了した三宅咲

たどり着いたフィニッシュ。 力強いガッツポーズで三宅の笑顔が炸裂。 バトル開始当初、静まり返った会場は大きな拍手に包まれた。

ミヤケは、回転不足のジャンプや減点のない唯一の出場者でした。 全要素加点、フリー9位。 総合12位でフィニッシュした三宅は、翌シーズン、日本スケート連盟の強化チームのメンバーに選ばれた。

苦悩の二季

強化選手となり、更なる飛躍が期待された三宅にとって、ここからは厳しいシーズンが続く。

2020-21シーズンは怪我に悩まされました。

怪我で思い通りのプレーができなかった2020西日本選手権大会
怪我で思い通りのプレーができなかった2020西日本選手権大会

全日本選手権の最終予選である西日本選手権では、怪我で思い通りのプレーができず、15位に終わった。 2年続いた全日本選手権への出場を逃し、強化選手からも外された。

2021-22シーズンは苦悩の中に光を見つけた1年でした。

「昨年、成績が良くなくてスケートをやめたいと思っていたので、鈴木明子さんに会い、ショートとフリーを作ってもらい、スケートがとても楽しくなりました。」

プロフィギュアスケーターで振付家としても活躍されている鈴木明子さんとご縁があり、初めて振付をお願いすることになりました。

「あきこ先生はスケートを長く続けていて、その間の苦労をたくさん話してくれたので、また挑戦したくなりました。」

「あきこ先生に会って、またスケートが楽しくなりました。

全日本出場権を握った2021年西日本選手権大会
全日本出場権を握った2021年西日本選手権大会

動き出す中、迎えた西日本選手権。 前年のリベンジを果たし、5位で全日本選手権出場権を手にした。

「この1年はとても悔しくて、試練もたくさんありましたが、その失敗が今のスケートや明子先生との出会いにつながっていると思うので、失敗から学べることはたくさんあると感じました。

2年ぶりの全日本ショートプログラム。 しかし、再び課題が立ちはだかります。

三宅は映画『グレイテスト・ショーマン』で「ネバー・イナフ」という曲を情感たっぷりに歌い始めたが、最初の連続ジャンプはダブル+トリプルのミスだった。

その後も細かなミスを重ね、技術点を上げられないまま完走。

結果は26位。 約2ポイント差で上位24名のフリースケーターに進出できなかった。

この経験が再び三宅を苦境に陥れる。 新年早々インカレや全国体育大会に出場し、調子は良かったものの気持ちはどん底。

「もうスケートに行くのが嫌で、国体が終わってから約1ヶ月半スケートをしていませんでした。

改めて、自分のスケート…「乗り換え」用意しました

苦しみ続ける三宅に転機が訪れる。

「かおちゃん(坂本かおり)と(籠谷)あゆみちゃんは仲良し。 インターン生の時に「ここに来たら」と言われて中野先生と連絡を取り、転校してきました。 “

「いろいろあって甘かったので、岡山でたくさん練習しました。

岡山から神戸に移った後、三宅は中野園子から指導を受けました。
岡山から神戸に移った後、三宅は中野園子から指導を受けました。

かねてから連絡を取り合っていた坂本香織に声をかけられ、岡山から神戸への転居を決意。 新たなスタートを切り、今季から中野園子監督に指導を受ける。

新しい環境に飛び込むので、人生が一変します。

「神戸に来て一人暮らしを始めたので、自立しながら、そういうことが演技につながると思います。 、 そこに繋がっていたと思います。 一人暮らしをすることで、また自立して行動できるようになると思います。」

なお、三宅さんは岡山理科大学の2年生です。 彼は大学に通っているので、神戸と岡山を行き来しなければならない日もあります。

大変な日々を過ごしていますが、「全然大変じゃなくて楽しいです」と充実した表情。

今シーズンは新たな気持ちで挑みます。

番組は、昨シーズンに引き続き鈴木明子振付の2曲を使用。
支えてくれたたくさんの出会いに感謝し、前に進みます。

坂本花織らに刺激を受けながら練習する三宅(右端)
坂本花織らに刺激を受けながら練習する三宅(右端)

8月に取材した盛岡合宿では、同世代の仲間に囲まれて練習を重ねる三宅の生き生きとした表情が印象的だった。

――練習の雰囲気はいかがですか?
とても楽しかった。 大変だけど、あゆちゃん(籠谷)、(三原)麻衣ちゃん、(坂本)花王ちゃんがいるから頑張れると思います。

――今はポジティブに滑っていますか?
辛くても仲間がいるから頑張れる… 個人競技ですが、みんなで力を合わせて上達していけると思います。

三宅が今シーズンの目標を語る
三宅が今シーズンの目標を語る

――今シーズンはどんなシーズンにしたいですか?
純情だった頃、このままでいいのだろうかと悩んだ時期もありました。 スケートでベストを尽くしたいので、やるべきことがたくさん残っていると思います。 それらを全て達成できる年にしたいと思います。

フィギュアスケートはアスリートの心をよく表現するスポーツだと感じることが多いです。

自信を持った選手は力強いパフォーマンスにつながり、

心配や不安を抱えているアスリートには、パフォーマンスに躊躇が見られる瞬間があります。

人間味あふれるスポーツなので、壁を乗り越える姿を見ると何か湧き上がるものがあります。

三宅咲もその一人でしょうか? 今シーズンも全日本選手権を賭けた戦いが始まります。

(FNNプライムオンライン9月30日掲載。元記事はここ)

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

.