競馬 第89回日本ダービー 勝利のカギは? |NHKスポーツ

競馬 第89回日本ダービー 勝利のカギは?  |NHKスポーツ


今年は、一生に一度、3歳馬のみが出場できるクラシックレースの最高峰、日本ダービーが近づいてきました。 2019年に誕生したサラブレッドは7522頭。優勝した18頭が東京競馬場の2400mレースに挑戦します。 ダービーウィークは、競馬中継関係者にとって毎年盛り上がりを見せる時期です。 今年の日本ダービーではレース解説を担当させていただきます。

5 番目に人気のある地上絵は、最初のクラシック レースで皐月賞を受賞しました。 騎乗した騎手の多くは、レース中のポジショニングの違いが結果に影響したと語っています。 今回は、皐月賞の上位馬を中心に、5月29日に開催される「日本ダービー」の見どころをご紹介します。

ポイントは1コーナーに配置

まずは、元トレーナーでNHK放送の解説を担当する鈴木康弘さんにダービーのポイントを聞いてみました。

元トレーナー 鈴木康宏

ダービーは1コーナーでのポジショニングがカギ。 スタートから1コーナーまで約350m。 そこで理想のポジションを取れるかどうかが、その後のレース展開に影響する。

ダービーの1コーナーといえば、ここ4年で3勝を挙げている福永雄一騎手が近年強い印象を残しています。

福永雄一騎手、日本ダービー3連覇への意気込みを語る(5月25日)

スタートから1コーナーまで積極的にライダーを前に導くレースが目立ちます。 その点については、福永騎手から直接聞いたことがあります。

何年か前、コンテストで優勝した時…

福永雄一騎手

スタート後、近くの馬が行こうとする姿勢を見せていたので、わざと良い姿勢をとってもらいました。 前から3頭目で1コーナーに入ることができ、あとは足を上げるだけでした。

2018年にワグネリアンで優勝した時も…

福永雄一騎手

私は自分の戦略を事前に十分に計画しました。 芝コースのコンディションと他の馬のレーススタイルを考えると、彼はレースをリードしたかった. リード不利とされる外枠(17枠目)にいたものの、スタート直後から思い切ってスピードを上げ、好ポジションを獲得。

いずれも序盤に狙っていたポジションを確保でき、最後の直線までエネルギーを残して勝利につなげることができました。

福永雄一騎手 ジオグリフ初のダービー3連覇なるか?

今年のダービーでは、福永が皐月賞を受賞したジオグリフとコンビを組み史上初のダービー3連覇という記録に挑戦する。

さつき賞を受賞した地上絵(2022年4月)

前走の皐月翔では、福永がジオグリフを前から5番手でリードして1コーナーに進入。「一番望んでいたポジションでレースができたので、スタートに集中しました。振り返ります。

そして、定番の2冠を達成したダービー。 福永騎手が再びジオグリフをリードして1コーナーで好ポジションを取れるか注目ですが、気になるのは皐月賞までの400mの距離。

取材に応じる福永雄一騎手

これについては、皐月賞を受賞した直後の福永騎手「2000mまでは問題ありませんでしたが、ダービーでは距離が問題になると思います。」距離の適性を明確に指摘していました。

今週のインタビューでも「やってみないとわからないことはたくさんあります。 とはいえ、機動性の高い馬なので、2,400mでも難なく乗れます。と話している

訓練中の地上絵

鈴木源 地上絵の距離適性について解説「落ち着いて走れればダービーで勝てる。 馬を狙うよりも、他の馬と接触しないように気をつけて盛り上がればいいと思います」分析しています。

福永騎手が描いたダービー勝利のポジショニング。 開始直後の動向に注目してください。

皐月賞で負けた強豪馬 逆転のシナリオとは?

(右から)優勝の皐月翔、3位のドゥデュース、2位のエクイノックス

続いて皐月賞でトップ人気の支持を得たものの、ジオグリフに敗れた主力3頭。 2回目のエクイノックス、3回目のドゥ・デュース、4回目のダノン・ベルーガ。 馬に乗った各騎手も皐月賞で勝負を分けたのはポジション(ポジショニング)だった。

クリストフ・ルメール騎手

残念ながら、彼は外枠からスタートしたため、馬の後ろで彼を我慢させることはできませんでした (私は彼の前に出ました)。 地上絵は彼の後ろで抑えた。

武豊騎手

慎重に乗りましたが、結果的にポジションが遅れたのかもしれません。 彼はもっとペースがあると思っていたが、残念だ。 勝ちたかった

川田正正騎手

(芝コースの内側は外側より走りにくかったが、彼は最初から最後まで内側を走った。)

この枠(一番内側の枠、1番)で思いっきり走れました。 間違いなくダービーにつながると思います。

皐月賞では、どのレースも理想的な順位にはなりませんでしたが、ダービーの舞台である東京競馬場のコース形式は大きく変わります。 特にゴールまでの直線は約525m。 皐月賞中山競馬場より200メートル以上長い競馬場です。

トレーニング中の Equinox (左) と Danone Beluga (右)

これまでの東京競馬場での成績は、エクイノックス、ダノン ベルーガともにロングストレートを活かし、優れた瞬発力を発揮して重賞を獲得。 特に、ダノン ベルーガは 2 月の共同通信杯でジオグリフを 1.5 レングス差で破りました。

春分の日のルメール騎手

分点は、皐月翔の地上絵でマークされました.ルメール騎手は彼のレース計画について「ペース次第ではありますが、皐月翔の後ろに走らせて爆発力を発揮させたいです。そして今回は、地上絵を手前に追い越しのイメージを描いています。

武豊がダウデュースで朝日杯フューチュリティステークスを制し歓声に応える(2021年12月)

また、皐月賞ではダウ・デュースが後ろから追いつけなかった。 最後の直線での伸び方が素晴らしかったので、後ろから逆転できるか注目です。

武豊騎手騎手「皐月賞の前は、2000mでどこまで走れるか不安でしたが、全然問題ありませんでした。そして、私はダービーへの反応を得ています。

レース中の展開に注目することで、ダービーの終盤がさらに面白くなると思います。 解説では各馬のポジショニングを中心に解説していきますので、レース中の各騎手の戦術をお楽しみください。

日本ダービー誕生から90年

今年はダービー90周年。 1932年、第1回日本ダービー(当時は「東京優駿グランドレース」)が開催されました。

NHKアーカイブス「NHK放送史」はこちら

当時は目黒競馬場で開催され、NHKがラジオ生中継した記録もある。 時代は変わりましたが、競馬に携わる者の大きな目標であり続けています。