男子テニスは毎年恒例のビラノバ招待に参加し、1 年生の優秀な選手をフィーチャー – The Lafayette

先週末、男子テニス チームは、秋のシーズンで 2 回目の招待となる毎年恒例の Villanova Invitational に参加しました。 ラファイエットに加えて、トーナメントにはバックネル、ビラノバ、コルゲート、リーハイ、セント ジョセフズが参加しました。

この招待制では、2 人のエントリーがダブルスの試合と 2 つのシングルスの試合を行い、各チームのどのデュオが進出するかを決定する、異例の組み合わせがありました。 Lafayette のチームはメイン ブラケットで総合優勝を逃しましたが、多くの試合は激しい競争相手に非常に接戦でした。

Lafayette の Villanova との最初の試合で、2 年生の Arman Ganchi と 1 年生の Nick McKenzie のチームが最初のダブルスの試合で 7-6 (7-5) の接戦で勝利しました。 ガンチはほぼ全体の試合を主張し、10 ポイントのマッチ タイブレークで 10-6 に落ちる前に、Villanova に対して接戦の第 2 セットを獲得しました。 引き分けは最終的に2-1で負けました。

同様に、ジュニアデービスエスリンガーは、8ゲームのプロセットで8-6で勝利し、バックネルとのシングルマッチに勝利しました。 同点は2対1で負けましたが、緊密な戦いの後、シニアのジョシュ・ウルフが競い合いました。

チームキャプテンのウルフは、「春のチャンピオンシップシーズンに向けて、彼らを打ち負かすためにもっとうまくなりたいと思っているので、この大会に参加できてとても良かったです. 「我々は、リーグの誰をも打ち負かすことができると思っています。」

別のビジャノバ ペアに対して、1 年生のサム ゲルバーは 2 年生のウィリアム ウーリーと組んでダブルスで 6 対 4 の堅実な勝利を収めた後、強力な上級生に対してシングルスで敗れました。

土曜日、新入生のジェイク・マグナソンとシニアのナッシュ・ロバロのチームがリーハイと激しく戦い、マグナソンが9-7で勝利した後、2-1で敗れました。 残念なことに、雨が日曜日の試合をキャンセルした後、慰めの試合の多くは完了することができませんでした.

ラファイエットの印象的な 1 年目のクラスは、多くの試合で取り上げられました。これは、5 人の新兵がすべて 2 つ星以上の新兵にランク付けされた、10 年以上で最も強力な新兵クラスを特徴としています。 チームの新しいプレーヤーと復帰したトップ ラインナップ プレーヤーは、年間で最高のユニバーサル テニス レーティング (UTR) パワー シックス ランクを獲得しました。

ヘッドコーチのラルフ・ヴァン・オーマーはメールで、「ラインナップの上下で我々の層はより強くなっており、新たな追加が将来どのように役立つかを楽しみにしています。 「秋のシーズンや練習で彼らが与えている影響はすでに見て取れます。」

ヴァン オーマーは、プログラムのヘッド コーチとして 6 シーズン目を迎えます。

チームは新しいラインナップで新たなスタートを切り、シーズン中にパトリオット リーグで前進することを目指しています。 ウルフは、トップライバルに勝つという目標において、チームが激しい競争を繰り広げていることを明らかにした.

「私たちのチームは、過去にかなり決定的に私たちを打ち負かした学校に対して、『競争力がある』だけで満足するつもりはありません」と Wolfe 氏は書いています。 「私たちはすべての試合に勝つという意図を持って参加しています。私たちが行った仕事が私たちの結果を反映することを願っています。」

男子テニス チームは、昨年 6 対 1 でホームで勝利した 9 月 23 日のデュアル マッチのためにライダー大学に移動します。