生涯スポーツを楽しむ「ドイツに学ぼう」 元サッカー日本代表 奥寺康彦:東京新聞 TOKYO Web

生涯スポーツを楽しむ「ドイツに学ぼう」 元サッカー日本代表 奥寺康彦:東京新聞 TOKYO Web

横浜FC東戸塚フットボールパーク(横浜市戸塚区)で、横浜FCの奥寺康彦シニアアドバイザーが登場。

横浜FC東戸塚フットボールパーク(横浜市戸塚区)で、横浜FCの奥寺康彦シニアアドバイザーが登場。

多くの人は、サッカーは若者だけのスポーツだと思っています。 しかし、高齢者の間でもサッカーを楽しむ人は増えています。 日本人として初めてドイツでプレーした奥寺康彦さん(70)に、そこで学んだ生涯スポーツについて聞いた。 (谷野哲郎)

◆「やりたいこと」を基準に誘いを受け、チャレンジを大切にする

JFA全日本O-70大会で活躍する先輩たち(日本サッカー協会提供)

JFA全日本O-70大会で活躍する先輩たち(日本サッカー協会提供)

―1977年から1986年までドイツでプレーされましたが、スポーツ先進国で感じた日本との違いを教えてください。

「サッカーやテニス、乗馬などスポーツを楽しむ高齢者を多く見かけました。 あそこには大小さまざまなスポーツクラブがたくさんあり、手頃な価格で気軽に入ることができます。 よりもずっと低いです。

――スポーツのハードルが低いのはなぜですか?

「ドイツ人の考え方は『やりたいこと』です。 泳ぎたければ泳ぎ始め、泳ぎたくないならやめればいいのです。それはとても簡単なことです」

・文化の違いもあります。

「そうです。父親はビールを飲みながら子供たちのサッカーの試合を見ています。日本では、それは不適切だと言うかもしれませんが、スポーツは楽しむべき文化として浸透しています。」

――地域コミュニティが多いと聞きましたが?

「例えば、お茶会が目的の地元のクラブでも、お年寄りが風船で遊んでいます。

――では、奥寺さんも?

「はい。今もシニアチームでサッカーをやっています。50~60代の人が朝早くから集まって練習や試合をしています。楽しいです」

-チャンスがないと言う人もいます。

「ほとんどの場合、友人や知人から『一緒に遊ぼう』と言われます。 そんな誘いを受けてみませんか? を指すのもいいかもしれません。

―健康の秘訣は?

「日本では学校卒業後にスポーツを引退する人が多いですが、それではもったいない。 ドイツのように体を動かし、地域とつながり、新しいことに挑戦する意欲が今後重要になってきます。 重要だと思います。」

1952年秋田県生まれ。1977年、日本リーグの古河電工から西ドイツ(現ドイツ)の1FCケルンに入団。 日本人初のヨーロッパでのプロ選手となる。 ドイツでは、彼は約 10 年間プレーし、235 試合で 25 ゴールを記録しました。 日本代表として32試合出場9得点。 2014年にAFC殿堂入り。現在は横浜FCシニアアドバイザー。

◆JFAが注目するシニアの全国大会

日本サッカー協会(JFA)もシニア層に力を入れています。 2014年、年齢に関係なくサッカーを楽しむ「草の根」宣言を発表。 生涯スポーツができる環境を整えています。

サッカーはU-(アンダー)20(アンダー20)など若い世代で有名ですが、実はO-(オーバー)40(オーバー40)、O-50(オーバー50)、O-(オーバー)のシニア年齢層もあります。 60(60以上)とO-70(70以上)。

それぞれ全国大会が開催され、今年で16回目を迎えたO-70の場合、12チームが参加。 千葉県のアスレティック千葉が15分間のハーフファイナルを制した。

2009年現在、JFAには1,338チーム、約42,000人のシニアが所属しています。 過去10年間で2倍以上になっています。 この他にも女子チームや都道府県リーグも活躍しており、今注目の世代です。

JFA広報部は「今年6月、元プロが教える『シニアクリニック』という活動を始めた。経験者も未経験者も、自分の体に相談し、無理をせず、楽しむことができる」と話した。一生サッカーを続けたい」と話した。