為替介入でドル/円は90円台に突入か? 過去の動きと市場の反応を解説 | FXの比較とランキングのためのHEDGE GUIDE

2022年9月現在、日本が為替介入を行うかどうかが注目されています。

プロのトレーダーとして、ドル/円の為替レートが145円を超えて止まらない場合は、一度介入する必要があると考えています. 短期的な円高はFXで儲けるチャンスかもしれません。

そこで今回は、過去の為替介入時の値動きと、今回為替介入があった場合のドル円の値動き予想について解説します。

※この記事は9月20日現在の情報です。最新の情報はご自身でお調べください。
※本記事は投資家への情報提供を目的としたものであり、特定の商品やファンドへの投資勧誘を目的としたものではありません。 投資判断はご自身の判断で行ってください。

目次

  1. 為替介入とは?
  2. 過去のドル売り円買い介入履歴
  3. 1998年と現在の違い
  4. 為替介入はありますか?
  5. もし実際に為替介入が起きたら短期的な円高が狙い目! ?
  6. 円高基調に戻った場合に考えられることは?
  7. まとめ

1.為替介入とは?

為替介入について見ていきましょう。

外国為替介入とは、外国為替市場に介入することを指します。 各国の政府や中央銀行が、為替が一方向に行き過ぎて経済に悪影響を及ぼしていると判断した場合、金融当局は直接資金を投入し、為替市場を操作します。

外国為替介入の正式名称は「外国為替均衡操作」です。 日本では財務大臣の権限で行われます。

事実上、日本銀行は財務省の代理人として機能し、外国為替市場への介入命令を出します。 先日、日銀の担当者がメガバンクに電話して為替レートを確認する動きがありました。 これを「レートチェック」と呼びます。

レート チェックは、外国為替介入の 1 つのステップです。 レートチェック後も為替相場が止まらない場合は、介入する番です。

為替介入には、一方的介入と協調的介入の 2 種類があります。 調整された介入には、2 つ以上の国の中央銀行による介入が含まれます。 為替レートの動向を変えるほどの効果が期待できる。 東日本大震災後に円高が進み、G7が円売り介入。

一方、一方的な介入は、国の中央銀行によって行われます。 一時的な効果はありますが、トレンドを変えるほどではないと言われています。 2022年9月現在、市場は日本の一方的な介入に注目している。

為替介入がある場合は、まず単独介入なのか協調介入なのかを確認します。

2.これまでのドル売り円買い介入の歴史

過去には、1998 年 6 月 17 日にドル売り円買い介入が行われた。 日米が協力し、その成果が期待された。

当時、FRB は利上げスタンスで金融政策を実施していました。 このため、ドル売り介入に対して消極的な姿勢を示すと考えられた。 しかし、日本との協力による為替介入は、市場を驚かせた。

しかし、協調介入もドル/円の上昇を止めることはできず、8月には147円の高値を付けた。 過去の為替介入のポイントは、日米協調介入でも傾向が変わらなかったということです。

ドル円チャート
※TradingViewから筆者が作成したグラフ

上図の黄色の○印の位置が、1998年に天井がついた位置です。1998年は130円台から日本が単独で介入しました。

しかし、上昇は止まらず、140円を超えた後は円買い介入のスタンスが強まった。 結局、上昇トレンドは反転できず、加速する動きとなりました。

日本と米国は6月に介入した。 しかし、最終的には、圧力はトレンドを止めるのに十分ではありませんでした.

USD/JPY の上昇トレンドが終了した理由は、介入ではありませんでした。 ロシアの金融崩壊によるルーブルショックが原因だ。 ファンドの倒産危機が発生し、リスクオフムードから一気に円高トレンドに。

3. 1998年と現在の違い

では、1998 年と 2022 年 9 月の円安は同じように考えられるでしょうか。 プロのトレーダーとして、経済環境が全く違うので一緒に考える必要はないと思います。

1998 年の市場環境も現在の市場環境も、「悪い円安」という意味では同じです。 しかし、当時は円安と株安が同時進行しており、海外への日本資産の移動に伴っていた。 また、デフレ圧力が高まった時期でもありました。

しかし、現在の経済環境ではインフレと円安が進行しているにもかかわらず、株価は大幅に下落していません。 日本の資本が海外に流出する懸念は高まっていない。

四。 為替介入はありますか?

日本銀行のレートチェックはすでに完了しています。 ドル/円が145円を超えて上昇し続ければ、外国為替市場を無視していると見なされないように、政府は一度介入しなければならない. 市場が為替市場の過度な変動を食い止める姿勢を示さなければ、トレンドは継続します。

財務大臣と黒田知事は、何らかの措置を取ると明言している。 今後、再び円安方向に動くようであれば、一度為替介入を行うと考えた方が良いでしょう。

参考:ブルームバーグ「鈴木財務相、円安阻止への介入策言及 金利チェックも実施」

五。 もし実際に為替介入が起きたら短期的な円高が狙い目! ?

過去の動きを踏まえると、為替介入だけでは効果が小さく、トレンドは変わらないと予想できます。 為替介入でドル円が再び100円を割って90円に近づく可能性は低い。 値動きは数円程度であり、介入終了後に大きな反発が起こる可能性がある。

短期的な円高が狙い目と言えます。 円高のタイミングでエントリーポイントを細かく分散させながら、ドル円のロングポジションを構築するのも一つの選択肢です。

6. 円高基調に戻った場合の検討事項は?

為替介入で円安傾向を是正しなければ、日銀が金融政策を変更すれば、再び円高傾向に戻る可能性があります。

日本は2022年9月時点で緩和政策を維持。米国など他の先進国も利上げを進めており、金融政策の方向性の明確な違いが円安進行の大きな要因となっている。

多くの市場観測筋は、黒田氏の任期中に金融政策が変更される可能性は低いと考えています。 したがって、金融緩和の終了の兆しさえあれば、市場は大きな驚きを覚えるでしょう。 あなたは気をつけるべきです。

7.まとめ

今回は、過去の為替介入の影響と今後の為替介入時の値動き予想について解説しました。 プロのトレーダーとして、為替介入による短期的な円高のタイミングは、ドルで儲けるチャンスだと思っています。

しかし、FX市場は突然変化する可能性があります。 余剰資金で投資し、エントリーポイントなどを広げながら、リスク管理やFXトレードを行いましょう。

次の 2 つのタブは、以下の内容を変更します。

中島翔

学生時代にFX、先物、オプション取引を経験し、4年間はFXを中心に投資に打ち込む。 その後、金融業界のマーケット部門を目指し、2年で証券アナリスト資格を取得。 あおぞら銀行にて、MBS(モーゲージ・バックド・セキュリティーズ)投資業務、外貨資金運用業務に従事。 また、三菱UFJモルガン・スタンレー証券に出向し、外国為替現物、先物取引、信用取引に従事。 金融業界に関する幅広い知識を持っています。 証券アナリストの資格を持つ。 ツイッター: @sweetstrader3 / インスタグラム:@fukuokasho12
中島翔

.