正岡子規が未知なる日々に残した限りない野球愛「クライング・ブラッド」 / 祝!野球入門150周年 ・野球:日刊スポーツプレミアム

正岡子規が未知なる日々に残した限りない野球愛「クライング・ブラッド」 / 祝!野球入門150周年 ・野球:日刊スポーツプレミアム

正岡子規が知られざる日々に残した、野球への限りない愛「クライング・ブラッド」/祝! 野球150周年 <4>

2022年は日本野球伝来150周年。 野球の歴史を探る不定期連載のシーズン4では、野球の草分け・正岡子規が登場。 明治を代表する文豪ですが、学生時代から野球に熱中していたことでも知られています。 その後、新聞記者として野球を紹介し、野球文化の発展に貢献。 2002年に野球殿堂入り。しかし、なぜ子規は野球にのめり込むようになったのだろうか。 彼はまだ無名の学生だったときに残した著作に焦点を当てました。

 

★「打者」「走者」「飛球」の名が続出

●●使い方

今年の9月19日は、正岡子規が34歳の若さで亡くなってから120年になります。

子規は俳人として有名ですが、野球にも深い縁がありました。 1884年(明治17年)、東京大学予備門に入り、同級生とともに熱狂した。 5年後の1889年、故郷の愛媛県松山市にバットとボールを持って行き、松山の生徒たちに野球を教えました。

「野球」もペンネームの一つとして使われています。 幼名の「のぼる」に引っ掛かり「のぼる」と読んでもらいました。

明治29年、新聞「にっぽん」に連載された記事「松野玉駅」で、野球のルールや用具を詳しく紹介。 「バッター」「ランナー」「フライングボール」などの訳も残しており、野球にまつわる俳句や短歌も残しており、野球の普及に大きく貢献した。 2002年には新世紀特別表彰を受け野球殿堂入り。

「四季と野球」について書くとしたら、こんな感じです。 ただし、これだけでは見えないものもあります。

子規が野球に熱中した理由は? 手がかりを求めて、松山市の子規記念館に向かった。

数ある子規にまつわる展示や資料の中で、「泣く血の処分」という一文が目に留まりました。

「閻魔大王召喚」を受けた

松山・道後温泉でバットを構える正岡子規の銅像

この年は、子規の人生において重要な意味を持っています。 5月に血を吐いたからです。 結核の治療法がなく、死を意味する時代でした。 野球に夢中だった青年に突然、暗い影が落ちた。

「泣く血の処理」は、彼が血を吐いた様子の記録です。 しかし、死への恐怖や絶望は微塵もありません。 何よりも設定が非常にユニークです。 「まえがき」を現代語で要約するとこうなります。

子規の夢と書かれているが、閻魔大王が裁判官、後藤赤鬼と馬頭青鬼が検事、子規が被告として物語は進行する。

やり取りは閻魔大王の「今日から被告人の病気について調べますので、首席と検事の質問に一つ一つ答えてください」という質問から始まる。 そんな喀血の歴史が明かされるが、野球の話も出てくる。 現代の仮名使いをもう一度参照したいと思います。

軽やかでユーモラスなやり取りが物語全体を通して続きます。 彼はあまり死を意識していないと思います。 しかし、締めの一文は緊張します。

「断罪」とは生か死かという意味です。 結局のところ、彼は肺病で死ぬかもしれないという考えで書いていたに違いありません。

★「餓鬼になってもやります。」

銅像の横に建つ正岡子規の句碑

子規記念館学芸員の川島義浩さんは興味深い点を指摘する。

「忘れてはいけないのは、このとき子規は何者でもないということ。 彼は作家でさえありませんでした。 ですから、出版のために書いたと思われるかもしれませんが、気に入ったから書いたのです。」

死ぬかも知れない青年が、出版する先も無く書いた。 だからこそ、真摯に、真摯に書いたと言えます。

子供の頃、平和台球場で見た光景がプロ野球観戦の原点でした。 大学卒業後は外務省に入り、旧ユーゴスラビアのセルビアやクロアチアの大使館で勤務していたが、野球とはかけ離れた東欧での生活が野球への情熱を再燃させた。 30歳を前に定年退職し、2006年6月に日刊スポーツに入社。
その夏、斉藤由貴の速水を担当しました。 いきなり甲子園出場を果たしたが、文章力も面接力も下手で優勝原稿を書かせてもらえなかった。 踏み台になったわけではありませんが、2013年の楽天ジャパンベストの原稿を書くことができてうれしかったです。
野球一筋で、横浜、ジャイアンツ、楽天、ロッテ、西武、アマチュアを担当。 現在は侍ジャパンを担当し、来春に向けて世界一の原稿を執筆中。 好きなプロ野球選手は山本和典(カズヤマモト)。

.