楽天とJUBFは、今年8月に東京で開催される「世界大学バスケットボールシリーズ」のためにトップレベルの大学チームを結集します | 楽天グループ株式会社からのプレスリリース

WUBSはJUBFが主催し、楽天でアスリートをサポートする事業をグローバルに展開する楽天スポーツと連携して運営・開催します。 楽天スポーツは、プロスポーツチーム、アスリート、ブランディング、権利所有者との共通の価値観に基づいたパートナーシップの構築に取り組んでおり、トーナメントは世界中の才能あるプレーヤーとバスケットボールコミュニティに力を与えることを目的としています。 やってる。 このトーナメントは、大学のチームや選手に、国際的な舞台で自分のスキルを披露するためのプラットフォームを提供します。 楽天とJUBFは、大学のチームが年に一度集まってチャンピオンシップのタイトルを競い合うことで、大学バスケットボールを新たな高みに引き上げ、世界のバスケットボール界を団結させることを目指しています。 また、公式サイト(https://wp.tstar.jp/cart/events/36353)では、本日より試合のチケットも発売中。

最初のイベントは招待制で開催され、インドネシアのペリタハラパン大学 (UPH)、台湾の国立政治大学 (NCCU)、日本の東海大学、フィリピンのアテネオ デ マニラ大学が参加します。 シリーズチャンピオンを決定するために、3日間にわたって6回のラウンドロビンマッチが行われます。 来年以降も参加チーム数を増やし、より多くの試合を開催する予定です。

JUBF会長兼世界大学バスケットボールシリーズ実行委員長の林直樹は、次のようにコメントしています。 「WUBS の開設について一言申し上げたいと思います。 この度、日本を含むアジア4大学による国際試合を開催することになりました。 バスケファミリーが会場に来て、温かい声援を送ってくれることを願っています。」

サン・クロレラ株式会社 代表取締役社長 中山 太志は、次のようにコメントしています。 「『WUBS』開催1年目にパートナー企業として関われることを光栄に思います。 このことを嬉しく思い、パートナー企業として「WUBS」の盛り上げの一翼を担っていきたいと思います。 また、今回、参加が決まったインドネシア、台湾、フィリピンの大学関係者とともに「WUBS」で日本でお会いできる日を楽しみにしています。

楽天とJUBFは、これからも次世代を担う有望なアスリートを応援し、世界中のファンにバスケットボールの魅力を伝え、バスケットボール界の発展に貢献してまいります。

■「WUBS」参加チームのコメント
Mr. Steven L. Metcalf, ヘッドコーチ, ペリタ ハラパン大学
「パンデミックから抜け出し、この機会を与えられたことを嬉しく思います。 私は海外の試合でバスケットボールをプレーし、ペリタハラパン大学バスケットボールチームだけでなく、インドネシア最大の大学バスケットボールリーグであるリガマハシスワ(LIMA)のチャンピオンにもなりました。 チーム一丸となってこの大会に出場できることを大変光栄に思います。日本、台湾、フィリピンの大学チームと対戦することは、選手たちにとって特別な経験となりますので、日本とは異なるユニークな大会を楽しんでいただければ幸いです。 「ウブス」。 大学生のための国際大会を開催できたことを嬉しく思います。大会に参加するすべての人たちの幸運を祈っています。」

国立政治大学 ヘッドコーチ 陳祖偉氏
「記念すべき第1回WUBSに参加させていただけることに感謝しています。 この大会への参加は、台湾のバスケットボール界をはじめとするスポーツや文化の振興に大きく貢献するものと認識しております。」 この大会が台湾と日本の大学バスケットボールのレガシーとして次世代に引き継がれることを願っています。」

東海大学男子バスケットボール部 シーガルズ ヘッドコーチ 陸川 明 氏
「第1回WUBSに参加させていただき、心より感謝申し上げます。 日本の大学バスケットボールの発展と友好に貢献できることを心から願っています。」

アテネオ・デ・マニラ大学 ヘッドコーチ タブ・ボールドウィン
「この権威ある大会でフィリピン代表に選ばれたことを非常に誇りに思います。 日本には常に優れた組織による質の高い大会があり、この大会に参加することで、今年の UAAP Basketball Championship に向けた重要な要素になると確信しています。国際大会や文化体験を体験する機会学生アスリートにとってかけがえのないチャンスです。 何でもないと思います。」

■「サン・クロレラ presents 世界大学バスケットボールシリーズ」概要
大会名:サン・クロレラpresents 世界大学バスケットボールシリーズ
主催:全日本大学バスケットボール連盟(JUBF)
監修:世界大学バスケットボールシリーズ実行委員会
運営協力:楽天スポーツ
日時:2022年8月9日(火)~11日(木)
会場:国立代々木競技場 第二体育館
大会形式:総当り(1日2試合、3日間合計6試合)
参加チーム:ペリタハラパン大学(インドネシア)、国立政治大学(台湾)、東海大学(日本)、アテネオ・デ・マニラ大学(フィリピン)
競技規則:FIBA競技規則による
チケットのお問い合わせ:com-ticket-wubs@mail.rakuten.com
大会に関するお問い合わせ:com-wubs@mail.rakuten.com

■「楽天スポーツ」について
楽天スポーツは、プロスポーツチーム、アスリート、ブランディング、権利所有者との共通の価値観に基づいたパートナーシップの構築に取り組んでいます。
https://biz.sports.rakuten.net/

■全日本大学バスケットボール連盟(JUBF)について
全日本大学バスケットボール連盟は、日本における大学バスケットボールの強化・普及・発展を目的とする団体です。 JUBFは日本バスケットボール協会、大学体育会にも加盟しており、現在、男子352チーム、女子293チームが登録しています。 日本の学生連盟は9つの地区に分かれており、各地区の学生連盟が大学バスケットボールを監督しています。

■サン・クロレラ株式会社について
サン・クロレラは、緑藻「クロレラ」を中心とした商品を世界中で展開している健康食品会社です。 アンチ・ドーピング認証を取得したサン・クロレラAパウダーは、その栄養成分が注目され、米国プロバスケットボールチームのブルックリン・ネッツが公式スーパーフードとして採用しています。 ものづくりに取り入れるなど、多くのアスリートに愛用されています。 また、若手バスケットボール選手を育成する「GLOBALLERSプロジェクト」に取り組むなど、クロレラを通じた未来の選手の発掘・育成にも力を入れています。
サン・クロレラ公式サイト:https://www.sunchlorella.co.jp/
GLOBALLERS プロジェクト公式サイト:https://scgloballers.com/

それで全部です

.