業界人が本気でプレーするなら 神泉フットボール部編 ユニフォームに秘めた情熱と遊び心

連載「業界人が本気で遊ぶとき」は、ファッション業界をはじめ、さまざまなクリエイティブ業界に携わる人々の“オフの瞬間”にフォーカス。 仕事も趣味も頑張る大人たちにフォーカスし、FASHIONSNAPの編集者が様々なクラブやチームの活動に潜入。 2号は、アパレル業界やクリエイティブ業界のサッカーファンが集うフットサルチーム「神泉フットボールクラブ」を特集。 東京のフットサルコートで夜な夜な活躍していると聞き、都内某所で平日深夜に行われた練習試合の現場を訪ねた。

「神泉フットボールクラブ」

画像提供:ファッションスナップ

— AD の後に記事が続く —

■神泉フットボールクラブ
2020年に「JOHN LAWRENCE SULLIVAN」で経験を積んだ八坂英明が立ち上げたフットサルチーム。 アパレル企業の社員、ファッションデザイナー、制作会社に勤務するクリエイターが所属。 メンバーはサッカー経験者が多く、サッカー強豪出身者やJ’sユースチーム出身者、全国大会出場経験者もおり、メンバーのレベルは高い。 毎週水曜日に練習試合を行うほか、東京や関東のフットサル大会に出場するなど精力的に活動している。 彼はユニフォームの作成に専念し、定期的に新しいユニフォームをデザインしています.
公式インスタグラム

チーム結成の経緯と名前の由来

「神泉フットボールクラブ」は、20代メンバー中心のフットサルチームです。 発売から約2年と、まだ短い期間ですが、徐々に勢力を拡大しています。 「ジョン・ヒズ・ローレンス・ヒズ・サリバン」で経験を積んだ八坂英明さんは、親交の深い新庄“PAULO”翔太さんからフットサルに誘われたことをきっかけに、自らチームを立ち上げました。 「P_LEAGUEのリーダーであるPAULO氏が、当時監督していたフットサルチームに誘ってくれたのが始まりです。 、 色んな人と繋がり、そのチーム以外にも色んなチームに誘われました。 そんな中、20代でサッカーをやっていた友達が増えました。集まって試合をしたりしていたのですが、活動を知ったせいか、同年代の友達が徐々に増えていきました。 もともと所属していたチームのメンバーと試合をすることもあります」と八坂。

※「P_LEAGUE」・・・新庄「PAULO」翔太らが立ち上げたサッカーリーグ。 アパレル業界や美容業界からも多くの方が参加。

チーム名の由来はメンバーがよく訪れるエリア、渋谷と神泉。 神泉は「ホームグラウンド」と位置付けられており、チーム名は「神」と「泉」を組み合わせたものだそうです。

深夜集合GFCの主な活動内容

FASHIONSNAPによる画像
FASHIONSNAPによる画像

〜今日の流れ〜
23:00~ フットサルコートにメンバーが集合。
23:00〜23:10 準備とウォーミングアップ。
23:10~ 試合開始。
25:00 ゲーム終了。
25:00〜 準備を終えたメンバーは帰宅。

毎週水曜日の夜、コートを借りて練習試合を行っています。 仕事を終えて参加するメンバーもいるので、遅い時間に設定されているようです。 対戦相手は、アパレルスタッフ、スタイリスト、デザイナーなどのファッション業界の人から、業界外の人までさまざまです。 フットサル大会にも不定期に参加し、大学生から先輩まで幅広いフットサルチームと交流を深めている。

「サッカーチームによって色が違うと思いますが、メンバーはサッカー経験者が多く、試合のレベルも毎回高いです。 ただ、試合としてストイックに無理をするのではなく、程よいゆるさでサッカーを楽しんでもらえるような雰囲気を作っていきたいですし、それを大切にしたいと思っています。 人数が多いので上下関係がなく、距離が近いです」 (八坂さん)。 メンバーの多くは翌日が仕事なので、練習試合が終わったら直帰することが多いですが、大会当日は試合後、試合後の送別会や反省会をすることもあります。

今日の試合を振り返って

〜神泉サッカー部所属〜
やすか ひであき(フリーランス)
小瀧俊哉(ドーバーストリートマーケットセールス)
加藤大輝(新進デザイナー)
清水大志郎(fethers goffa X販売)
田村拓哉(fethers goffa X販売)
森浩平(ヌビアンセールス)
岸田裕也(フリーランス)
岩崎俊太(クラブスタッフ)
野口龍馬(イベントプロデュース)

この日は神泉フットボールクラブのメンバー8名が集結。 他チームと共同でコートを借りて試合に臨みました。 ゴッド ファウンテン フットボール クラブのメンバーは、オリジナルの黒または青のユニフォームを着用します。 別のチームは黄色またはピンクのゼッケンを着用し、練習試合を色ごとに交互に行います。 鋭いショットで力強いプレーが繰り広げられ、深夜のコートに熱い掛け声が響き渡る。

ユニフォーム作りに夢中

ロゴデザインは、「MADSTORE UNDERCOVER」や「BEAMS」など人気ブランドとのコラボレーションで知られる新進気鋭のタトゥーアーティストTAPPEIがデザイン。 八坂さんとは以前から親しかったそうで、TAPPEIさんに自身のタトゥーをお願いしたそうです。 ロゴのモチーフは、サッカー日本代表のシンボルマークである「八咫烏」。 「八咫烏のモチーフだけ指定したのですが、一発でこんなにカッコいいロゴができました。 よく見ると勝利の女神の横顔に見えるデザインになっています。」

赤いジャケットのTAPPEI

ユニフォームのデザインはチームメンバーと相談しながら決めていきます。 本日の試合は、黒と青のユニフォームが2種類、トレーニングウェアが1種類の全3種類。 ユニフォームは、スポンサーロゴ風に「Rolls-Royce」と「Tesla」のグラフィックを配し、遊び心のあるデザインに。 ボディの形、柄、色が決まったら、胸のスポンサー企業を決めました。 「一般的にユニフォームを作るときは、まとめてやってくれるところに頼むのが基本ですが、デザインが面白くないのは嫌です(笑)。 すごいので、当然ゼロから作り始めました。チェストのスポンサーは、あえてサッカーのスポンサーとは思えない会社を選びました(笑)」(八坂さん)。

取材からしばらくすると、新ユニフォームとスポーツサンダルが完成! ユニフォームの前面には、スイス・ジュネーブの老舗メーカー「ヴァシュロン・コンスタンタン」の文字をスポンサーロゴ風にプリント。 チームグッズは今後不定期に増やしていくそうです。

ゲームのファッションもお見逃しなく! GFCの逸話

アイコン
アイコン
アイコン
アイコン
アイコン
アイコン
アイコン
アイコン
アイコン

中目黒パンチのメンバー

FASHIONSNAPでは、連載「業界人が本気で遊ぶなら」企画に参加いただけるチーム・グループを募集しています! ファッション業界またはその他のクリエイティブ業界の方は、press@fashionsnap.com までご連絡ください。 たのしみにします!

(企画・編集:永岡詩織)

.