日本、24年ぶりの電撃為替介入…「生き残りをかけた逆通貨戦争」 : 経済 : ハンギョレ新聞社

1米ドルが145円を超えると日本の当局が介入
追加の介入を提案する… 傾向の逆転は難しいように思われる

22日、東京の両替商の前に立つ日本国民/聯合ニュース

日本の通貨当局は22日夜、1998年6月以来24年ぶりに円安を受けて為替市場介入(ドル売り)を実施した。 1985年9月の「プラザ合意」は事態を沈静化させるために起きます。 プラザ合意の下、日独を含むG5諸国の中央銀行が協力して、当時日独に偏っていた米国の貿易赤字を削減した。 )、取引はドルを減価償却するという目標を達成しました。

22 日午後、円ドル相場が 1 ドル 145 円以上下落し続ける中、日本通貨当局は衝撃的な外国為替介入を実施した。 日銀の為替介入は、韓国など東アジア諸国で為替危機が発生した98年6月以来、24年ぶり。

神田財務大臣は同日午後5時15分に当局が為替介入を実施したことを公式に発表し、午後6時30分には鈴木俊一財務大臣と記者会見を行った。 田。 神田財務相は「政府は過度な変動を懸念しており、通貨当局は(市場で)思い切った措置を講じたところだ」と述べた。 鈴木財務相は「(引き続き)過度な変動には必要な対応をしていきたい」と述べた。 神田財務相は「(介入対象としての具体的な為替レートの)水準はまったく考えていない」としながらも、「(米財務省とは)緊密に連絡を取り合っている」と追加介入を示唆した。 .” 言った。 当日の介入規模は明らかにされていないが、市場は東京の外国為替市場で数十億ドルが売られたと見積もっている。

日銀の断固たる介入により、円ドル相場は午後4時37分の145.90円から約5時間後の午後9時48分の140.40円に3.8%上昇した。 この日の終値は142.08円。 すると、主要6カ国の通貨の対ドル為替レート(日本円の比率は13.6%)を示すドル指数は、この日最大1.1%下落した(4時06分時点で111.810)。午後 → 110.494 午後 5 時 43 分)、同じ期間に、ユーロ、英国ポンド、スイス フランなどの主要先進国の通貨はすべて 1 ~ 2% 急上昇しました。 ロンドンやニューヨークなど域外のノンデリバラブル・フォワード(NDF)市場でもウォン相場が1.1%上昇し、一時1ドル=1400ウォンを割り込んだ。 市場は、この介入の効果が介入の実際の規模よりも大きいと見積もっています。

欧米の主要国は、日本との協調介入に着手していないとの立場を一斉に表明した。 米財務省は「日本の措置は理解しているが、共同介入はしていない」と確認した。 今回の日本の市場介入は、ドル安を狙った協調介入ではないことを明らかにした。

韓国の国際金融センター(KCIF)は23日、「今回の措置により、外国為替市場の参加者は、政策要因(市場介入リスク)をより強く考慮する必要がある。 トレンドが逆転するかどうかは依然として不確実だ」国際投資銀行のスタンダードチャータード銀行は、「日本の通貨当局は毎日市場に現れるわけではないが、市場が恐れなければならない永続的な変数になるリスクを念頭に置いておく必要がある」と述べた。香港上海銀行(HSBC)は、「他の国も断固たる行動を取って介入に参加する可能性があり、そのような動きは1985年のプラザ合意と同様の効果をもたらす可能性がある」と述べました。

しかし、一部のアナリストは、日本の一方的な介入は、世界的なドル高の流れを逆転させるのは難しいだろうと述べています。 オランダの国際投資銀行ラボバンクは、「円安を防ぐには、日本が単独で介入するよりも、他国と協調して介入する方が効果的である。円安を阻止する動きが起こる可能性は極めて低い」と述べた。有意義な協力。」

プラザ合意などの政策協力の出現は、米国連邦準備制度理事会 (FRB) が米国のインフレが沈静化すると確信するまで、期待の見通しが暗いことを意味します。 さらに、ドル安につながる政策の方向性は、本格的な米国 FRB の引き締めに逆行しています。 国際的な為替レートの協力が成功するためには、米国が協力する必要がありますが、現時点では、財務省がドル安に介入する可能性は低いです。 オーストラリアに拠点を置く国際的な資産管理会社である K2 は、「現在、私たちは 1980 年代よりもはるかに分断されており、各国はインフレと為替レートの不安定さの中で生き残る方法を見つけようとしています」と述べています。ドル安のための国際政策協調は非常に希薄であり、逆通貨戦争(自国通貨の上昇を求める)は続くだろう」と語った。

チョ・ゲワン先輩スタッフ記者 (contact japan@hani.co.kr)

https://www.hani.co.kr/arti/economy/economy_general/1059883.html韓国語原文入力: 2022-09-23 18:00
翻訳MS