情熱:ベンチで同僚の安打を喜ぶことは「甲子園」よりも尊い 元慶應義塾高校野球部監督・植田誠 | 週刊エコノミスト オンライン

情熱:ベンチで同僚の安打を喜ぶことは「甲子園」よりも尊い 元慶應義塾高校野球部監督・植田誠 | 週刊エコノミスト オンライン

上田 誠 慶應義塾高等学校教諭 元野球部監督/48

少年野球人口減少の影響は、高校野球でもすでに顕著だ。 「野球を楽しもう」を旗印に春夏4回の甲子園出場を果たした植田さんにお話を伺いました。 (インタビュアー:編集部 和田肇)»»ロングインタビュー「女熱人」はこちら

──高校野球で「野球を楽しむ」を掲げたのはなぜですか?

上田:高校や大学で野球をやっていた頃は、上下関係など理不尽なことが多かった時期でした。 大学卒業後、神奈川県の県立高校教諭をしていた時、前田諭吉(1930年~2016年、慶應義塾大学選手兼監督、野球殿堂入り20年)に慶應高校を紹介されました(横浜市)野球部。 演出をやってみたいという誘いを受けました。 前田さんはとても進歩的な方で、「声を荒げるな」とか「短髪で勝てば坊主は甲子園に行く」とか言ってました。 アメリカの野球を意識しました。

昭和初期、越本尚(1894-1935、慶應義塾大学選手兼監督)が慶應義塾大学野球部の監督に就任。 越本さんはハワイ出身の日系アメリカ人で、日本の野球界を知って驚きました。 そもそもスポーツは明るく楽しいものですが、日本人は野球をトレーニングのようにやっています。 それが、越本さんが「野球を楽しもう」と言い始めたきっかけです。 先述の前田諭吉さんは、越本さんの考えを受け継ぎ、「野球を楽しもう」と話してくれました。 そこで慶應義塾高校野球部では「野球を楽しむ」という考えを掲げ、これまでの高校野球のあり方を考え直すことにしました。

── 1998年から1999年まで、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)にコーチとして留学されました。

上田 アメリカで野球の原風景を見ました。 ピッチャーが全力でボールを投げ、バッターが全力でボールを打ち返し、試合が始まります。 野球は得点を競うゲームです。 しかし、日本の高校野球は初戦からバント。 守備面も初回からフォワードディフェンス。 日本の高校野球がこうなったのは、大会が「負けたら終わり」という大会形式だからです。 だからこそ、日本はミスを許さない野球を追求してきた。 プレイヤーは戦場にいるかのように練習を強いられ、練習中のミスは決して許されません。 これが日本とアメリカの違いだと感じました。

大人の過熱が高校野球を特別なものに

── 慶應義塾高校は2005年、45年ぶりに海外指導留学を終え、春の甲子園選抜大会に出場。

上田 2003年の推薦入試制度の導入も関係していると思います。 慶應義塾高校の推薦入試制度は、野球強豪のようなスポーツ推薦制度ではありません。 入学は、学業成績、運動能力、面接により決定されます。

2005年、推薦制の初代野球部に入部した生徒たちが春季選抜甲子園に出場。 「慶應義塾は野球も勉強も頑張っている」ということが知られるようになり、全国から野球を志望する多くの中学生が一般入試を受験しました。

──野球が得意な子だけ入部させたのですか?

上田 当時はどんな子でも野球部に入れていました。 初心者もいました。 1995年、チームが神奈川大会の決勝に進出した際、センターを守った選手は中学時代に卓球部に所属していた選手。 中学でバレーボールやハンドボールをしていた子もいれば、帰国子女もいた。

──それでよかったですか?

上田:うちの野球部出身で、現在プロ野球をやっている選手がいます。 田。 当時は初心者が多く入会していたので、盛大に入会したのですが…

残り 2738 文字 (全文 4338 文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると続きが読めます。

・会員限定の有料記事読み放題
・1989年以降の雑誌掲載記事を検索
・デジタルページでは過去8号のバックナンバーが読めます

通常料金 月額2,040円(税込)

.