急激な円安加速、1ドル147円台へ! 政府や日銀の再介入はあるか? エコノミストには2つの見方があるが、共通点は「やらないと効果がない」:J-CASTカンパニーウォッチ[full text]

急激な円安加速、1ドル147円台へ! 政府や日銀の再介入はあるか? エコノミストには2つの見方があるが、共通点は「やらないと効果がない」:J-CASTカンパニーウォッチ[full text]

「また日本政府と日銀による為替介入はありますか?」 金融市場の緊張が高まる中、円安が加速している。

2022 年 10 月 12 日、ニューヨークの外国為替市場でドル円が 146 円台に達しました。 安く進みました。 翌13日の東京市場では円安が進み、一時147円台まで迫った。

政府と日銀は再び為替レートに介入するのでしょうか? また、効果はありますか? エコノミストの分析を読むと…

  • ドル売り円買いの為替介入はあるのか(写真はイメージ)

    ドル売り円買いの為替介入はあるのか(写真はイメージ)

  • ドル売り円買いの為替介入はあるのか(写真はイメージ)

10月13日夜にドル円相場が大きく動きそうな理由

10 月 12 日にワシントン DC で開催された G20 財務大臣・中央銀行総裁会議では、ドル円が 1 ドル 146 円を超えました。 会議で鈴木俊一財務大臣は、日本の一方的な外国為替介入について以前に説明したため、G20財務大臣と中央銀行総裁会議の間、金融市場は「日本による介入なし」と見なした. はい、ドル円は徐々に147円台に近づいてきました。

会合に出席した日銀の黒田東彦総裁は、金融緩和を継続する必要性を改めて表明したことも円安を後押しした。 一方、鈴木俊一蔵相は現地記者団に対し、「投機筋が動いて急変すれば断固たる対応をする」と発言し、投機の動きを強力に抑制した。

市場関係者は「ウクライナ情勢の緊迫化と、英国の金融情勢悪化に端を発した欧州債券市場での国債価格の下落が、安全資産としてドルを買う動きに拍車をかけている」と語った。 は。 ドル高の動きが円安をさらに助長している。

また、一部の市場参加者は、東京市場が閉まり、海外市場が開く 10 月 13 日の夜に大きな動きがあると考えています。 日本時間10月13日午後9時30分、注目の米国消費者物価指数が発表され、内容によってはドル円相場が大きく動く可能性が高い。

巨額の貿易赤字も円安要因 介入効果は一時的

ニューヨーク証券取引所の株価は続落

ニューヨーク証券取引所の株価は続落

エコノミストはこの状況をどのように見ていますか?

日本経済新聞(2019年10月13日)「7大蔵相が為替変動の大きさを認識 引き締めの影響に注目」と題する記事の「考える」欄に東京財団政策研究所主任研究員Ke Long 氏

「円は1ドル=147円に迫っている。これは半年以上前から想定されており、エコノミストは繰り返し警鐘を鳴らしてきた。『断固たる措置を取る』と言うべきだった」 効果は一時的なものだ。重要なのは金融政策を変えることだが、頑固に拒否されている」と述べた。

彼は政府と日銀の態度を批判した。 その後、

「優柔不断な金融当局の遅さは、投機家が円を攻撃する絶好の機会です。 ガソリン補助金などの財政刺激策は納税者が負担するものであり、現在も将来も各家計が負担することを忘れてはならない」と述べた。

彼はまた、高値に対するスプレッド対策に疑問を呈した.

日米金利差の拡大が円安の大きな要因(写真は日米国旗)

日米金利差の拡大が円安の大きな要因(写真は日米国旗)

同じコラムで、日本経済新聞の特別編集委員である瀧田洋一氏は、次のように述べています。

「金融政策はそれぞれのマンデートに沿っている」とG7の声明は述べた。 日本はOECD加盟国の中で最も低く、平均10.1%、ユーロ圏平均9.1%、米国平均8.3%、G7平均7.5%、日本平均3.0%です。

そして、各国の物価上昇率を比較。 その後、

「欧米が早急に利上げせざるを得ないのは、高インフレという難しい問題があるからだ。 また、価格差にも注意を払う必要があります。」

説明した。

ヤフーニュースのコメント欄で、時事通信社のコメンテーターである窪薗浩俊氏は、円安が止まらないとコメントした。

「前日(10月12日)の東京時間では、午前中にドルが145.90円付近を突破し、ドルが上昇し、さらに円安になった。 政府と日銀が介入する水準と見られ、為替市場では介入を主導した神田財務大臣にちなんで『神田天井』と呼ばれた」

説明した。 続けて、「この天井を突き破る」理由について、

「米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げと日銀の超緩和政策の継続により、日米の金利差は依然として拡大しており、投機家による円売りドル買いが活発に行われています。 これは、

私はそれを見ています。 その後、

「円売りのファンダメンタルズに変化がない限り、仮に為替介入が行われたとしても、円安に歯止めをかけるのは一時的なものであり、最終的には再び円安に転じる。 G20. 為替介入について説明しても、どうしても円安が進みます。

再び為替レートに介入しようとしても「金の無駄」になると指摘した。

再び為替介入の可能性も 円安基調は変えられない

米国株の急落後、東京証券取引所は引き続き下落

米国株の急落後、東京証券取引所は引き続き下落

一方、三井住友DSアセットマネジメントのチーフマーケットストラテジストである市川正博氏は、為替介入が再び行われる可能性が高いと考えています。

市川氏は、「為替介入に関する日本銀行の金融市場運営と大蔵省からのメッセージ」(10月13日)と題するレポートで、松本千四郎財務省外国為替市場課長の発言に焦点を当てた。外国為替介入の実務を担当するファイナンス。 .

10月5日、松本千代外国為替市場課長は、立憲民主党の金融部門の会合に出席し、外貨180兆円台に対し、今回の介入額は2.8兆円であると説明した。 8月末時点の予約です。 彼女は「介入資金に限界があることは特に認識していない。

この発言に対し、市川氏は次のように指摘する。

「この声明は、9月末の外貨準備高の変化とともに、外為介入が必要な場合に十分なドル資金を準備できるという財務省からの強力なメッセージと見なすことができます. 過度のボラティリティがあり、財務省が為替レートが安定していると判断した場合、相応の規模で直ちに為替介入が実施される可能性があります。」

しかし、市川氏は次のように結論付けています。

「しかし、為替介入は市場の動向を変えるものではないため、ドル高・円安の流れを明確に反転させるために、①米連邦準備制度理事会(FRB)は大幅な利上げを停止する」 . 、そして②日銀による異次元緩和の修正。

また、為替介入が行われたとしても一時的なものである可能性が高いです。

日本銀行が政策を修正する以外に物価を抑える方法はありますか?

日銀本店、加速する円安に「ノーアクション」

日銀本店、加速する円安に「ノーアクション」

さて、10月13日、日本銀行は9月の企業物価指数が前年同月比9.7%上昇し、19カ月連続で前年同月を上回り、過去最高値を更新したと発表した。 資源価格の高止まりに加え、急速な円安の影響もある。

野村総合研究所のエグゼクティブエコノミストである木内隆英氏は、日銀はこの価格上昇に歯止めをかけるための政策修正を考え出す必要があると述べた。

木内氏は10月13日付のリポートで「為替介入でも止められない円安が物価高懸念の中心」と指摘。

「日本銀行は、為替レートの安定を考慮した金融政策を実施していない唯一の主要国です。 企業、家計、政府は、日銀が開示しない姿勢に懸念を抱いている可能性がある。

私は疑いました。

日本銀行自身が発表した企業物価統計(9月速報)を見ると、物価上昇の原動力は、海外の食料品やエネルギー価格の上昇から、円安にシフトしていると言われています。

急激な円安が進むと日本経済はどうなる?  (写真はイメージです)

急激な円安が進むと日本経済はどうなる? (写真はイメージです)

「その結果、日本の高価格現象を海外の商品価格の高騰のせいにすることは、国内政策の範囲を超えています。 日本銀行の金融政策は、国内の物価動向と将来の物価見通しを決定する主要な要因となっています。」

つまり、政府がいくら物価上昇対策を講じても、孤立した日銀の金融緩和が大きく影響する円安に対応しなければ根本的な解決にはなりません。世界の他の地域から。 木内氏は次のように締めくくります。

「政府による為替介入後も円安は止まらず、その効果への期待も徐々に薄れつつある。こうした中、日本銀行は為替レートの安定による物価安定の確保に強い姿勢を示しており、それを裏付ける政策を実施した.修正を行うことへの期待は、将来的に増加するだけです.

(福田一夫)

.