岸田総理、F1日本GPで挨拶 合成燃料に言及 11月自動車業界と直接意見交換 – Car Watch

岸田総理、F1日本GPで挨拶 合成燃料に言及 11月自動車業界と直接意見交換 – Car Watch

F1日本グランプリでスピーチを行う岸田総理(出典:首相官邸ホームページ)

10月7日から9日の3日間、鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)で3年ぶりのF1日本グランプリが開催された。 9日に行われた最終戦は、雨で2時間もストップしたものの、フルポイントレースを完走し、マックス・フェルスタッペン(1号車 Red Bull Racing RBPT)が優勝。 シリーズチャンピオンとなり、2年連続でドライバーズチャンピオンを獲得。

3年ぶりに開催されたF1日本グランプリの話題は、スタートセレモニーで岸田文夫首相が挨拶をしたことだった。 F1日本グランプリで総理大臣が挨拶をするのは初めてで、日本のモータースポーツの記録破りの日でした。

雨の中スターティンググリッドに立つ岸田総理(出典:首相官邸ホームページ)

岸田総理は、開会の辞を述べた後、三重県訪問について記者会見を行いました。 彼は検査の目的について話しました。

岸田総理記者会見

──F1日本グランプリの視察の趣旨、受付、主催者との打ち合わせ内容について

岸田総理:おっしゃる通り、3年ぶりにF1日本グランプリに参加し、スタートセレモニーに参加し、主催者と雑談しました。 その中でもまず、極限状態でクルマを操るドライバーたちのテクニック、そして何より会場の圧倒的なパワーと熱気に強く感銘を受けました。 同時に、議論を通じて、イベントを支えてくださっている多くの方々の苦労を聞くことができました。 また、こうしたデータを分析し、技術の発展につなげる取り組みをしている姿も多く見られました。 貴重な体験ができました。

また、対談でも触れたように、例えば知事や市長からは、こうした世界的なイベントを通じて、観光や地方創生に大きく貢献することへの期待が表明されました。 ありがとうございました。 明後日11日から水辺の対策も緩和されます。 全国出張サポートも開始します。 明日も和牛フェアと日本一の和牛を選ぶイベントを見に鹿児島に行きます。 国民の皆様に楽しんでいただき、日本の活力につながることを期待しています。

それと同時に、今日は2026年からF1で使われる合成燃料についてお話ししたいと思います。合成燃料の使用など、さまざまな技術の進化が予定されています。 使われているという話も聞いたことがあります。 まさに走る実験室と呼ぶにふさわしい技術開発の最前線にいることもわかりました。 これらの技術革新は、自動車製造業だけでなく、まちづくりやサービス業などあらゆる分野でどのような変化をもたらすのでしょうか。 これまで見聞きした様々なお話を参考にさせていただき、来月には関係閣僚や自動車関係者の方々と直接意見交換をさせていただきたいと思います。 私はここにいます。 次のモビリティ政策を考える場にしたいと思います。

出典:首相官邸ホームページ

11月に合成燃料について言及し、自動車業界関係者と直接意見交換

F1日本グランプリでは、岸田総理のほか、室伏広治スポーツ庁長官、山本左近衆議院議員(元F1ドライバー、自民党幹事長)モータースポーツの振興)も出席し、齊藤哲夫が授賞式のプレゼンターを務めた。 国土交通大臣が登壇。 国土交通省は「世界最高峰のモータースポーツであるF1イベントは貴重なスポーツ観光資源」と位置づけ、F1日本グランプリを重要な国際イベントと位置づける姿勢を示している。

挨拶後の記者会見で、岸田総理が合成燃料に言及したのもポイント。 2022年のモータースポーツシーンでは、日本を中心にカーボンニュートラル燃料とも呼ばれる合成燃料の試験が進んでいます。 その代表例がスーパー耐久レースです。 スーパー耐久では、P1 Racing Fuelsのカーボンニュートラル燃料とユーグレナのバイオディーゼル燃料「サステオ」を使用したレースが行われます。 スーパーフォーミュラでのテストのほか、公道を使ったラリーであるTOYOTA GAZOO Rally Challengeにカーボンニュートラル燃料を使用したクルマが参戦している(日本一人気のSUPER GT最終戦もてぎの後、ハルターマン・カーレスカーボンでテスト) -ニュートラル燃料)。

岸田総理の発言が、2026年からのF1での合成燃料の導入に加えて、そのカーボンニュートラルな燃料を社会にどのように組み込むかについても言及されていることは注目に値する。 11月には関係大臣とともに自動車業界と直接意見交換を行う意向も示しており、今後政府がどのようなモビリティ政策を打ち出すのか注目される。

.