岡庭周斗選手(大宮アルディージャ)が「1% FOOTBALL CLUB」に参戦。 経済的貧困と社会格差がもたらす「サッカー格差問題」への対応。 :時事ドットコム

[Specified non-profit corporation love.futbol Japan]

岡庭周斗選手(大宮アルディージャ)は、ラブ・フットボル・ジャパンが運営する、サッカーの力で困っている子どもたちを応援する制度「1% FOOTBALL CLUB」に参加。 年俸の1%を寄付し、サッカーがしたくてもできない子どもたちの「環境」を変える活動に取り組みます。
参加選手は17名に増え、子どもたちを応援するサッカー界の仲間の輪が広がっています。

(C)︎1998のアルディージャ
NPO法人「love.fútbol Japan」は、経済的貧困や社会的格差により安全にサッカーができない子どもたちの「環境」を変える活動をしています。 電力に困っている子どもたちを支える仕組みを次の世代に引き継ぐことを目標に取り組んでいます。 そこで、2021年1月、サッカーへの愛を次の世代に引き継ぐことをコンセプトに、1% FOOTBALL CLUBを設立しました。

「1% FOOTBALL CLUB」は、サッカー選手が年俸や成績給与の1%を寄付し、サッカー事業に携わるサッカーコミュニティが収益の1%を寄付するプログラムです。 やってもできない、子どもたちの「環境」を変える活動に活用できる仕組みです。 これまでに、富樫桂馬(サガン鳥栖)、小林優、家永昭博(川崎フロンターレ)、田辺蘇民(アビスパ福岡)、山本麻耶(INAC神戸)など16名のサッカー選手と、16のサッカーコミュニティグループに参加し、以上を支援しています。 40都道府県650人の子どもたち。

今回は岡庭周斗選手(大宮アルディージャ)が出場します。
岡庭選手の参加により、総勢17名の選手となりました。選手たちは、日本や世界で、サッカーをしたくてもできない子どもたちの「環境」を変える活動を、募金や社会貢献活動への参加などを通じて、love.fútbol Japanとともに推進していきます。子供たち、そして社会的意識。


サッカーは私にとって人生です。 人生に活力を与えてくれました。 たった1個のサッカーボールで、たくさんの人と触れ合い、夢と希望を与えられました。 サッカーと共に成長するにつれ、今まで見たことのない景色や感動をたくさん経験しました。 そんな素晴らしいことをたくさんの子どもたちに体験してもらいたいです。 そんな思いで、この度1% FOOTBALL CLUBを始めることにしました。

サッカー選手は有名人であり、社会に何らかの影響を与えると信じています。 社会人として、自分の考えを述べ、他人の考えに賛同することは、とても価値のあることだと思います。 これは私の大きな野望であり、世界を 1 つの大きなスタジアムに変えることができると信じています。 喜びも悲しみも分かち合い、困難や苦難を乗り越えて助け合うことができると信じています。 そんな世界で、多くの人が幸せになれると信じています。

1% FOOTBALL CLUBに参加する機会もありました。 皆さんにお会いできて光栄です。 今は少し弱いかもしれませんが、皆様のお役に立てれば幸いです。 私の活動を通して、私が経験した感動、勇気、希望を皆様に与えることができれば幸いです。 そして、皆さんからたくさんのことを吸収したいです。 人生においてポジティブであり続け、決してあきらめないでください! 一緒に人生を楽しみましょう!
https://onepercentfc.com/shuto-okaniwa/


「こどもサッカー新学期応援プロジェクト」
経済的困窮や社会的理由によりサッカーを断念したり、続けることに不安を感じたりしている日本の子どもや若者が、安心して新学期を迎え、サッカーを続けられるように励ます。 5万円の現金の提供、用具の寄付、プロサッカー選手とのサッカー交流を支援し、心のつながりを育みます。
申し込み受付中です。 締め切りは2月15日(水)です。
https://www.lovefutbol-japan.org/posts/40509326

13 クラブ、17 選手
・富樫桂馬(サガン鳥栖)
・守谷健太郎(サガン鳥栖)
・田辺蒼民(アビスパ福岡)
・小林優(川崎フロンターレ)
・家永明宏(川崎フロンターレ)
• 齋藤学 (ニューカッスル・ユナイテッド・ジェッツFC)
・新井直人(アルビレックス新潟)
・光丸浩(柏レイソル)
• 教皇ウィリアム (FC町田ゼルビア)
• 茂木力也(大宮アルディージャ)
• 山本麻耶(INAC神戸)
• 吉見奈月 (KSPO/韓国)
・野口龍彦(ファジアーノ岡山)
• Han Ho Kang (全南ドラゴンズ/韓国)
・パーク一休(サガン鳥栖)
・下澤雄太(テゲバジャロ宮崎)
• 岡庭秀人(大宮アルディージャ)


•SHUKYU MAGAZINE(発行)
•CITY BOYS FC(クリエイター)
•SEVENF。 (衣服)
•西南学院大学サッカー部(大学サッカー部)
• MUNDIAL JPN (メディア)
•いちらカフェ(カフェ)
• アスキーフットサルパーク
• FC ELAGUA TOKYO (総菜市チーム)
• グローバル フットボール アカデミー
• YAMAGATA MIDWEEK FOOTBALL (サッカーチーム)
・エラシカ岐阜ビーチサッカークラブ(ビーチサッカーチーム)
・新富谷ガーデンシティフットサルクラブ(フットサル施設)
• TOKYO UNITY LEAGUE (U-16サッカーリーグ)
・Football Connect(イベント事業)
• 0123 COFFEE(コーヒー販売)
•ステンドハウスDEN(寮)


「サッカーの愛を次の世代へ」をコンセプトに、日本サッカー界の力で困っている子どもたちを応援するプラットフォーム。 サッカー選手は年俸や成績給与の1%を寄付し、サッカー事業に携わるサッカーコミュニティは収益の1%をlove.fútbol Japanに寄付し、サッカーをしたいのにできない子どもたちの環境を変える活動を行っています。 増加。 2021年のサービス開始以来、選手の口コミやSNSを通じて賛同者が広がり、現在17名のサッカー選手と16のサッカーコミュニティ団体が参加し、全国で650名を超える子どもたちを支援しています。
HP:https://onepercentfc.com/


love.fútbol Japanは、経済的貧困や社会的格差により安全にサッカーができない日本やアジアの子どもたちの「環境」を変える活動をしているNPO法人です。 地域の課題を解決し、すべての子どもたちが遊べる場所を共創する「地域型運動場づくり」。 私たちを支えるプラットフォーム「1% FOOTBALL CLUB」を運営しています。
団体名:Love.futbol 日本特定非営利活動法人
制定:2018年1月12日
代表取締役:加藤良也
公式サイト:https://www.lovefutbol-japan.org/

[Contact]
love.fútbol 日本広報部
E-MAIL: team@lovefutbol-japan.org

会社プレスリリース詳細(2023/01/26-12:16)

.