型にはまった指導には限界がある…プロ野球のコーチは教えない:J-CAST社ウォッチ[full text display]

大谷翔平選手や佐々木あき選手など、常識を覆す新人選手が続々と誕生している野球界。 彼らを成長に導くのは、従来のコーチング理論とは一線を画す新しいコーチングスタイルです。

この本「有名コーチ」は教えられない(集英社新書)は、その卓越したプロとしての実力を認められた現役プロ野球監督6名へのインタビュー。 彼の実践は、野球の世界だけでなく、ビジネスの世界においても、若い世代の「指導」と「教育」の位置付けに役立つヒントになりそうです。

「“名コーチ”には教えない」(高橋康之著)集英社新書

著者の高橋康之は、1965年生まれの野球ライター。出版社勤務を経てフリーランスに。 雑誌『野球構造』(現『野球太郎』)の創刊に参加。 昭和から平成にかけてのプロ野球を取材・執筆。 著書に「野球界の夜明け 伝説のプロ野球選手に会いに行く」「根本陸生のすべてを知った男」など。

失敗を活かして成功に近づく

高橋さんの「野球人」へのインタビューによると、プロ野球のコーチは大きく分けて次の3つのタイプに分類できる。

役員候補1名
2 つながりによる募集
3 専門的能力を認められた者

1はチームが監督候補として期待している人物です。 現場の最高司令官昇進に向けた指導経験を積むため、コーチに就任。 2022年の球団監督12人のうち、前年日本一となったヤクルトの高津慎吾ら8人が該当する。 中日立浪一義ら4人が専任コーチ経験なしで監督に就任。

2は「世界をナビゲートするのが得意」なコーチで、所属チームで首が危ないときは、余命を延ばすために他のチームで彼を雇う手配をする人もいるという。 引退後はチームに残って就任するケースも多いですが、そこから学び「働けるコーチ」になる人もいます。

3は本書で取り上げるコーチのタイプです。 プロとしての能力が高く評価され、さまざまなチームからアプローチされる人も少なくありません。

第一章に登場する石井拓郎もその一人。

1998年の横浜(現・横浜DeNA)リーグ優勝に初代打者として貢献。 2008年に広島に移籍し、2012年に引退。その後、2022年よ​​り広島、東京ヤクルト、ジャイアンツ、横浜DeNAのコーチを務める。

打撃コーチとしての哲学を語る。

「打率3割で漠然と100点を狙うな。3割だけで1点を取ろうとするのではなく、残り7割の失敗を活かして100%を使って攻撃してほしい。走者をいかに進めるか、凡庸なヒットや失敗をしてもどう得点するかという視点。」

高橋さんは、「失敗を生かし、100%の力で成功に近づける」という考え方は、ビジネスにも当てはまりそうだと書いています。

石井さんは、キャリアの最後の 4 年間を広島で過ごしたことは、勉強になったと言います。 ずっと横浜にいて監督になっていたら、プライドが高すぎて選手たちに「自分はこうしてきた」と言わせていたかもしれないと振り返る。

「コーチが人を育てたという話はよく聞くが、自分は選手に育てられたと思っている」と語った。

コーチは教えてはいけない…「アスリートファースト」

現在、千葉ロッテでピッチングコーディネーターを務め、日米通算121勝62セーブの右腕・吉井理人は「コーチは選手の邪魔をするべきではない」と語る。彼らを導きなさい。」

2012年日本ハム退社後、2014年春から2年間、筑波大学大学院体育学専攻。コーチングを専門に学ぶ。 彼はすでに5年間の教育経験がありましたが、自分の経験に頼るには限界があり、勉強する必要があると感じました.

「アスリートファースト」という言葉は、このコーチング哲学を表しています。

私もそうでしたが、基本的に選手は教えられるのが苦手なので、コーチは教えるのではなく、サポートするという考え方です。 選手との深いコミュニケーションを重視し、「振り返る」作業が中心とのこと。

研究を続けながらソフトバンクのピッチングコーチを務めていた大学院2年生の時、LINEを活用して若手選手とのマッチングも行った。 彼はまた、「レビュー」の内容についてその場しのぎではなかったので、発言を記録して転記する各プレーヤーの許可を得ました。

米大リーグのメッツに入団した時、コーチから教わるよりも、まずは選手がやりたいことを聞き、そのようなアドバイスを受けた。

経験則が通用しない時代に

オリックスでピッチングコーチを務め、現在はトレーニングコーチを務める平井正史氏は、選手が自主的に動くことを奨励することで、より早く習得できると述べています。

平井さんは現役時代、落合博光率いる中日の「黄金時代」の一員だった。 当時のブルペンでは、選手がコーチの役割を果たしていました。 選手たちは投手の起用時期を知っていたという。

しかし、そうした風潮を生み出したのは、ピッチングコーチ兼ブルペン監督の近藤真一とベンチコーチの森和一の信頼関係だったと証言する。

最後に、著者は、いくつかのチームはありますが、コーチのトレーニングを行っているチームの数について質問します。 コーチングライセンスが存在しない野球の世界では、いまだに自分の経験を押し付けるコーチが少なくない。

近年、高精度な測定器で得られたデータを分析するアナリストの存在が注目されています。 アナリストとコーチの間の調整が不可欠になり、「経験則に基づくガイダンスはますます効果的ではなくなる」と彼は結論付けています。

ビジネスの世界はどうですか? 「営業はこうあるべきだ」と自分の経験を押し付ける先輩や上司の顔を思い浮かべる人もいるかもしれません。

野球を観戦するだけでも、豊富なエピソードで楽しめる1冊です。

(渡辺淳悦)

kaisha_20220916152416.jpg

「『名コーチ』は教えない」
作詞 高橋靖幸
集英社新書
902円(税込)

.