円安が続くと日本株にどう影響する? 株価とドル円の相関関係とテクニカル分析[October 2022]| | 株式投資の比較とランキングのためのHEDGE GUIDE

円安が続くと日本株にどう影響する? 株価とドル円の相関関係とテクニカル分析[October 2022]| | 株式投資の比較とランキングのためのHEDGE GUIDE

2022年も残すところあと2ヶ月強ということで、今年は史上まれにみる急激な円安が続いた年として記憶されることになりそうです。 また、日経平均株価は年初から9月末にかけて3,300円下落しました。

そこで今回は、今年も続いた円安と、日本株の主要指標である日経平均株価の相関関係について詳しく解説します。

※2022年9月30日現在の情報をもとに書いています。最新情報はご自身でご確認ください。

目次

  1. 止まらない円安の背景
    1-1. 2022年は歴史的な円安の年に
    1-2.円安の要因
  2. 日本株とドル円の関係と推移
    2-1.日本株とUSD/JPYの相関関係
    2-2. 現在は正の相関から負の相関へ
    2-3.アメリカの金融政策は両方に影響を与える
  3. テクニカル分析で見るドル円と日本株
    3-1.ボリンジャーバンドで見るドル円と日本株の動き
    3-2.2つのチャートを使ったテクニカル分析
    3-3.今後の動向
  4. まとめ

1.止まらない円安の背景

まずは円安の理由をまとめます。

1-1. 2022年は歴史的な円安の年に


2022年1月3日の115.110円から始まったドル円相場は、9月のFOMCが行われた22日には146円に迫る145.902円まで上昇し、30円を超える大幅な円安となった。年始から。 安くなりました。

2021年の値動き幅が8.2円だったことを考えると、2022年の円安ペースはかなり速いことがわかります。

この大幅かつ急速な円安に政府が介入し、ドル円相場は一時140円台まで下落したものの、9月第4週には144円台で推移しました。 やっています。

1-2.円安の要因

ここまで急速かつ大幅な円安が進んでいるのは、今年に入って米国をはじめ世界各国が政策金利の引き上げを開始する中、日本が頑固に金融緩和政策を維持してきたためです。 その最大の側面は、国間の金利差の拡大による円売りであると言えます。

金融政策の中で、経済に最も大きな影響を与えるのは政策金利のコントロールです。

政策金利の調整は景気の過熱や景気後退への対策となるが、世界経済は前例のない経済対策や各国政府・中央銀行によるゼロ金利政策によりパンデミックに直面している2020年に発生したパンデミックへの対策として、

パンデミックから回復する一方で、原料価格、特に商品価格が高騰し、インフレ率が急速に上昇しました。 ロシアのウクライナ侵攻などが物価上昇に拍車をかけ、世界の中央銀行は政策金利を急速に引き下げました。 物価上昇抑制への対応を迫られている背景がある。

特に、米国がどのような金融政策を採るかは、日本経済に大きな影響を与えると言えます。 米国の中央銀行である FRB は、今年 3 月に政策金利の引き上げを開始し、今年 9 月には 3 回連続で 75 ベーシス ポイント (0.75%) の利上げを行い、FF は2022 年末の金利目標は 4.375% で、1 年で 4% を超える急激な上昇が見込まれています。

2.日本株とドル円の関係と推移

今回は日本株とドル円の相関関係も変化。

2-1.日本株とUSD/JPYの相関関係

日本株とドル/円の間に正の相関関係があることは以前から知られていました。 これは、日経平均株価が上昇すると円の価値が下がるため円安傾向に、日経平均株価が下落すると円の価値が上昇するため円高傾向が強いことを意味します。 .

この動きの背景には、日本がバブルと言われた時期に、輸出企業を中心に景気が回復しており、円安が日本にプラスの影響を与えていたことが判明しました。 .

通常、日本以外の国では、その国の株価が上昇すると自国通貨が上昇しますが、日本だけが独自の特徴を持っています。

少し古いデータですが、2013年の過去1年間の相関係数が0.9386だった時期があり、2011年からの過去3年間は0.9739と非常に強い相関を示しています。

2-2. 現在は正の相関から負の相関へ

2022年の過去1年間のドル円と日経平均の相関係数は、2022年9月23日時点で-0.3198、過去3年間で0.302と、かつてほど強くはありません。

また、足もとでは負の相関がみられるものの、今回の円安は日本株の売買によるものではなく、政策金利の拡大によるものであることにも注意が必要です。 つまり、金利の高い国の国債を買うために円が売られていると言えます。

2-3.アメリカの金融政策は両方に影響を与える

政策金利の役割は、流通する通貨の量を制御することです。

金融機関は借りた金利よりも高い金利で貸し出さないと利益が出ないため、金利が低いと資金調達コストが下がり、金融機関は資金を借りやすくなり、結果的に貸し手となる. お客様に低金利でご提供できます。

金利が低いと、資金を借りやすくなり、通貨の流通量が増え、企業への投資が増えます。

逆に、金利が高いときはその逆です。

つまり、金利が上昇すると国債の金利が上昇し、リスク資産とされる株式市場から資金が流出する結果、株価は下落する傾向にあります。 そして、金利の低い通貨から金利の高い通貨に資金が流れるため、日経平均株価のダイナミクスと円の価値は下落します。

3.テクニカル分析で見るドル円と日本株

それではチャートを見ながらテクニカル分析の観点からドル円と日本株の値動きを解説していきます。

3-1.ボリンジャーバンドで見るドル円と日本株の動き


上のチャートはドル円(上)と日経平均(下)の動きを2σボリンジャーバンドで表したものです。

現在は負の相関なので解釈が異なりますが、正の相関がある場合、ドル円がバンドウォークする期間に日経平均がバンドウォークします。 バンドが切れると、他のバンドが続くことがよくあります。

どちらか一方が先に出るとは限らないので、トレードの参考にするにはある程度の経験が必要ですが、両方の動きを意識してトレードすることで、成功確率を上げることができます。

3-2.2つのチャートを使ったテクニカル分析

上記の例のように2つのチャートを使ったテクニカル分析は、初心者には難しいかもしれません。 そのような人々への私のアドバイスは、テクニカル分析を行う際に詳細にこだわりすぎないことです。

チャートはテクニカルに動くのではなく、ファンダメンタルズによって引き起こされた動きの結果を示しているので、金融商品が置かれている環境が異なれば反応が異なるのは当然です。 賞。

そのため、2つのチャートを用いたテクニカル分析では、トレンドを把握するために細かいところにこだわりすぎず、全体像を把握することを意識したほうがよいでしょう。

3-3.今後の動向

株式市場やFX市場でトレードして利益を出すためには、テクニカル分析に加えてファンダメンタルズ分析も必要です。

現在の金融市場は、世界各国の中央銀行による利上げの強さに大きく影響されていると言えます。 ドル円、日経平均株価ともにFRBの政策金利の影響を特に強く受けますが、この傾向は今後も続くと予想されます。

特に、次回の利上げ時期や何ベーシスポイント上昇するか、それに強い影響を与える雇用統計や物価指数などに市場は引き続き注目すると言えよう。

FRB の当面の課題は、8% 台にまで上昇したインフレ率を 2% にいかに引き下げるかということです。 この取り組みは2022年だけでなく、2023年末まで続く予定で、その後は政策金利も引き下げられる予定です。 この率は2020年までに4%台半ばまで上昇すると予想されています。」

つまり、今後 2 年間の全体的な見通しとしては、株価と円の下落が来年末まで続くと考えてよいでしょう。金利の引き下げが期待されます。

まとめ

しばらくは株価や円安が続きそうですが、下落相場でも上昇相場でも大きな波と反発が訪れる相場です。

トレーダーにとっては、マーケットを広く見据えながら、時事キャッチアップやテクニカル分析を組み合わせた総合的な判断が必要となります。

次の 2 つのタブは、以下の内容を変更します。

中島翔

学生時代にFX、先物、オプション取引を経験し、4年間はFXを中心に投資に打ち込む。 その後、金融業界のマーケット部門を目指し、2年で証券アナリスト資格を取得。 あおぞら銀行にて、MBS(モーゲージ・バックド・セキュリティーズ)投資業務、外貨資金運用業務に従事。 また、三菱UFJモルガン・スタンレー証券に出向し、外国為替現物、先物取引、信用取引に従事。 金融業界に関する幅広い知識を持っています。 証券アナリストの資格を持つ。 ツイッター: @sweetstrader3 / インスタグラム:@fukuokasho12
中島翔

.