全米オープン テニス 2022 結果: 伊賀 Swiatek、カルロス Alcaraz 火曜日の勝者をハイライトします。 ニュース、スコア、ハイライト、統計、噂

ロバート・プランジ/ゲッティイメージズ

全米オープンは火曜日、USTA ビリー ジーン キング ナショナル テニス センターで 2 日目に突入し、ラファエル ナダル、イガ スウィアテック、カルロス アルカラズがコートに立ちました。

Swiatek は、ルイ アームストロング スタジアムで Jasmine Paolini に対してストレート セットの勝利で物事を開始しました。

アルカラズは、アーサー アッシュ スタジアムでセバスチャン バエズとのオープニング マッチを引き分け、最初の 2 セットを勝ち取った後、対戦相手が負傷のために 2 ゲームをリタイアし、3 セット目になりました。

女子シングルスのディフェンディング チャンピオンであるエマ ラドゥカヌも、火曜日の夜にタイトル防衛を開始しました。 しかし、アリゼ コルネが第 11 シードをストレート セットで破った後、今年は新しい女子チャンピオンが誕生します。

一方、ナダルは土方リンキーの反対側でアーサー・アッシュでゴールデンタイムのスロットを獲得した。 世界ランク198位の選手はナダルから第1セットを奪ったが、グランドスラムのシングルスで22回優勝しているナダルは、3セット連続で勝利して次のラウンドに進んだ。


注目の男子シングルス結果

  • No. 2 ラファエル・ナダル def. リンキー土方 4-6, 6-2, 6-3, 6-3
  • No.3 カルロス・アルカラズ def. セバスチャン・バエズ 7-5、7-5、2-0 (引退)
  • No. 7 キャメロン・ノリー def. ブノワ ペール 6-0、7-6(1)、6-0
  • No. 8 ヒューバート・フルカッツ def. オスカル オッテ 6-4, 6-2, 6-4
  • No. 9 アンドレイ・ルブリョフ def. ラスロ ジェレ 7-6(5), 6-3, 3-6, 4-6, 6-4
  • No. 11 Jannik Sinner def. ダニエル アルトマイヤー 5-7, 6-2, 6-1, 3-6, 6-1
  • No. 15 マリン・チリッチ def. マクシミリアン マルテラー 6-3, 6-2, 7-5
  • No. 17 グリゴール・ディミトロフ def. スティーブ・ジョンソン 6-3, 6-2, 6-2
  • No. 19 デニス・シャポバロフ def. マルク アンドレア ヒュースラー 2-6, 6-4, 6-4, 3-6, 6-1
  • No. 20 ダニエル・エバンス def. イリ・ベセリー 6-4, 6-1, 6-1
  • No. 22 フランシス・ティアフォー def. マルコス ジロン 7-6(0), 6-4, 6-3
  • No. 23 ニック・キリオス def. タナシ コキナキス: 6-3, 6-4, 7-6 (4)
  • No. 25 ボルナ・チョリッチ def. エンツォ クアカ 6-2, 7-6(5), 3-6, 4-6, 7-5
  • No. 26 ロレンツォ・ムセッティ def. デビッド ゴフィン 3-6, 7-5, 6-4, 3-6, 7-6(9)
  • No. 28 ホルガー ルーン def. ピーター・ゴヨウチック 6-2, 6-4, 7-6(5)
  • No. 32 ミオミール・ケクマノビッチ def. 学習者ティエン 3-6, 6-1, 6-3, 6-3
  • ジョン・イズナーのデフ。 フェデリコ・デルボニス 6-3, 6-1, 7-5
  • Ilya Ivashka def. サム・クエリー 4-6, 6-4, 7-6(8), 6-3
  • リシャール・ガスケ デフ。 タロウ ダニエル 6-4, 6-7(1), 6-2, 6-2

全結果は ATPTour.com で入手可能


注目の女子シングルス結果

  • No.1 伊賀スフィアテック def. ジャスミン・パオリーニ 6-3, 6-0
  • No. 4 ポーラ・バドサ def. レシア・ツレンコ 3-6, 7-6(4), 6-3
  • No. 6 アリーナ・サバレンカ def. キャサリン・ハリソン 6-1, 6-3
  • No. 8 ジェシカ・ペグラ def. ヴィクトリヤ・ゴルビッチ 6-2, 6-2
  • No.9 ガルビネ・ムグルサ def. クララ・トーソン 6-3, 7-6(5)
  • アリゼ・コルネット def. No. 11 エマ・ラドゥカヌ: 6-3, 6-3
  • No. 13 ベリンダ ベンチッチ def. アンドレア・ペトコビッチ 6-2, 4-6, 6-4
  • Qinwen Zheng デフ。 No. 16 エレナ・オスタペンコ 6-3, 3-6, 6-4
  • No. 19 ダニエル・コリンズ def. 大坂なおみ 7-6(5) 6-3
  • No. 21 ペトラ・クビトバ def. エリカ・アンドリーバ 7-6(3), 6-0
  • No. 22 カロリナ・プリスコバ def. マグダ リネット 6-2, 4-6, 7-6(8)
  • ユリア・プチンツェワ def. No. 24 アマンダ・アニシモワ 6-3, 6-3
  • クララ・ブレルデフ。 No. 25 エレナ リバキナ 6-4, 6-4
  • No. 26 ヴィクトリア・アザレンカ def. アシュリン クルーガー: 6-1、4-6、6-2
  • Irina-Camelia Begu def. No.32 エリーゼ・メルテンス 3-6, 6-2, 6-3
  • スローン・スティーブンスのdef. ミネンに挨拶 1-6, 6-3, 6-3
  • アリソン・ヴァン・ウイトヴァンク def. ビーナス・ウィリアムズ 6-1, 7-6(5)

全結果は WTATennis.com で入手可能


火曜日のまとめ

ドラマは、アルカラスとバエズが最初の 2 つのセットで行ったり来たりして戦ったときに始まりました。

全米オープンテニス @usopen

セバスチャン・バエズとカルロス・アルカラズの間で、アッシュの内部はうまくいっています🔥#USOpen pic.twitter.com/EnvxKE2BKP

Alcaraz は最初の 2 セットを 7-5 で制したが、Baez は完全に試合から離れたようには見えなかった。 しかし、バエズが足の怪我のために引退したとき、彼らの楽しい衝突は突然終わりました。

アルカラス「こんな試合の結末は誰も見たくない」 言った 彼の勝利の。 「両方の選手がこのような結末にふさわしくないと思うが、セバスチャンは素晴らしい選手だとだけ言っておく.彼は最後のボールまで戦うので、彼は最善のことを決めた.

Swiatek は、Paolini のディスパッチをより簡単に行うことができました。

全仏オープンで 2 度優勝している彼女は、第 1 セットで最高のサービスを提供できず、2 度のサービス ブレークに苦しんでいました。 しかし、パオリーニはサーブで同様に困難な時間を過ごし、スウィアテックはブレークポイントのチャンスで完璧な 4 対 4 を達成しました。

全米オープンテニス @usopen

早い段階でコントロール!@iga_swiatekが第 1 セットを 6-3 で Jasmine Paolini に勝ちました。 pic.twitter.com/wBlK9iRGgM

その後、シフィアテクは第2セットでイタリア人を一掃した。 彼女は 16 のサービス ポイントのうち 4 つしか失っておらず、6 つのウィナーを打ち、パオリーニをシャットアウトしました。

「自分のリズムを見つけたと思う [and] もう少し走らせることができたでしょう」と彼女は言いました。 言った 2つのセットの違い。 「私は彼女が素晴らしいタッチを持っていることを知っているので、私は自分の角度を使いたかったのですが、それはかなりうまくいったと思います…私はそれを別のレベルに引き上げる必要がありました.私はそれを最後と第2セットで行いました.私はそれをとても誇りに思っています。」

その日の番狂わせは、コーネットがラドゥカヌを 6-3 6-3 で破った火曜日の夜に発生した。

全米オープンテニス @usopen

アリゼ コルネットが気合を入れる

🇫🇷がラドゥカヌを 6-3 で下し、第 1 セットを獲得しました。 pic.twitter.com/ZBilJWtdCi

全米オープンテニス @usopen

.@alizecornet がアームストロングで勝利!

ラドゥカヌを 6-3, 6- で破る3 でラウンド 2 に進みます。pic.twitter.com/RHAd0zCBxv

「今夜彼女に勝ってしまったことは残念だが、自分のパフォーマンスには本当に満足している」とコーネットは試合後のインタビューで笑いながら語った (h/t クレア・マシエル usopen.org の)。

「本当に堅実な試合をしたと感じた。心を尽くして戦い、そこにぶら下がっていた。ネットでの自分のゲームはかなり良かったと思う。少し変化をつけてプレーした。今夜は間違いなくうまくいきました。」

コーネットは番狂わせに慣れており、2014 年と 2022 年のウィンブルドン トーナメントの第 3 ラウンドで 2 つの大きな番狂わせを記録しました。

2014 年、コーネットは世界 No. 1 のセリーナ ウィリアムズを破り、その後、彼女のキャリアで 2 度目となる 4 連覇を達成しました。 今年、彼女は世界ランキング1位の伊賀スウィアテックを破り、37連勝に終止符を打った。

現在、コーネットはラドゥカヌを破った後、彼女の記録にもう 1 つ記録を残しています。ラドゥカヌは、最近の記憶に残る最も注目すべきメジャー ランの 1 つの予選通過者として、昨年の US オープンの抽選を通過しました。

コルネットはラドゥカヌのサーブを2セットで7回ブレークした。 彼女は自分のサーブ中に苦戦することもありましたが (ダブルフォールトが 9 回)、大きな勝利を収めるために頑張りました。 コルネットは特にネットを支配し、16ポイント中14ポイントを獲得しました。 Raducanu はまた、Cornet の 22 に対して 31 のアンフォースト エラーを犯しました。

土方がサーブをブレークして4-3とリードした後、ナダルは第1セットで恐怖を乗り越えたが、そこから持ちこたえた。 21 歳の彼は、第 1 セットでファーストサーブ ポイント 23 点中 17 点、ネット ポイント 12 点中 8 点を獲得し、サービス エースでナダルを締めくくった。

全米オープンテニス @usopen

その名はリンキー土方。

🇦🇺がナダルを6-4で下して第1セットを奪取。 pic.twitter.com/TamN3zFBKJ

しかし、ナダルは残りの試合でサーブをキープした。 彼は第 2 セットで 4 つのサービスエースを決め、途中で土方を 2 回ブレークして 6-2 の勝利を収めました。 第3セットでは、ナダルは6-3で勝利する前に、13回中11回のセカンドサーブポイントを獲得した。

第 4 セットは、もう少し冒険的でした。 ナダルはブレークで 4-3 とリードしましたが、土方は 40-0 とリードした後、トリプル ブレーク ポイントを獲得しました。 ナダルはひるむことなく、土方の勇敢な努力を撃退し、次の7ポイントのうち6ポイントを獲得した後、サービスを維持しました。

最終ゲームは20ポイントで構成されていました。 土方は4回のナダルのブレークポイントチャンスをものともしなかったが、36歳は5回目となる最後のチャンスを勝ち取り、試合に持ち込んだ。

ナダルは、2017 年以来 3 回目の全米オープン タイトル、全体で 5 番目のタイトルを探しています。

コリンズと大坂はアーサー アッシュ スタジアムでの夜を、メジャー第 2 週にふさわしい対戦で締めくくった。

全米オープンで 2 度の優勝経験を持つ大坂は、実際には試合中のいくつかのストレッチで優れた選手でした。

「誰かに 3 回負けると、どうすればもっとうまくやれるかについて多くの情報が得られます」とコリンズは言います。 言った. 「ナオミは彼女のような選手なので、前回は間違いなく私を怒らせました。私はそこから学び、調整する必要がありました。私はそれをやったと思います。」

28 歳のアメリカ人は、今年初めに全豪オープンでメジャーファイナルデビューを果たした後、初めてのグランドスラム タイトルを目指しています。