今週の注目素材 / USD/JPY と GBP/USD の見通しとチャート ポイント

今週の注目素材 / USD/JPY と GBP/USD の見通しとチャート ポイント

今週の注目食材


【まとめ】
・数ある情報源の中で、9月の米国雇用統計が市場参加者の注目を集めている。
・米国雇用統計やFRBキーマンの言動により、米国金利が上下する可能性あり
・144.90と145円台のドル円ブレイクに注目
・ポンドドルは反転リスクを警戒


・9月の米国雇用統計と米国金利の反応

今週は、米国債券市場の動向と米ドル為替レートに大きな影響を与えるさまざまなイベントがあります。

その中で、市場参加者が最も注目するイベントは、おそらく9月の米国雇用統計でしょう。 現在の予測を確認すると、非農業雇用者数の変化は 250,000 (8 月は 315,000)、失業率は 3.7% (8 月は 3.7%)、平均時給 (前年比) は 5.1% です。 (8 月は 5.2%)。

米国の非農業雇用者数と失業率の推移



9月の米国雇用統計を前に、各ISM指数の雇用情勢が注目されています。 雇用指数は、7 月と 8 月に製造業、非製造業ともに上昇した。 同じ状況が 9 月に確認された場合、非農業雇用者数の変化は予想 (250,000) を超える可能性があります。

米連邦準備制度理事会(FRB)による引き締めが長期化する中、米国債券市場では労働需要が旺盛で、平均賃金が大幅に上昇しているため、利回りに上昇圧力がかかっています。 成長することが期待されています。

この場合、外国為替市場は強い米ドルに支配されると想定したいと思います。 米国の金利上昇は株価の下落につながるため、オセアニアや新興国の通貨は対ドルでの売り(リスク回避売り)が優勢になると予想されます。米ドル

一方、ドル/円(USDJPY)は144.90台を突破して145円台にシフトすると予想したい(9月の米雇用統計前には145円台も想定)攻撃と防御になります)。

9 月の米国の雇用統計が概して予想を下回った場合、大幅な利上げの憶測が一時的であっても後退するため、米国の金利に対する下押し圧力が高まると予想されます。 最新の米国雇用統計の内容により、米国金利への下方圧力が強まる場合、外国為替市場は上記の状況とは逆の方向に発展することが予想されます。

ISM雇用指数の推移



・米国金融政策の要人の言動

米国の経済指標に加えて注目すべきは、米国の金融政策の方向性に大きな影響を与える主要人物の言動です。 今週は多くの講演が予定されており、経済情勢や金融政策について言及すれば、その発言次第で米国の金利が上下する可能性がある。

リッチモンド連銀のジョージ・バーキン総裁とカンザスシティ連銀のジョージ総裁が本日講演する予定です。 アトランタ連銀のボスティック総裁が討論の司会を務める。

先月 30 日、リッチモンド連邦準備銀行のトーマス バーキン総裁は、インフレの悪化に警戒を表明し、持続的な利上げの必要性に言及しました。

一方、カンザスシティ連邦準備銀行のジョージ総裁は、9月の連邦公開市場委員会(FOMC)の会合を前に、景気動向に注意を払う必要があると述べ、急激な金融引き締めに対して警告を発した。 (ピーターソン国際経済研究所が主催するオンラインイベント)。

アトランタ連邦準備銀行のボスティック総裁は先月 28 日、11 月の FOMC では 0.75 ポイント、12 月の FOMC では 0.5 ポイントの利上げを要求すると述べた。


ドル/円の注目は145円台で変わらず

・レジスタンスポイント144.90の攻防

米国の長期金利(10年国債利回り)は、イングランド銀行(BoE)による一時的な国債買い入れを受けて一時3.7%を割り込んだが、先月29日と30日に反発した。 前述の9月の米雇用統計が予想以上に好調で、米金融政策要人のタカ派言動が続くと、長期金利は再び上昇し、4%台を目指す. 期待されています。
米金利の動きと強い相関関係にあるドル円(USDJPY)は、レジスタンスポイントとされる144.90台のトライアンドブレイクを意識した動きが続く。 これを達成するなら145円台の攻防を想定したい。

ドル円チャート



・145円台で変動幅拡大を見込む。

ドル円(USDJPY)が145円台に推移すれば、再び円買い介入が行われる可能性がある。

介入に対する市場の警戒レベルが高いことを考えると、ドル/円が 145 円台に達した場合、ドル/円は上下に動くと予想される。

先月 22 日の動きを参考にすれば、ドル/円が 145 円台後半まで上昇すれば、2 回目の円買い介入(または警戒)でドル/円が急落する可能性がある。ドル/円。 なれ。 実際にドル/円が急落した場合、特に円買い介入で急落した場合、先週引き続き相場を支えた144.00台を維持できるのか。 この点に注目したい。

反転リスクのあるポンドドルのくすぶり

・フィボナッチリトレースメント 61.8% 攻防

イングランド銀行 (BoE) による無制限の国債購入 (満期が 20 年を超える国債の場合は毎営業日) により、英国の債券市場における金利急上昇のリスクが軽減されました。

ただし、この緊急措置は10月14日まで続く予定です。 トラス新政権が打ち出した減税政策や、それに伴う財政悪化への懸念、政権への信頼が揺らぐ可能性などを考えると、英国債券市場が再び不安定な状況に陥る可能性がくすぶり続けています。

また、前述の米国金利の動きを考慮すると、ポンドドル(GBPUSD)は反発リスクを警戒する状況にある。

テクニカルな観点から、この点を示唆する動きがある(=ポンドドルが下落する可能性がある)。 日足チャートで最新の動きを確認すると、市場は9月に61.8%高だった1.1211のレベルでリバウンドを止めています。

本日発表された 9 月の ISM 製造業指数は予想を上回っており、米国債市場の利回りに上昇圧力がかかる可能性があります。 米国の金融政策の主要人物の言動により、今週は米国の金利がさらに上昇する可能性もあります。

このため、英債券市場が安定した動きを続けても、米債券市場の動向次第でポンドドルはくすぶり続けている。

・短期レジスタンスラインを突破しない限り

GBPUSD は 61.8% フィボナッチ リトレースメント レベルを突破しても、8 月に再び始まった下降トレンドを象徴する短期レジスタンス ライン (現在は今日の 1.14 中間レベル) を突破することは確認できません。 可能な限り、テクニカルな観点からポンドドルの下落リスクを警戒し続けます。

短期レジスタンスラインを試すシグナルとして、近い将来の21日移動平均線(MA)の攻防に注目したい。 この MA は、今日の時点で 1.13 の直前でホバリングしています。 直近の動きを見ると、8月下旬から9月中旬にかけて相場の反発をレジスタンスラインとしてストップさせた歴史があります。

ポンドドルチャート