フーラーメイド「ステルス グローレ+」 driver – ゴルフ体験主義 – ゴルフコラム : 日刊スペース

フーラーメイド「ステルス グローレ+」 driver – ゴルフ体験主義 – ゴルフコラム : 日刊スペース

どーもです。 本日ご紹介するのは、テーラーメイドの「Stelus グローレ+」シリーズのNewモデルです。 」はははカチィにぁゃとはますはまはぶてずけ「しなななの」たたたたたたたたたたこってみると…。

まず、見た目です。

正直「ステルス・グローレ」ドライバーとの違いが分かりません。

フェースはカロロー気味ですますますますます

本体は「Stellar」ドライバーと同じです。

後ろ姿もほぼ同じ。

構えてととこんなんのねねねねね。結論 テ テ グロ ドラ ドラ ドラ ドラ ドラのはカチャカチャ カチャカチャ カチャカチャ カチャカチャ カチャカチャ

今回はオリジナルカーボンシャフト「SPEEDER NX for TM」にフレキシブルモデルを搭載。 仕様:重量:48g、トルク:6.7

テスト会場は東京・メトログリーン東陽町で、ボールはゴルフ場のツーピース球場で使用。

軽い手触りですが、デフォルトモデルより3g重くなっています。 、 デフォルトモデルとほぼ同じですが、許容範囲の印象です。

実際に打った…

その違いが分からん!!!!

スピン量はデフォルトモデルよりも多いのでデフォルトモデルよりも高くなっていますが、打ち出し角度が高いほど角度が高く、スピードが速いほどスピン量は同じです。探りましたが、として感覚ででほんほんだけがあっあっあっのは…。あっ、これで最後に書きます!!

トラックデータはこんな感じ

そのデータはこちら

【3球了】

HS42.5m/s、初速61.7m/s、打ちさん角15.7度、バックスピン量3368.6rpm、サイドスピン489.7rpm、飛飞表240.2y

【一番】

HS42.3m/s、初速61.4m/s、打ちさん角14.9度、バックスピン量3174.7rpm、サイドスピン503.0rpm、飛飞表241.3y

打感はチョ~パイド。

弾道はこんな感じ

スカイトラックデータはこちら

弾道的事案ししの高弾道ですね。

振り抜き感の良い車ですが、やはりデフォルトモデルと同じで、車の頭を右前に出すという具合です。 いいモデルだと思います。

さんますますしますしたしたしたしたしたたしたたしたたしたたたしたたしたたしたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたた

今回試した範囲では、この仕様でHS38~40m/sの範囲にお勧めです。 同タイプのスライダーやスライダーのデフォルトモデルにオススメです。デフォルトモデルでスピン量が多すぎる場合はシャフト交換も含めて調整できるモデルだと思います。 大きな差は感じられませんでした。 カスタムシャフトもラインナップされているので、スタンダードよりもタフなシャフトなのでリシャフトしたい方にもいいかも。

<テーラーメイド「ステルスグローレ+」ドライバー>

■KAZの感想(10点満点)

距離: 8

■ヘッド:ボディ=9-1-1チタン、フェース=60層カーボン+PUカバー、クロウライン&ソル=カーボン。その他=アルミリング&バックエート。

■シャフト(重量・トルク・調子):「SPEEDER NX for TM」(S=48g/6.7、SR=45g/7.0、R=43g/7.2/先中調子)。 56g/4.5/先中調子).「SPEEDER NX GR60」(S=57.5g/4.9/中調子).

■东业「「SPEEDER NX for TM」このモデルは10万1200円。

.