フーラーメイド「ステルス グローレ」 driver – ゴルフ体験主義 – ゴルフコラム : 日刊スペース

フーラーメイド「ステルス グローレ」 driver – ゴルフ体験主義 – ゴルフコラム : 日刊スペース

どーもです。 テーラーメイドの「Stelus グローレ」シリーズの新型を試乗させて頂きました。 「グロレ」「グローレ」ついに登場。 今回は、FW、レスキュー、AIの2タイプのドライバー5モデルを発表。 デフォルトのモデル ドライバーから始めましょう。

毎回リリースされる新技術搭載モデルがトップカテゴリーなら言葉遣いは悪いかもしれませんが、日本生まれの「グローレ」はある意味セカンドカテゴリーだと思います。 ただ、私の記憶が正しければ「M」シリーズや「Mグローレ」の印象が強かったです。 画像はSIMカードと同じです。

まず、見た目です。

「ツルス」シリーズ同様、サドル裏にアートを施したモデルですが、サドルはカーボン素材を採用し、ヘッド自体も軽量化。

フェースはシャロー気味。「ステルス」ドライバーは赤ですが、「ステルスグローレ」ドライバーは黒。

ボディは横から見ていますが、ハイバックだった「ステラ」ドライバーは「ステラ」ドライバーでした。

セェタェですますますますますととととょディープととはとはますととはますととはますとはますます

こうやって見るとクラウンの投影面積が大きくなっています。

今回は「SPEEDER NX for TM」のオリジナルカーボンシャフトにフレキシブルモデルを搭載。 仕様:重量:48g、トルク:6.7

テスト会場は東京・メトログリーン東陽町で、ボールはゴルフ場のツーピース球場で使用。

持っている感じですが、軽いです。 、まだ許容範囲内だと思います。 イメージでした。

「えっ!? 250yなーをですよさそうそうしまがさててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててててますますますしたてたてますたしてすたたたしたす。したしたしてたしたしたしたした].

また、これはツイストフェースのメリットだと思いますが、明らかにヒールヒットですたななたをてなきをホール側はインパクトからシミュレートしているので当然ですが、実際のボールのリリースはほぼストレート。 )

トラックデータはこんな感じ

そのデータはこちら

【3球了】

HS42.4m/s、初速61.5m/s、打ちさん角16.3度、バックスピン量3299.8rpm、サイドスピン340.9rpm、飛飞表241.3y

【一番】

HS42.7m/s、初速62.0m/s、打ちさん角16.3度、バックスピン量3120.0rpm、サイドスピン773.0rpm、飛飞表243.8y

打感はチョ~パイド。 日本で試したくないならカーボンファイバーが良いと思いますが、レベルは低いかもしれません。

弾道はこんな感じ

スカイトラックデータはこちら

「STELUS」ドライバーはははますととさささささささてさてさなさなさなさななななながとととしてす、しこ「さんややさ」 』だですますまてとて!! ただ、シャフトとのマッチング、チチッショータイプのレベルでもスピン量は多かったです。 実生活でのメリットはほぼ皆無なので、上記のマッチングは無理です。

振り癖はありますが、いい感じの車系ですね。 これまでの「グローレ」シリーズの印象から、ボクが多すぎるのではないかという懸念もありましたが、ボクが右手にあればOKでした。なたますます。

シャフトフィールは軽いですが、クラブは軽量モデルなので振り過ぎ感があります。 前述の通り、インパクトに向かってヘッドが動いている感じですが、逆にヘッドが後ろに回っている感じもあるのも事実です。

今回限りはHS38~40m/sにオススメです。 ボクチチットのレベルでも使えないと思いますが、正直オススメしません。 より頑丈な “Stelus” ドライバーまたはシャフトに変更する場合。

<テーラーメイド「ステルスグローレ」ドライバー>

■KAZの感想(10点満点)

距離: 8

■ヘッド:ボディ=9-1-1チタン、フェース=60層カーボン+PUカバー、クロウライン&ソル=カーボン。その他=アルミリング&バックエート。

■シャフト(重量・トルク・調子)(「SPEEDER NX for TM」)

■东业:1本9万7900円。 ※东东は税込み

.