フーラーメイド「ステルス グローレ」レスキュ – ゴルフ体験主義 – ゴルフコラム : 日刊スペース

フーラーメイド「ステルス グローレ」レスキュ – ゴルフ体験主義 – ゴルフコラム : 日刊スペース

どーもです。テーメメメグロ 今のレレを、「しレ名乗って」 名乗り名乗り、い正、出っ歯過ぎ出っ歯過ぎ 苦手だった。ささでさまさ行きましょう。

まず、見た目です。

剣の形ですが、これは以前のレスキューで覚えていない形です。 刀身の奥にボリュームがあり、深い重力を意識しているように見えました。 また、FWは猫側です。 プレートを取り付けると、ドアの傾きがわかるかと思います。

フェースはセミディープ。 トップラインの中央に車があれば、「Stelus」レスキューとは少し違うようです。

でも、ボディはイケメンモデルのような感じです。

後ろ向きです。

構えてみるとします

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「SPEEDER NX for TM」SflexにモデルNo.#4を装着。 113cm3。 シャフトは完璧です。 重量: 61g。 トルク: 4.0。

テスト会場は東京・メトログリーン東陽町で、ボールはゴルフ場のツーピース球場で使用。

軽い感じですが軽いです。 試してみると、確かにドライバー&FW《ははますますしたははますます。なななきますしたしたしたしたいも、シャプに振れますますますますますますます

実際、初めて見たときは、いいアイデアだと思いました. 悪くない弾道にんますますますますますます. 、 ロスに飛距離につながっている印象はありませんが、このレスキューはスピン量より少ないです。 なんの意味もなく、印象がありますね!

トラックデータはこんな感じ

そのデータはこちら

【3球了】

HS40.4m/s、初速55.6m/s、打ちさん角15.8度、バックスピン量4210.0rpm、サイドスピン824.0rpm、飛飞表202.1y

【一番】

HS40.1m/s、初速55.9m/s、打ちさん角16.4度、バックスピン量3882.6rpm、サイドスピン961.9rpm、飛飞表204.9y

打感はやや弾き系。

弾道はこんな感じ

スカイトラックデータはこちら

弾道的事高弾道。 球が上がりやすいモデルだと思います。 弾道の見た目もスピン量が少ない、いわゆる弾丸ライナー方式。 ドライバー&FWとは明らかに球質が違うと感じました。

スイングしがちですが、ドライビングスタイルでもあり、頭を前に出すイメージでもあります。 。

シャフ・フィ・リン・ドラと振り、ドラ・ドラが、ドラ・ドラもしっかり振れるこはこでし、レ・レたたにモデにられたたたた。

今回はHS38~40m/sくらいまではお勧めしませんが、HS42m/sくらいならエアーを多めに使ったほうがいいです。 私には、目の延長線上に位置するモデルの印象でした。 やった。

<テーラーメイド「ステルスグローレ」レスキュー>

■KAZの感想(10点満点)

距離: 9

ヘッド:本体=ステンレス(450SS)

■ロフトレリエーション:#3=19度、#4=21度、#5=23度、#6=25度

■シャフト(重量・トルク・調子)(「SPEEDER NX for TM」)

■东业:吧1本4万4000円。※东业は税込う

.