フィギュアスケート – 法政大・渡辺梨加「昨シーズンから自分を超えて」 スーパーヒーローになるために | 4年。 #学生スポーツ

フィギュアスケート

特集:フィギュアスケート×プレゼント

渡辺梨加、「昨シーズンから自分を超えていきます」と熱く語る(写真・浅野由美)

昨年のフィギュアスケート女子全日本選手権で6位に躍り出た法政大の渡邉倫花選手(2年・青森山田)。 4月の世界ジュニア選手権への彼女の初出場は失望に終わった。 シーズンが始まった7月末、渡辺選手が千葉県船橋市のリンクで練習しているのが目撃された。 彼女の今シーズンの目標は、「昨シーズンよりも良くなる」ことです。 渡辺の挑戦は、さらなる高みへと進み続ける。

「世界」を知った世界ジュニア大舞台

全日本で好成績を残し、飛び立った世界ジュニア代表。 ジュニアグランプリシリーズすら経験したことのない彼女にとって、初めての大舞台でした。 しかし、来年の出場枠確保と日本代表のプレッシャーで思うように走れず、総合10位に終わった。

「正直、悔しいです。自分の弱点や弱点が見えた試合でした」と振り返る。 一方で「未来につながる多くのものを得た試合でもありました。今はあの場所で『世界』を知ることができてよかったと思っています」と振り返る。落ち着いて。

高齢者は同じ過ちを犯しません。 そんな思いでオフシーズンを過ごしました。

7月、全日本選手権のトップ選手のみが出演するアイスショー「Dream on Ice」に初出場。

「坂本花織選手、樋口若葉選手、川辺愛奈選手など、多くのオリンピック選手を練習から見る機会があり、自分との違いや得点など、どのように評価されるのか気になりました。 . いろいろ見ることができました。 プレゼンも上手いし、スケーティングやダンスだけでも魅せられて、それがポイントにつながると思った」 特に樋口と川辺は、渡辺と同じくトリプルアクセル(3回転半)が飛び込んでいる。彼らのプログラム、そして彼らはまた、彼ら自身のジャンプに組み込むことができるジャンプのトリックがあるかどうかを研究しました.

練習でトリプルアクセルを調整していた

ねえさん率いる学院

彼が所属するMF学園が誕生してから1年以上。 その中でも年上の渡辺は「ねえさん」として慕われている。

リンクでは、選手たちが懸命に練習に励み、着実に力をつけています。 渡辺選手のトリプルアクセルと同じリンクで練習している高校生の須藤都井選手が安定に大きく貢献した。 「須藤君はジャンプするときとてもリラックスしています。 さらに、全日本ジュニアでの活躍が期待される中学生の中井亜美選手と高木陽選手。 2021年全日本ノービス選手権カテゴリーA優勝者の中田理央選手も加入。

渡辺の世界ジュニア代表に続き、ジュニアグランプリシリーズなどの国際大会への出場が決定。 「国際大会に出場する選手が増えているので、みんなすごいし、プレッシャーも大きい。 そしてパワフル。

MFアカデミーで頑張る中田理士さん(左)と須藤修さん(右)

フリー:トリプルアクセル2回

今シーズンのショートプログラム(SP)は、宮本賢治振付「エル・タンゴ・デ・ロクサーヌ」です。 「タンゴが似合うと思います」と宮本さんオススメの妖艶で情熱的な番組です。

番組を終えて、以前同じ曲を使っていたアイスダンサーの高橋大輔さん(関西大学KFSC)に「特別レッスン」をお願いしました。 「高橋さんは『もう少しやってみよう』と動きを見せてくれてカッコよかったです。 体の使い方も表情も視線も理想的で、見ているだけで鳥肌が立った」と話した。

今月開催されたげんさんサマーカップ女子SPのパフォーマンス

フリープログラムはキャシー・リード振付の「JIN」。 見慣れた音楽で盛り上がるクライマックスのステップが見どころ。 ジャンプ構成に2つのトリプルアクセルを取り入れた攻撃的なプログラム。 テクニカルスコアは昨シーズンよりも上がっていますが、大きな動きのリスクも伴うので、どこまでプログラムを改善できるか、ミスをしても完走できるかがポイントです。

大技に挑戦し続け、2大会連続で五輪金メダルを獲得し、プロ転向した羽生結弦選手の話題にも触れ、「特に羽生選手はみんなに愛されていて、スタンディングオベーションが本当にすごかったです。私自身も。いつかみんなに感動してもらえるようなパフォーマンスをしたいです。」

スーパーヒーローは成功だけではありません

今シーズンの意気込みを問われると、「昨シーズンの自分を超えることが最大の目標」と明言。 昨年の全日本選手権は6位、上位8位を目指す。 今年はベスト5を目指します。 「他人に勝ちたいより、自分に勝つことが大事。 私は考えています”

目標を達成する過程で、物事がうまくいかないことがあります。 8月初旬に開催された源産サマーカップ直前、「スケート人生最悪の体調を崩した。スケートが大嫌いだった」と語った。 明らかに。 そんな時、養成の先生に相談したところ「スーパーヒーローは成功するだけでなく、失敗や敗北を経験することで成長する。敗北はカッコいい。今の自分が一番かっこいい」と励ましてくれました。 田。

「いつか、みんなを感動させるパフォーマンスをしたい」

一年前まで、オリンピックは夢の舞台でした。 これで対象ステージになりました。 新しいステージにいるからこそ、今まで経験したことのない失敗や敗北を経験するかもしれません。 それでも、自分に勝って、過去の自分を超えていきます。 「スーパーヒーロー」渡辺梨加がスタックの最後に現れるかもしれません。

法政大の渡辺梨加、世界ジュニアに舞い降りる必然の“奇跡”

画像からプレイヤーに寄付やメッセージを送ることができます

画像からプレイヤーに寄付やメッセージを送ることができます

.