フィギュアスケート~昨シーズンに向けて「大学に入ってから一番スケートをしている」山隈太一郎明大(上) | フィギュアスケート 4年。 #学生スポーツ

フィギュアスケート

今シーズン限りで競技を引退する山隈太一郎(写真提供:浅野由美)

本格的なフィギュアスケートシーズンが近づいてきました。 4年後のオリンピックに向けて再スタートする選手もいれば、大学卒業前に最後のシーズンを過ごす選手もいます。 明治大学4年の山隈太一郎選手(芦屋国際中学校)が、今シーズンをもって競技を引退することになりました。 これまでのスケート人生、スケート部の改革、将来の夢などをロングインタビューで紹介します。

山本創太が教えてくれたトップワールド

スケート部フィギュアスケート部主将を務める山熊は、スケート界でもトップクラスの“しゃべりたい男”。

「長くしてもいいですか?」

この面接に申し込んだ時点で、事前に確認されました。 山熊は大会の10分間のボックスカバレッジの間、いつも物足りなさを見せていた。 今回は「山隈太一郎」についてたっぷり語ってくれました。

山熊さんがスケートを始めたのは小学1年生の時。 双子の妹・恵理子さんと神戸ポートアイランドスポーツセンターへ。 二人とも、国際大会に出場するほど、世代の中でも突出した優秀さを誇っていた。

初心者の頃は、1つ年上の山本創太(中京大)がライバルだった。 「創太は跳躍の天才です。 全日本ノービス選手権で創太選手と競って優勝したことで、私のスケート人生は大きく変わったと思います。 」と彼は思い出す。

楽しい新人時代から、苦い思い出だらけのジュニア時代。 中学3年生で全国中学生大会で優勝したものの、「自分に期待していたのに思うように結果が出ず、悔しかった」と振り返る。

高校3年で先輩になった時、「先輩の壁にガッチリ押しつぶされた」と振り返る。 近畿選手権で表彰台を目指していたが、7位で敗れた。 大会終了後、2022年世界選手権代表の友野一貴、本田太一(2021年3月引退)からは「甘い」と一蹴された。 「私は本当に落ち込んでいたので、彼らの言うことをただ受け入れました。」 気持ちを切り替えて練習に励んだ結果、全日本選手権出場、インターハイの頂点に立つことができた。

小学生の頃からよく同じ大会に出場していた山隈選手(左下)、山本創太選手(右上)、友野一樹選手(左上)

明治大学入学後も試行錯誤の連続

高校卒業後、師匠兼コーチの林祐介を離れ、明治大学に進学。 東京・東伏見リンクを拠点に重松直樹コーチに師事。

過去 3 年間は試行錯誤の連続でした。

1年目はインターハイ王者として自信を持っていたが、結果を求めすぎてスピンしていた。 2年目は技術研修に打ち込みましたが、成果にはつながりませんでした。 全日本フリーへの進出を逃した。 「その年のショートプログラム(SP)は技術的な問題でいっぱいで、面白くないスケートをしていたと思います。」

3年次は4回転の練習に励みました。 昨年8月の源さんサマーカップでは未完の技に挑み、プログラム全体が崩壊。 彼は全体で130台しか得点せず、全体で10位に落ちました。 「なぜ彼は競争しているのですか?」 彼はがっかりして言った。

結果を求めすぎて実力を発揮できないこともあった

「感情を抑えないで」

苦悩する山熊に多くの人がアドバイスをくれました。

父は「ゲームは自分に挑戦する場ではない。 それ以来、彼はミスを減らすために練習を変更し、プログラムからトリプル ジャンプも削除しました。

「ジャンプが簡単にできるようになると、他のことに気を向けることができました。」 今まで失敗ばかりでしたが、毎試合、トリプル、アクセル、フリップ、ルッツを1つ作ることができました。

彼女の社交ダンスの先生は、「あなたは情熱に突き動かされたスケーターなので、感情を抑えてはいけません」と彼女を励ましました. 「先生も競技の技術面に力を入れていたシーズンがあったと聞きました。 . 技術と感性のバランスの重要性を実感。

感情を開いたままにしておくことで、練習がより充実したものになりました。 「だんだん感情がこみ上げてきて、その状態で練習していると夢中になっていきました」 演技も上達し、ユニバーシアード代表を獲ることができました。 結局コロナで中止になりましたが、自分の中で変化を実感しました。

「自分のスタイルを確立し、同時に結果を追求することは非常に難しい。 私の場合、一番のモチベーションは自分のスタイルで一番だと思うスケートを追求することです。 気づいた。」

今年2月の国体で、これまでの努力が実を結びました。 心も技も体も揃っていて、練習から安定していた。 彼はトリプルアクセルを含む全体で200ポイント以上を獲得し、5位でフィニッシュしました。 「結果を求めるのをやめると、結果を求めていたときよりも多くの結果が得られます。

SPの振り付けより。やまぐまの表現力を引き出すプログラム

スイスでの楽しい 2 週間のプログラミング

山熊選手は、昨年の全日本選手権でトップ10に入らなければ、大学卒業と同時に競技生活を終えると決めていた。 彼女は21位でフィニッシュした。 彼女は決意を持って昨シーズンに入った。

プログラムの集大成にもこだわりました。 SPは昨シーズンから継続している「Natural Songbook VIII. After O Carolan」。 岩本英二振付、チェロの美しい旋律に山隈の力強さと柔らかさがマッチ。 周囲からの評価も高い作品です。

フリーは「Somewhere In Time」。

「小さい頃、母に『いつか引退する前にこの曲を使ってほしい』と言われました。

サロメ・ブルナーによる振付。 宇野昌磨(トヨタ自動車)らを指導するステファン・ランビエールコーチのアイスショーのプログラムを担当する振付師。

実は大学2年生の時にランビエルコーチに振付をお願いする予定だったのですが、コロナ禍で延期になりました。 今年、彼の最後のチャンスであるランビエル監督は、彼にブルナーを紹介しました。

今年の春、ランビエル監督がいるスイスに行き、約2週間プログラムを作りました。 山熊さんが音楽を感じながら自由に滑る中、ブルナーさんが次々とアイデアを出してくれました。 毎日英語でディスカッションを繰り返しながら形にしていきました。 ランビエルコーチはジャンプに集中します。 山熊はプログラムを滑りながら「あなたは私の心に触れました」と言いました。

「本当に幸せな2週間でした。

振付師サロメ・ブルナーとのフリーパフォーマンス

「私にとって最高」

大会を経てフリーも完成に近づき、「日本一で観客を泣かせるところまで演技したい」と意気込む。

「プログラムは非常に難しく、スケートの技術がなければスキーはできません。 大学に入ってからの3年間でスケートが上達したからこそ、今までやってきたことを存分に発揮できる。 すべてのプログラムの中で間違いなく最高のプログラムだと思います。とても気に入っているので、毎日このプログラムを喜んで練習しています。絶対に完成させたいと思っています。」

8月初旬の源さんサマーカップに出演後、「まずはしっかり練習。自分に厳しくしたい」と力強く語った。

「大学に入ってから一番スケートをしていて楽しかったです。今が一番前向きです。

全日本まで約3ヶ月。 山熊さんは、最後の大舞台で最高のパフォーマンスを発揮できるよう、好きなプログラムを磨いています。

◆後編は22日公開。

[Photo]「明治法政ON ICE」を実践した仲間との最後の思い出
引退したスケーターたちがそれぞれの夢に向かって「明治法政ON ICE」でファイナルスケーティング

.