フィギュアスケート~アイスショー拡大の夢「最高のエンターテイナーになりたい」 山隈太一郎名大(下) | フィギュアスケート 4年。 #学生スポーツ

フィギュアスケート

海外を旅するアイスショーのキャストを目指す山隈太一郎(撮影:浅野由美)

山隈太一郎(芦屋国際中学校)は、今シーズン限りで定年退職を決めた明治大学4年生。 明治大学スケート部ではフィギュア部主将として部の改革を推進している。 「山隈太一郎物語」の第2部では、クラブの改革とこれからのスケート人生の目標を紹介します。

[Part 1]昨シーズンに向けて「大学に入ってから一番スケートをしている」名大の山隈太一郎(上)

つながりが薄れたスケート部の危機感

明治大学スケート部は星だらけ。 2022年北京オリンピック代表の樋口若葉選手(4年・明治大学・ノエビア)、テレビ出演経験のある本田真凜選手(3年・JAL)、2019年ジュニアグランプリファイナルで優勝した佐藤駿選手(19年)、 2019年世界ジュニア選手権代表、22住吉梨音(1年)。 インカレも優勝候補で、その強さと華麗さ、伝統に惹かれて入部する部員もいる。

ただ、野球やラグビーのように各部員がベースリンクで練習し、クラブとして集まる活動はほとんどありません。 特にここ2年はコロナ禍で会う機会が減り、会ってもなかなか集まらなかった。

キャプテンとなった山熊は、チームの結束が崩れたことに危機感を覚えた。

「インカレ優勝が目標で、個人のレベルアップだけを考えれば部活はいらないし、一人一人が上手くなればいいと思っているのに、なんで部活をしているの?入部当初は部活は面倒くさいと思っていたが、4年生になるとスケート部の記憶がほとんどなくなって寂しい。それを体験してください。」

2010年3月開催「明治法政ON ICE」出演(撮影:浅野由美)

3つの改革に取り組む

山熊は部門の改革に着手した。 「私は、伝統という言葉の背後に隠れていた手入れの行き届いていない場所を整理したかったのです。」 部員やコーチ、友人に相談したり、陸上部の主将向けに行われたチームマネジメントの講義からヒントを得たり。

3つのことに取り組みました。 1つ目は、クラブのルールを作成することです。 先輩から後輩へのあいさつなど、共通することをルールとして明確にすることで、先輩が後輩を指導しやすくなります。

2つ目は、2年目以降のメンバー全員の役割を決めることです。 役職をつけて部署への意見を言いやすくし、所属感を高めます。 そして、主任に偏っていた部署の仕事を他のメンバーと分担し、主任を支える分室が活躍することで、引き継がれやすくなった。

また、各ベースリンクの最年長メンバーを「リンクリーダー」に任命。 新横浜は本田真凜、上尾は大島公章(2年)など。 リンクリーダーは、後輩たちがクレジットや挨拶を取っているかどうかをチェックし、報告します。 学年ごとにリーダーを置き、リーダーを通じて意見やアドバイスを伝えることで、組織が機能しやすくなりました。

3つ目は部活の練習です。 「いい人たちと練習するのは本当に刺激的です。毎月のように集まると、お互いを知り、つながりを築くことができます」と彼は説明します。

実力派が集まる明治大学スケート部。 合宿も行われました(写真提供:本人)

やまぐまのリーダーシップ

改革に戸惑うメンバーもいたかもしれないが、山熊は「自分の世代に成功は必要ないと思う」「0対1は難しく、その役割を担っていく」と力強く語った。ということで、これからのキャプテンはこの形を踏襲して、そのときの色をつけていくべきだと思います。そうすれば、明治スケート部になります。より一層の魅力が生まれると思います」

少しずつ効果を感じています。 会議への出席率も上がり、忙しい選手の顔が見えてきました。 トッププレーヤーの樋口も、山熊の提案に積極的に意見を述べる。

「リーダーには、自分の能力でリードするタイプとそうでないタイプがいます。 後輩はとても優秀なので、人間的に指導していきたいです。 考えさせられる部分にしたい

海外のアイスショーへの出演を目指す

山熊さんは大学卒業と同時に定年を迎えます。 その後のキャリアについて語った。

「大学4年間でスケートについて深く考えるようになりました。 スケートを続けたいと思い、アイスショーの世界に入ることにしました。

両親は私の背中を押してくれました。 彼女は仕事を探したのではなく、海外のアイスショーに出演するために応募しました。 同じ道を選んだ大学4年生の大谷理香さんからもアドバイスをもらいました。

プロのアイスショーという過酷な世界に飛び込む覚悟です。 「将来苦しむかもしれない。 でも、たとえ苦しんでも、なりたい自分をしっかり持って、チャンスがあるうちに挑戦して、後で後悔したほうがいいと思います。」

フリープログラムを作るために滞在したスイスで、ランビエル監督らと楽しいひと時を過ごす(撮影:浅野由美)

ステファン・コッホの没入感に圧倒されました

山熊にとって理想のスケーターはステファン・ランビエルコーチだ。

4月に番組制作のためスイスを訪問。 そこでランビエル監督は日本で「ファンタジー・オン・アイス」のプログラムを練習していた。 「没入感に圧倒されました。ここまで世界に入ってきた人の動きには神経がすり減ります」 歌の世界に入り込んで演技する姿に感動しました。

5月の公演で実際に見たパフォーマンスは圧巻でした。 「ショーを見るときは、素人の視点で見ようとしますが、作品の全体的な印象だけを見ると、ステファンに欠けているものがあります。 感じました」彼は憧れのスケーターの姿だった。

目をキラキラさせて話す山熊さん。 「見せびらかすスケートが一番やりたい。海外でショーをしながら観客を楽しませて、最高のエンターテイナーになりたい」と語った。

違う道を歩んだ姉「尊敬しかない」

山熊選手のスケート人生を語る上で欠かせないのが双子の妹・恵理子さん。

中学3年生でスケートをやめ、学問的に才能を発揮。 高校時代から海外留学を経験し、現在はアメリカの大学に留学中。

彼は自立した生活を送っており、授業料と生活費を賄うために奨学金を受けています。 「こんなに自由に滑れるのは彼女のおかげです。 尊敬しかない」と語った。

双子の妹の恵理子さん(右)もスポーツ選手として有望だった(写真提供:本人)。

浅田真央と羽生結弦をロールモデルに

やまぐまには大きな野望があります。

「それは夢物語かもしれない」と彼は言い、「私もアイスショーを作りたい」と付け加えた.

彼女のロールモデルは、自身のアイスショーをプロデュースする浅田真央と、プロに転向した羽生結弦です。

「まおちゃんや羽生くんのような影響力のある人たちは、自分たちで番組を作って運営しています。 それが可能になり、競争相手が増え、夢を持つ人も出てくる。

アイスショーで世界中を旅して、いつか自分のアイスショーを開きたいです。 大きな夢。 大学卒業までの半年間、まずは競技生活を終える。 その先には、新しい生活が待っています。

来年の夏はスケート靴で世界一周するかもしれません(撮影:浅野由美)

◆23日に動画を公開します。

[Photo]『明治法政ON ICE』を実践した仲間との最後の思い出
引退したスケーターたちがそれぞれの夢に向かって「明治法政ON ICE」でファイナルスケート

.