ドル/円160円予想は本気か | トシル 楽天証券の投資情報メディア

今回のまとめ

●ドル高円安が8ポイントを超えると160円などとんでもない予想。
●米国の金利連動ドル円レートが160円の場合、適正な金利水準は?
● ドル/円の為替レートが米国の金利と連動しなくなったらどうなるか?
●見るべきは、ただの予測のような馬鹿げた数字ではなく、実現できるかどうかの論理

意外な予想を考える

ドル/円は 9 月に 145 円を突破しようとしている。 1998年の147円以来、「24年ぶり」「高値」「新品」「初めて」「新品」などの言葉が好きです。 並ぶ。 大変なことになった印象を受けやすい場面になります。 米国の金利は経済的中立水準 (現在の市場コンセンサスは 2.5%) を超えて上昇し、高金利サイクルはすでに 8 番目のポイントを超えていると考えています。 高所恐怖症や過熱気味は相場や報道に左右されやすいので、冷静に考えて判断する必要があります。

そんな中、160円の予報をちらりと見た。 これらの風変わりな予測をどのように解釈するかを考えることは、為替の期待とは何かを理解するのに役立ちます。 ドル高・円安傾向の昨今、160円予想の実現可能性を教材に、ドル円相場の方向性を導き出す。

なお、160円予想や予想している方を責めるつもりはありませんので、あらかじめ付け加えておきます。 これらの大胆な予測から、予測の意味を考え、状況を判断する方法に気付く機会を得ることができるので、さらに掘り下げてみましょう。

当初は米国の金利に連動

私が以前から一貫して強調してきたことは、最近のドル高と円安は、米国の金利上昇に関連した循環的な現象であるということです (図1)。 特に、コロナ禍によるインフレ率は40年ぶりの高水準に達し、利上げペースも空前のペース。 その結果、ドル/円は急速に上昇する。 これを日本の衰退などの構造的な問題として捉えると、米国の金利低下時に想定される市場の反転を捉えることができません。 構造的な問題と周期的な現象は別々に扱われるべきです。

160円予想も出たと聞いておびえている読者もいるかもしれません。 ここで考慮すべきことは、その実現可能性です。 少なくともこれまでのドル高・円安が金利と密接に連動してきたことを考えると、まずドル/円が160円になったときの金利水準はどうなるのか。 そして問題は、それ自体が実現可能かどうかです。 2 つ目は、ドル買いと円売りが金利とは関係なく加速するかどうか、また加速するとすればどのような状況か。 この点について、2011 年と 1998 年のトッピ予測の過去 2 つのケースを振り返ってみましょう。

図 1: USD/JPY 対米国の主要金利

出典:ブルームバーグ

2011 年の前代未聞の円予想

2011年の場合、円安ではなく、1ドル75円と極端に円高(図 2)。 2008年、米国のサブプライム住宅ローン危機はリーマン・ブラザーズの倒産につながり、米国は金融危機に陥りました。 当時の日本の当局者は、日本は米国の危機にほとんど関与しておらず、傷も浅いとして一蹴した。 しかし、FRB の超緩和的な金融政策を反映して、特に円に対してドルは下落しています。 この金融緩和により米国経済が回復基調にある中、日本株は円高になるほど売られ、ドル/円は75円台、日経平均株価は7,000円台まで下落。レベル。 米国の主要金利とその前後のドル円相場の推移を見ればわかるように(図表2)、75~80円台のドル円相場は米国金利とよく連動していた・バランスの取れた方法。

当時、一部の学者や市場関係者は、円が対ドルで 60 円または 50 円上昇すると予測しており、筆者はそのような予測の実現可能性について疑問視されていました。 さらに、これらの超円高支持者が、日本経済をより回復力のあるものにする円高のメリットを主張したことは注目に値します。

以上の点を踏まえると、まず、米国金利は0%から1%未満、ドル/円残高は75円から80円。 問題は、金利が大幅にマイナスになるのか、それとも日本が金利を大幅に引き上げるのかということです。 いまだ回復途上にある米国がマイナス金利を導入する可能性は低く、厳しい状況にある日本が利上げを行わない可能性もある。

第二に、あえて金利とはかけ離れたドル安・円高の状況を想定すると、米国で金融危機が再発したとしても、マイナス金利の導入はありえないと思われる。 これも、米国が順調に回復の道をたどっている限り、予想外でした。 また、米国での危機の再発は世界的な危機であることを考えると、円高が日本の強靭性を高めるとは考えにくい。

図 2: 2011 年の米ドル/円金利は 75 円前後

出典:ブルームバーグ

アプリで投資を学ぶ

投資情報メディア「トウシル」の公式アプリ(iOS/Android)が登場!

とうしるの新着記事や動画が見やすくなりました。 お金や投資に関する知りたい情報をアプリでゲット!
早速インストールして、知りたいキーワードや好きな作家を登録してみませんか?