ドル円はすでに年利50%? 相場、レバレッジ、スワップポイントの説明[September 2022]| | FXの比較とランキングのためのHEDGE GUIDE

2022年9月現在、日本の政策金利が引き上げられない環境の中で、米国はインフレを抑えるために急速に利上げを行っています。 日米の金融政策の方向性の違いも、スワップポイントに影響を与えています。 ドル円相場もスワップポイントが一定程度期待できる水準に達している。

そこで今回は、ドル円スワップポイントで資産運用する方法を解説します。 プロのトレーダーである筆者も注意点を紹介しますので、参考にしてください。

※この記事は9月20日現在の情報です。最新の情報はご自身でお調べください。
※本記事は投資家への情報提供を目的としたものであり、特定の商品やファンドへの投資勧誘を目的としたものではありません。 投資判断はご自身の判断で行ってください。

目次

  1. 長期資産形成にFXを利用する場合はスワップポイントに注意
  2. ドル円スワップポイントはいくつ発生しますか?
  3. レバレッジのリスク
  4. FXで資産運用を行う場合はレバレッジ2倍程度で運用する
  5. 現在の市場環境からのスワップポイントの運用方法
  6. まとめ

1.長期の資産形成にFXを利用する場合はスワップポイントに注意

スワップポイントとは、二国間の政策金利の差から生じる金利です。 通貨を保有すると、その国の政策金利に基づいた通貨金利が発生します。

通貨を保有する場合は、ある国の通貨を購入 (ロング) し、別の国の通貨を売却 (ショート) します。 ドル円であれば、金利の高い米国通貨であるドルをロングし、金利の低い円をショートすることでスワップポイントを獲得できます。 逆に、政策金利が低い通貨をロングし、政策金利が高い国をショートすると、スワップポイントはマイナスになります。

FXを長期の資産運用に利用する場合、効率的にスワップポイントを獲得する戦略を考えるのもひとつの選択肢です。

2. ドル円スワップポイントはいくつ発生しますか?

スワップポイントはFX会社ごとに異なります。 1ロット90円(10,000通貨)で比較してみましょう。

FX会社別ドル円スワップポイント

※2022年9月20日現在
※スワップポイントは原則固定

上記を見る限り、約90円のスワップポイントがもらえることがわかります。 これが1日あたりの獲得量なので、1年で90円×365日=32,850円のスワップポイントを獲得できます。

1lotのポジションを構築するために必要な証拠金を確認してみましょう。

1ドル140円とすると、10,000通貨のロングポジションを構築すると、140円×10,000通貨=1,400,000円となります。

手持ちの日本円で10,000通貨を購入すると、利回りは32,850円÷140万円=0.023(2.3%)となります。

FXではレバレッジをかけることができます。 少ない余裕で大きな移動ができる機能です。 日本のFX業者の最大レバレッジは25倍です。

10,000通貨の購入に必要な金額は140万円です。 ここで、レバレッジを25倍にすると、140万円÷25=56,000円の1ロットロングポジションを保有できます。

レバレッジ25倍で考えると、32,850円÷56,000円=0.586(58.6%)となります。 USD/JPY を 25 倍のレバレッジでロングすると、58% の利回りが期待できます。

利回りは数字では印象的ですが、25倍のレバレッジは長期的には危険です. 外国為替初心者は、25 倍のレバレッジで取引すると、証拠金のほとんどを失う可能性があります。 実際に取引を行う場合は、レバレッジ2倍~3倍を目安に設定すると良いでしょう。

3.レバレッジのリスク

レバレッジを使うと利回りが上がります。 一方、為替レートは常に変動しています。 為替レートの変動による損失と利益は、証拠金の元本に直接影響します。

56,000円を証拠金として預け入れ、1ドル140円で1ロットのロングポジションを保有する例を考えてみましょう。 1ロットで1円の変動があった場合、評価損益は±10,000円です。

140万円で1ロット保有すると、マイナス1円になっても証拠金は139万円。 一方、レバレッジが25倍の場合、56,000円の証拠金は46,000円に減少します。 マージンは 17% 損なわれます。

約3円マイナスになると50%以上の証拠金を失う計算になります。 レバレッジ25倍の危険性がわかります。

長期的な資産形成のためにスワップポイントを使用する場合は、レバレッジを低く設定してください。

4.FXを資産運用に利用する場合はレバレッジ2倍程度で運用する

資産運用でレバレッジを利用する場合、初心者は2倍程度で運用することが望ましいです。 リスク管理に自信のある方でも、レバレッジは3倍までが目安です。

スワップポイントが2022年9月時点であれば、レバレッジを2倍にしても4%以上の利回りが見込めます。 ただし、証拠金から換算した場合の損失率も2倍になりますのでご注意ください。

5.現在の相場環境からスワップポイントを運用する方法

プロのトレーダーである筆者が、円安が急速に進行する市場環境におけるFXの資産運用方法を解説します。

最初に確実に行うべきことは、エントリを配布することです。 足元のドル/円は143円前後(2022年9月15日時点)で推移。 これは史上最低水準の円です。 ただし、このレベルでは、利用可能なすべての証拠金でロング ポジションを取ることは危険です。

米国と日本の金融政策に明確な違いがあるからといって、為替市場が永久に弱い状態が続くとは言えません。 日本銀行は景気が好転しているために金利を引き上げるのではなく、物価上昇を抑えるために「悪い方法」で金利を引き上げています。 価格が下がれば、金利の引き上げが止まる可能性があります。

130円台でドル/円のエントリーポイントが見える。 130円台ロングで120円台ロングを積み上げるなど、余裕のあるスタンスで相場をチェックしてください。

ドル円レートがすぐに120円台に達するとは思えない。 ただし、USD/JPYを長期保有してスワップポイントを貯めたい場合は、少しでも円高になったタイミングでのエントリーを目指しましょう。

140円でロングポジションを築いて年間32,850円のスワップポイントを獲得したとしても、為替レートが136円を下回るとスワップポイントを超える評価損を計上することになります。

為替レートは非常に不安定です。 無理なエントリーはせず、円高後にゆっくりエントリーを目指しましょう。

6.まとめ

ここでは、ドル円スワップポイントの運用方法について解説しました。

2022年9月現在、史上稀にみる円高。 一方、円安水準が続くか、反転するかは誰にもわかりません。

投資家としてできることは、リスク管理です。 無理なリスクを負わず、安定した運用を心がけてください。

次の 2 つのタブは、以下の内容を変更します。

中島翔

学生時代にFX、先物、オプション取引を経験し、4年間はFXを中心に投資に打ち込む。 その後、金融業界のマーケット部門を目指し、2年で証券アナリスト資格を取得。 あおぞら銀行にて、MBS(モーゲージ・バックド・セキュリティーズ)投資業務、外貨資金運用業務に従事。 また、三菱UFJモルガン・スタンレー証券に出向し、外国為替現物、先物取引、信用取引に従事。 金融業界に関する幅広い知識を持っています。 証券アナリストの資格を持つ。 ツイッター: @sweetstrader3 / インスタグラム:@fukuokasho12
中島翔

.