サッカー好きを次世代につなぐ「1% FOOTBALL CLUB」に山梨県の「ステンドハウス DEN」が参加。

サッカー好きを次世代につなぐ「1% FOOTBALL CLUB」に山梨県の「ステンドハウス DEN」が参加。

NPO法人「love.futbol Japan」は、経済的貧困や社会的格差により安全にサッカーができない子どもたちの「環境」を変える活動を行っています。 電力に困っている子どもたちを支える仕組みを次の世代に引き継ぐことを目標に取り組んでいます。 そこで、2021年1月、「サッカーの愛を次の世代へ」をコンセプトに「1% FOOTBALL CLUB」を設立。

「1% FOOTBALL CLUB」は、サッカー選手が年俸や成績給与の1%、サッカー関連事業を営むサッカーコミュニティが収益の1%を寄付する環境で、サッカーをしたい子どもたちに環境を提供しますしかし、できません。 これまで富樫桂馬選手(ベガルタ仙台)、小林優選手(川崎フロンターレ)、公園一輝選手(サガン鳥栖)など16名のサッカー選手と15のサッカー部が参加し、639名の子どもたちが県内外から参加しました。 40都道府県が参加。 人を助ける。

今回は、多くのサッカー関係者に愛されている「ステンドハウス DEN」が参加し、サッカーコミュニティは総勢16団体となりました。 旅館に宿泊するサッカー仲間の宿泊売上の1%以上を寄付し、サッカーをしたいのにサッカーができない子どもたちの「環境」を日本と世界で一緒に変えていきます。 .

50年間の選手として、私はまだボールを蹴っています。
育成時代のリーダーとして35年間、現場に立ち続けてきました。
「サッカーが人生のすべてじゃないけど、空気みたいになれたらいいな」が口癖です。 サッカーは私の人生です。 子どもたちから、たくさんの元気をもらい続けています。 多くのサッカー仲間は私の財産であり、私の人生を豊かにしてくれます。 だからこそ、ボールを蹴る楽しさを一人でも多くの子どもたちに味わってもらいたい。
そして、彼らが大人になってもいつでも戻ってくることができるフットボールホームを残したい.

http://www.den.gr.jp/den/index.html

14クラブから16選手

  • 冨樫 桂馬(ベガルタ仙台)
  • 小林優(川崎フロンターレ)
  • 家永明宏(川崎フロンターレ)
  • 田辺蒼民(アビスパ福岡)
  • 斉藤 学(水原三星ブルーウィングス/韓国)
  • 新井直人(徳島ヴォルティス)
  • 三丸浩(柏レイソル)
  • ウィリアム教皇(FC町田ゼルビア)
  • 守谷健太郎(サガン鳥栖)
  • パク・イルケイ(サガン鳥栖)
  • 茂木力也(大宮アルディージャ)
  • 山本麻耶(INAC神戸)
  • 吉見奈月(KSPO/韓国)
  • 野口龍彦(ファジアーノ岡山)
  • Han Ho Gang (全南ドラゴンズ/韓国)
  • 下澤雄太(テゲバジャロ宮崎)

  • SHUKYU MAGAZINE(出版)/東京
  • CITY BOYS FC (クリエイター) / 宮城県
  • セブンフ。 (アパレル)/東京都
  • 西南学院大学サッカー部(大学サッカー部)/福岡
  • MUNDIAL JPN(メディア)/東京
  • イチラカフェ(カフェ)/山梨
  • ASCII FUTSAL PARK(フットサル施設)/三重県
  • FCエラグア東京(総菜市チーム)/東京
  • グローバルフットボールアカデミー(サッカースクール)/東京
  • YAMAGATA MIDWEEK FOOTBALL(サッカーコンパニオン)/山形
  • エラシカ岐阜ビーチサッカークラブ(ビーチサッカーチーム)/岐阜
  • 新富谷ガーデンシティフットサルクラブ(フットサル施設)/宮城県
  • TOKYO UNITY LEAGUE(U-16サッカーリーグ)/東京
  • フットボールコネクト(イベント事業)/東京
  • 0123 COFFEE / 山形
  • ステンドハウス DEN(宿泊施設)/山梨


ラブ・フットボル・ジャパンは、2021年2月24日に神奈川県から「特例認定NPO法人」として認可されました。 法人寄附金の場合、一般寄附金の控除限度額とは別に、特別控除限度額内の控除額に含めることができます。 詳細については、ここをクリックしてください。

https://www.lovefutbol-japan.org/posts/14998091


「サッカーへの愛を次の世代へ」をコンセプトに、日本サッカー界の力で困っている子供たちを応援するプラットフォーム。 サッカー選手は年俸と成績給与の1%を寄付し、サッカーに関わるサッカーコミュニティは収益の1%をlove.fútbol Japanに寄付し、サッカーをしたいのにできない子どもたちの環境を変える活動を行っています。 2021年の発売以来、選手の口コミやSNSを通じてサポーターが広がり、現在16名のサッカー選手、16のサッカー団体が参加しています。
HP:https://onepercentfc.com/


love.fútbol Japanは、経済的貧困や社会的格差により安全にサッカーができない日本やアジアの子どもたちの「環境」を変える活動をしているNPO法人です。 地域の課題を解決し、すべての子どもたちが遊べる場所を共創する「地域型運動場づくり」。 私たちを支えるプラットフォーム「1% FOOTBALL CLUB」を運営しています。

団体名:Love.futbol 日本特定非営利活動法人
制定:2018年1月12日
代表取締役:加藤良也
公式サイト:https://www.lovefutbol-japan.org/

[Contact]
love.futbol 日本広報部
E-MAIL: team@lovefutbol-japan.org

.