コラム:ドルだけが勝つ「逆通貨戦争」の終焉、介入の効果は薄い | ロイター

コラム:ドルだけが勝つ「逆通貨戦争」の終焉、介入の効果は薄い | ロイター

[オーランド(フロリダ州) 26日 ロイター] – 米国以外の国々が金利を引き上げ、自国通貨を支えるために介入する中、ドルは高値を更新し続けている。 これは、各国にこの「逆通貨戦争」が待ち受けている絶望的な未来を物語っています。

米国以外の国が自国通貨を支えるために金利を引き上げ、外国為替市場に介入しているにもかかわらず、ドルは引き続き高値を更新しています。 これは、各国の「逆通貨戦争」が待ち受ける絶望的な未来を物語っています。 1ドル札の写真です。 2021年2月撮影(2022年REUTERS/Dado Ruvic/Illustration)

したがって、超タカ派の連邦準備制度理事会に挑戦したとしても、最終的に勝者はドルだけです。

今年の 9 月の第 3 週は、歴史的なマイルストーンになろうとしています。 FRB が 3 回連続で金利を 75 ベーシス ポイント引き上げ、さらなる引き締めを約束したことで、世界中の市場が崩壊し、ドルだけが上昇しました。

残念なことに、世界の他の地域にとって、強いドルはそれぞれの経済と金融市場に大混乱をもたらす可能性がある要因です。 に向かう悪循環

スウェーデンを例にとってみましょう。 同国の中央銀行は、1993 年以来最大の 100 ベーシス ポイントの利上げで市場を驚かせました。

欧州中央銀行 (ECB) も 75bp の利上げを行い、追加利上げを約束したが、ユーロ/ドルは下落トレンドを止めることができず、23 日には 20 年ぶりの安値 0.97 ドルを記録した。

「通貨戦争」という用語は、2010 年にブラジルの財務大臣であったグイド マンテガによって造られました。 世界的な金融危機の後、先進国が成長を押し上げ、デフレを防ぐために減価償却政策が相次いで採用された段階を指します。

しかし今、新型コロナウイルスのパンデミックが収まり、世界中でインフレの波が押し寄せ、状況は一変しています。 主要な中央銀行は金利を引き上げようと競争しており、通貨の価値を高めることでインフレを抑制しようとしています。 しかし、この「逆通貨戦争」がFRBとドルに勝つ可能性は非常に低いです。

国際通貨基金 (IMF) が 7 月に発表した論文は、1990 年から 2018 年までの合計 26 の先進国と新興国における外国為替介入を分析し、「長期的なマクロ経済要因によって引き起こされた為替レートの試みが行われる可能性は低い」と指摘しました。介入によって適切なレベルからレート偏差を減らすことが効果的です。」

さらに、同紙によると、現地通貨を買うよりも現地通貨を売る方が依然として効果的であり、比較的流動的な外国為替市場では介入の効果が弱まります。

言い換えれば、中央銀行は、自国通貨を売却して通貨の価値を低く保ち、競争力を維持する伝統的な通貨戦争の下で、その目的を達成する可能性が高くなります。 そうではありません。

世界中の国々が強いドルの影響を感じていますが、おそらく日本と英国が最も影響を受けているでしょう。

円は対ドルで 24 年ぶりの安値まで下落し、日本政府と日銀は 1998 年以来初めて円買いに介入しました。ポンド/ドルも 37 年ぶりの安値に下落し、イングランド銀行 (BOE) は、英国債が歴史的な急落に見舞われている限り、最も困難な時期の 1 つに直面しています。

事実は、英国と日本がいかに脆弱であるかを示しています。

日本政府と日銀はようやくドル/円の 150 円トレンドを止めたものの、市場関係者は介入効果が長く続くかどうかについて懐疑的です。 日本の外貨準備高は1.3兆ドルで、そのほとんどがドル建て資産です。 しかし、その規模にも限界があることは間違いないので、円買い介入がいつまでも続くわけではありません。 さらに、日銀が短期金利と長期金利をほぼゼロに維持する政策を継続し、FRB がさらに利上げを行う限り、円買い介入は成功しそうにありません。

BOE は、1992 年 9 月 16 日にポンドの急落により英国が欧州為替レート機構 (ERM) からの脱退を余儀なくされたときのトラウマをまだ抱えているため、今回はまだ介入してポンドを購入していません。 しかし、クワルテング財務相が 23 日に発表した積極的な財政政策に対する市場の否定的な評価や、ポンド安を背景に、BoE に何らかの対応を求める声が高まっています。

ポンド/ドルは 23 日に 3.5% 下落した。 変動相場制が 50 年前に開始されてから 6 回しかありませんが、1 日で大幅な下落がありました。

英国の債券価格の崩壊はさらに深刻でした。 5 年債の利回りは 1 週間で 100 ベーシス ポイント近く上昇し、過去最高を記録しました。 10年物国債利回りも約70ベーシスポイント上昇し、1981年以来最大となった。

ドイツ銀行のジョージ・サラベロス氏は、「この状況で必要な政策対応は誰の目にも明らかだ。市場の信認を回復するために、早ければ来週にも大幅な緊急利上げを行う」と述べた。 ” 彼が書きました。

一方、ドルのモメンタムは衰えていない。 HSBC は現在、グローバルなマルチアセット アロケーションにおいて、株式、ハイイールド社債、および先進国市場のソブリン債の両方で「最大の」アンダーウェイトを維持していると述べており、「私たちが保有している主な資産はドル現金です」と付け加えました。

(著者はロイターのコラムニストです。このコラムは著者の個人的な意見に基づいています。)

.