グローバル ネットワークは 5 倍に増加し、視聴者数は全世界で 30% 増加しました。 ラ・リーガの「国際化」はどの程度成功しましたか? │ハーフタイムマガジン

LaLiga は、スペインで開催される世界最高峰のサッカー リーグです。 2017年に「国際化」に移行して以来、昨年はプロジェクトの5周年を迎えました。事務局長のオスカー・メイヨーは、その旅路と現在の状況について話しました。

ラ・リーガのグローバル戦略とは?

2017 年、ラ リーガは国際化への道を歩み始めました。 それ以前から、外資流入や放映権ビジネスを中心に、イングランドのプレミアリーグが世界市場に参入するなど、欧州サッカー界では国際化が避けられない流れでした。

F1やチャンピオンズリーグなどの大会について語りながら、マジョ氏は「他のスポーツと同様、ラ・リーガは世界中にファンがいて、グローバルな成長を目指している」と語った。 強調。

そのために「世界中のファンとの距離を縮める」ことに取り組んだ。 国際的な存在感の向上をリーグクラブの成長につなげていきます。 その基盤には、グローバルなネットワークと活性化がありました。

「ラ・リーガにはグローバルな戦略がありますが、私たちは各国に向かっています。国ごとに事情が異なるため、ローカルに適応します。これはグローカルです。」

ネットワークをグローバルに拡大

出発点は、地方事務所の設立と代表者の派遣でした。 2016年時点ではマドリッドの本社を含めて8拠点でしたが、現在は11拠点となり、2017年にシンガポール、2018年にメキシコ、2020年に英国に拠点を置いています。

2017年には国レベルで市場を担う「駐在員」制度を開始し、現在では41カ国44名にまで拡大。 日本では2017年にオクタヴィ・アノーロ(現ラ・リーガ国際監督)が就任して以来、現ギジェルモ・ペレスに3人が就任。 この間、世界中の従業員数は 150 人から 600 人に増加しました。

各国にオフィスと代表者がいるラ・リーガは、90 か国に直接リーチできます。 これが各国のファン向けイベントやスポンサーシップ、放映権の販売などの活性化の礎となっています。

リーグには、2013/14 シーズンの 9 から、2021/22 シーズンには 51 のスポンサーとライセンシーがいます。 その中でも、地域のスポンサーやライセンシーは 28 社と、現地での販売が好調です。 日本の旅行代理店 HIS も地域スポンサーの 1 つであり、公式リーグツアーや教育プログラムを実施しています。

「グローカル」活性化

こうした海外事務所や駐在員のネットワークにより、グローバルかつ現地の実情に即した活動が可能になっています。 2020/21 シーズン中、世界 90 か国で 1,200 以上のアクティベーションが行われました。 その 2 年前には 65 か国で約 600 の活動があったため、大幅な増加は明らかです。

レアル・マドリードとバルセロナのエル・クラシコの試合が良い例です。 このダービーに合わせたパブリックビューイングが各国で開催され、日本では2017年に「クラシコフェスティバル」として六本木で開催された。 その一方で、地元のファンを対象としたサッカー大会や子供向けのサッカー教室を開催するなど、活動は多岐にわたる。

各クラブに対するリーグのサポートに基づいて、クラブレベルの活性化も奨励されています。 2018年に乾貴士がベティスに加入したとき、日本は彼の加入記者会見の会場でした。 これもラ・リーガ史上初。

日本市場を担当するペレス氏は次のように語った。

「日本は、イニエスタがリーグのアイコンになったときにイベントを開催するなど、常にラ・リーガにとって重要なマーケットでした。 そして今後は、草の根のアウトリーチ活動や女子サッカーなど、新たなフィールドを切り拓いていきたい」と話した。

全世界で視聴者が 30% 増加

世界中の人的ネットワークの拡大と、それに伴う現地での活動の増加。 コミュニケーションにも力を入れています。

特に多言語化は目覚ましく、現在Twitter、Instagram、TikTokなど17のSNSを運営し、20言語で情報発信を行っています。 フォロワー数は2021/22シーズン時点で1億4600万人まで増加。

もちろん、ゲーム放送自体にも工夫が凝らされています。 ドローンやシネマティックカメラ、360度リプレイなどを紹介し、放送技術は「世界一」と自負するMajo氏。 彼はまた、世界中の聴衆を念頭に置いて、多くのキックオフ時間を設定しています。

「(スペインでは) 午後 2 時と午後 4 時がアジアのゴールデン タイムで、午後 6 時から 9 時がアメリカからヨーロッパに適しています。多くのことが 5 年前まで前代未聞でした。」 (マジョさん)

これらの取り組みにより、世界の視聴者数が増加しました。 2020/21 シーズンの時点で、アフリカでは 1168% の増加があり、5 年前の 11 倍以上、南北アメリカでは 39% の増加、アジアでは 25% の増加となっています。 世界的には、30% 増加しました。

対照的に、ヨーロッパではわずか 1% しか増加しませんでした。 スペイン国内や欧州内だけにとどまっていたら、このような成長はなかったと言えます。

ラ・リーガの未来

ハビエル・テバス会長。 昨年 8 月の AGM で。La Liga 提供の画像

国際化のいくつかの成功にもかかわらず、ラ・リーガの勢いは衰えることはありません。 「CVC の投資パートナーと共に、今後 3 年間で集中的に国際化を進めていきます」と Majo 氏は説明します。

投資ファンドのCVCは、19億9400万ユーロ(約2500億円)の出資をもとに、ラ・リーガをさらに国際化するプロジェクト「Boost LaLiga」を開始する。 投資の 90% は各クラブに直接支払われ、各クラブはテクノロジー、イノベーション、国際化への投資に最大 70%、選手の契約に 15%、残りの 15% を借金の返済に充てます。 に使用できます

ラ・リーガのハビエル・テバス会長は、「これはラ・リーガだけでなく、他のリーグやスポーツにとっても歴史的なマイルストーンだ」と、尽きることのない野心を隠さない.

マジョは、将来的にスペイン国外でレギュラーシーズンの試合を行う可能性に「イエス」と答えた. 以前、アメリカのマイアミでプレーする計画は FIFA によって承認されませんでしたが、引き続き検討していきます。

「サッカーの国際的な発展は、誰にとっても良いことだと信じています。 米国でプレーすることは、ローカル リーグ (MLS) に悪影響を与えることはなく、NBA と NFL がヨーロッパにやってくる. “

過去 5 年間、ラ リーガは「国際化」への道を切り開いてきました。 CVC による大規模な出資が決定したことで、同社が今後どのようにグローバルな成長を遂げていくのか、今後も目が離せそうにない。