アルファロメオF1チームの周選手とボッタス選手に日本GPへの意気込みを聞いた 目標はコンストラクターズ6位キープ – Car Watch

アルファロメオF1チームの周選手とボッタス選手に日本GPへの意気込みを聞いた 目標はコンストラクターズ6位キープ – Car Watch

アルファ ロメオ F1 チームのドライバーである周関羽選手(左)とバルテリ・ボッタス選手(右)。どちらも私の不器用な英語の質問に真摯に答えてくれるナイスガイでした。

アルファ ロメオ F1 チーム オーレン (Alfa Romeo F1 Team OREN、以下、アルファ ロメオ F1 チーム) は、イタリアの自動車メーカー アルファ ロメオがスポンサーを務める F1 チームで、現在はアルファ ロメオのブランド名で F1 に参戦しています。 レース参戦(母体は旧ザウバーF1チーム)。

アルファロメオとF1の歴史は古く、1950年にF1世界選手権が始まると、1950年にはジュゼッペ・ファリーナ、1951年にはファン・マヌエル・ファンジオが2年連続でドライバーズチャンピオンを獲得。 している。 また、1970年代後半から1980年代半ばにかけてワークスチームに参戦するなど、F1の長い歴史の中で欠かすことのできないブランド名となっています。

今シーズン、アルファ ロメオ F1 チームは、バルテリ ボッタスと周関羽の 2 人のドライバーで競います。 6位と好位置につけています。 アルファは、ロメオ F1 チームの 2 人のドライバーと話す機会があったので、その様子を共有したいと思います。

2人が欲しいアルファロメオは「ジュリアGTAm」、理由はどちらも「速い」

──今回の鈴鹿はどんなレースになると思いますか?

バルテリ・ボッタス選手: 今週末、車にいくつかのアップグレードがあります。 明日の最初のセッション (筆者注: 1 回目のフリー走行 = FP1) では、他のマシンと比較してどこまで行けるかを確認します。 今週末の目標は、お互いにポイントを獲得し、コンストラクターズ チャンピオンシップで 6 位を守ることです。 ここ鈴鹿に戻ってくることができて本当にうれしいです。美しいトラックで、いつもドライブしていて気分がいいです。 このアップグレードにより、マシンの競争力を高め、より多くのポイントを獲得できることを願っています。

周関羽:バルテリと同じ。 まだこのサーキットを実際に走ったことはありませんが、シミュレーターで見た限りでは、最初のセクターは素晴らしいです。 後半も素晴らしく、非常に挑戦的なコースです。 今回行ったアップグレードにより、さらに競争力が高まることを願っています。 シンガポールでのレースはチーム全体にとって難しいレースでしたが、ここでより良いレースができることを願っています。

──ボッタスもこのコースを走ったことがあると思いますが、どのコーナーが一番好きですか?

バルテリ・ボッタス選手:セクター1 全部好きです。 流れのように走ることができます。 そして後半は高低差もあるので、本当に特別で素晴らしいサーキットだと思います。

──Zhou は走ったことはないと思いますが、シミュレーターで走ったことはありますか?

周関羽: 毎週末、サーキットに行く前に必ずシミュレーターに乗っているので、すでにシミュレーターで走っています。 このサーキットには多くの高速コーナーがあり、バルテリが言ったように流動的なコーナーもたくさんあります。 私が運転したすべてのサーキットの中で、シルバーストンは私のお気に入りです。このサーキットには非常によく似た高速コーナーがたくさんあるので、あなたも気に入ると思います。

──ヨーロッパで普段運転するアルファ ロメオの車種は何ですか?

バルテリ・ボッタス選手: ヨーロッパでは、ステルヴィオ クアドリフォリオを運転しています。 でも個人的にはジュリアGTAmが欲しい。 (どちらが好きかと聞かれたら)個人的にはジュリアGTAmが好きです。 理由は簡単、早いからです(笑)。 ただし、ステルヴィオの方が荷物も自転車も積めますので、普段使いにはステルヴィオがおすすめです。

周関羽:普段はジュリア・クアドリフォリオに乗っていますが、個人的にはバルテリのようなジュリアGTAmに乗ってみたいです。 速い車は素晴らしいです。 渋滞時でもジュリアが快適なのも嬉しい。 でも、SUVもいいと思います。 Valtteriは自転車が大好きなので、SUVのようにスペースが重要であることは理解しています。

2人のドライバーが声を合わせたいアルファロメオの「ジュリアGTAm」

両ドライバーともバージョンアップによるパフォーマンスアップが期待される。 コンストラクターズチャンピオンシップ6位維持を目指す

──周は日本GPについてどのように感じていますか? 日本GPは完全に初めてだと思います。

周関羽: このサーキットに来て、クルマを走らせることができてとても興奮しています。 実は日本に来るのは初めてではなく、個人的には来たことがありますが、このサーキットでレーシングカーを走らせるのは初めてなので、熱狂的なファンも含めて特別な雰囲気です。ファン。 今週末以降、より正確な情報をお伝えできると思います。

──今年は残念ながら中国GPは開催できませんでしたが、来年開催予定です。 これは中国に最も近いGPですが、来年の中国GPについてどう思いますか?

周関羽:来年ホームGPが開催されるのはとても良いニュースだと思います。 ホームGPでドライブするのは最高だから。 そして、こんなにたくさんのファンが応援してくれたり、盛り上がってくれたりするのは本当に素晴らしいことだと思いますし、正直待ちきれない気持ちです。

──ボッタスは今年チームを変更し、チームで新しい仕事を始めました。 両チームの大きな違いは何ですか?

バルテリ・ボッタス選手: 最大の違いはチームの規模です。 しかし、予算上限が導入されたことで、以前のチームにいたときと比べて、その差はますます小さくなっています。 ここのチームは、いわば「適切な規模」です。 大企業というより、同族会社のような感じです。 私はそれがとても好き。 ただ、今年の上半期を見ればわかるように、このチームは本当に強くなる可能性を秘めていると思います。

──周は今年、F1デビューを果たした。 しかし、彼は非常に一貫した結果を出し続けており、チームがそれを高く評価していると聞いています。 今年デビューしたばかりなのに安定した成績を残せるのはなぜですか?

周関羽: ドライバーはそれぞれ異なる運転スタイルを持っています。 特に新人にとってF1で成功するのは簡単なことではありませんが、幸運にも自分のペースで進むことができました。 最初の 5 ~ 6 レースは本当にプレッシャーがかかる時期だと思いますが、自分のペースで時間をかけて走ることができました。 そして、結果を急ぐと、間違いを犯します。 そうしないことが大事だと思いました。 ミスをすると、チームの多くの人に迷惑をかけることになります。 私のアプローチは、ゆっくりと自分のペースで少しずつ改善し、それが起こったらさらにプッシュすることです. そのため、レースでは極力クラッシュを避け、他車との無用な接触を避け、マシンをゴールまで運びます。 それが重要なことだと思います。

──私のチームメイトは非常に経験豊富なチームメイトです。 それらのチームメイトは助けていますか?

周関羽: それは正しい。 ルーキーは、バルテリのような経験豊富なドライバーと一緒にチームメイトを組むのがベストだと思います。 年齢や経験が似ているドライバーがいると、チームメイト同士のバトルになることもあります。 その結果、どちらも良い結果を残せない例が多くあります。 若いドライバーは、経験を積むことを忘れがちです。 バルテリのような経験豊富なドライバーとチームメイトを組むことができたので、そうではありません。 彼のデータを見てアドバイスをもらうことで、短期間でさまざまな経験を積むことができました。

──残りのシーズンをどう乗り切るつもりですか? コンストラクターズ選手権で現在の6位を維持することは可能だと思いますか?

バルテリ・ボッタス選手: 私が言ったように、私たちは今週末にいくつかのアップグレードを車に入れる予定です。 金曜日に試してみて、結果を楽しみにしています。 しばらくレースでポイントを獲得できていないので、アップグレードによって競争力が高まることを願っています。 コンストラクターズチャンピオンシップで6位を維持することは十分に可能だと思うし、私の目標はドライバーズチャンピオンシップで10位になることです. とにかくポイントが欲しい。

周関羽: コンストラクターズ チャンピオンシップで 6 位を維持しているチームに注目しています。 主なライバルはアストンマーチン、アルファタウリ、ハースだと思いますが、ここ数年のチームの順位を考えると、現在のランキング6位は非常に大きな進化です。 維持できない理由がわかりません。

.