アフリカ、ガーナ競馬を支える小さな厩舎とジョッキーの一日 写真14枚 | ナショナル ジオグラフィック日本版サイト

アフリカ、ガーナ競馬を支える小さな厩舎とジョッキーの一日 写真14枚 | ナショナル ジオグラフィック日本版サイト

西アフリカ、ガーナの首都アクラにあるコル・ゴンノ厩舎です。 午前10時、調教師と騎手は半円状に並んで休んだ。 時折、笑い声が響く。 一つは屋台で買ったワシェットを食べているところ。 ワチェはガーナ特産の豆入り米で、大きな葉っぱに包まれて売られています。

「私たちは夜明けに馬をビーチに連れて行きます」と調教師のマイケル・アロティは言います。 「ビーチに行くには幹線道路を通らなければならないのですが、早朝は車がとても少ないです。 10時半にここに戻ってきます。」

アクラ ターフ クラブでのレースで、コルレ ゴンノ厩舎の馬。 コースに入る前にパドックでウォーミングアップ。  (AKOSUA VIKTORIA ADU-SANYAHによる写真)

アクラ ターフ クラブでのレースで、コルレ ゴンノ厩舎の馬。 コースに入る前にパドックでウォーミングアップ。 (AKOSUA VIKTORIA ADU-SANYAHによる写真)

私(ニイ・アイクウェイ・パークス)は長年アクラに住んでいますが、コーレ・ゴンノ厩舎の騎手が夜明け前に馬に乗って高速道路を下っているのを見たことがありません。 しかし、今では厩舎は何十年も前のものであり、ガーナの馬文化の不可欠な部分です.

西アフリカにおける馬の歴史は、少なくともマリ帝国が建国された 13 世紀までさかのぼることができます。 マリ帝国時代の武装騎手の素焼きの像 (現在はニューヨークのメトロポリタン美術館に貸与中)、代々受け継がれてきた口頭伝承、騎手と調教師の物語がこの博物館の一部です。 長期的な関係を支持します。

調教師のアロティが厩舎を案内してくれました。 新星のスカイライトや、首都で唯一の競馬場であるアクラ ターフ クラブで連勝中のラッキー ボーイなど、ガーナを代表する競走馬は、コンクリートの壁にもたれかかる木造の小屋に住んでいます。 している。 小屋の前では、牝馬と子馬が放牧されています。

2 歳の種牡馬、ティズ・ザ・ロウは、競馬場での最初のトレーニングの準備をしています。 奥に見える木造の厩舎は、馬同士が接触しないように仕切られています。  (AKOSUA VIKTORIA ADU-SANYAHによる写真)

2 歳の種牡馬、ティズ・ザ・ロウは、競馬場での最初のトレーニングの準備をしています。 奥に見える木造の厩舎は、馬同士が接触しないように仕切られています。 (AKOSUA VIKTORIA ADU-SANYAHによる写真)

若い種牡馬、ラッキー ボーイの毛づくろいをするためにホルターを装着するジョッキーのエロルム オーク。  (AKOSUA VIKTORIA ADU-SANYAHによる写真)

若い種牡馬、ラッキー ボーイの毛づくろいをするためにホルターを装着するジョッキーのエロルム オーク。 (AKOSUA VIKTORIA ADU-SANYAHによる写真)

アクラ・ターフ・クラブへの輸送を待つ「ティザロ」と厩務員のクリスチャン。 (AKOSUA VIKTORIA ADU-SANYAHによる写真)

若い競走馬は、トレーニングの前に身だしなみを整えるために厩舎の脇につながれていました。 タイヤは隣接するサッカー場との境界を示し、馬が準備をしている間、サッカー選手は試合の練習をしていました.  (AKOSUA VIKTORIA ADU-SANYAHによる写真)

若い競走馬は、トレーニングの前に身だしなみを整えるために厩舎の脇につながれていました。 タイヤは隣接するサッカー場との境界を示し、馬が準備をしている間、サッカー選手は試合の練習をしていました. (AKOSUA VIKTORIA ADU-SANYAHによる写真)

なぜか牛も2頭。 Arroti は低木の木陰に座っている人々に私を案内し、騎手の 1 人が収入のために牛を飼育していると説明しました。 Corle Gonno Stables の人々は、馬との長い付き合いにもかかわらず、馬だけで生計を立てている人はいないと言います。

デニス・アヒナクワとデイビス・アヒナクワは双子の騎手です。 彼の祖父は騎手でした。 アロティの曽祖父も騎手でした。 厩舎のマネージャー、モハメド・ジャラの家族は何世代も前にマリから移住してきました。 モハメドの父、ババ・ジャラは有名な調教師で騎手であり、叔父のカンタラ・カマラはガーナで最も成功した騎手の一人でした。

アフリカ・ガーナの競馬を支える小さな厩舎での一日。 14枚(写真クリックでギャラリーページへ)

アフリカ・ガーナの競馬を支える小さな厩舎での一日。  14枚(写真クリックでギャラリーページへ)
アフリカ・ガーナの競馬を支える小さな厩舎での一日。  14枚(写真クリックでギャラリーページへ)

「ラッキーボーイ」(左)と2歳牝馬「スカイライト」(右)をレンタルトラックに乗せる。 コルレ ゴンノ厩舎からアクラ唯一の競馬場であるアクラ ターフ クラブまでの距離は約 30 km ですが、交通量が多いと車で 2 時間以上かかる場合があります。 (AKOSUA VIKTORIA ADU-SANYAHによる写真)

厩舎では朝風が砂を巻き上げている。 彼らは大声で、ユーモアを交えながら、ガ語 (私の母国語であるアクラ周辺で話されている言語) で話します。 馬に関しては、彼らは本当に雄弁です。 ガーナ軍によるサラブレッドの乱用について、サラブレッドが欲しくても繁殖用の新しい馬を持ち込むお金がないこと、そして地元の馬について。 彼らは、ナショナル ダービーで 2 度優勝し、ガーナで唯一優勝した「サンドリング」のことを誇らしげに思い起こします。 (参考記事:“[Video]ドローンが見たロボットジョッキーキャメルレース」)

次のページ: 馬のある暮らし

.