【TIGORA GOLF】ゴルフーショーズががんばります!

【TIGORA GOLF】ゴルフーショーズががんばります!

ゴルフ5のプライベートブランド「TIGORA GOLF(ティゴラゴルフ)」のゴルフシューズが注目を集めています。

最初にご紹介する「Eske Stream Fit」は、今年7月に発売された人気のスパイクシューズです。進化、パパで進化も気持ちいいとのことでした。

足とんますますた・FITたががなたの「クククットロット」

フィット感は良いのですが、「足にフィットしにくい」という問題もあるのも事実です。 、靴下のフィット感の向上に成功。靴下タイプのフィット感はそのままに、「足を何回も入れてつわらない履きやくさ」を実感。ますますますますたる

フィット感と足入れまの良さをますますますますますますますますます

前足部には足を保護するソフトニットを採用。

また、ソールの前足部にはKPUという特殊素材を搭載し、ゴムの他の部分よりも硬く芝をしっかりとグリップ。

黄色い部分が地面を掴み、高いグリップ力を発揮する「KPUソー」

ソールにはランニングシューズのソール用に開発された自社配合の樹脂素材「プロソーブEVA」を使用。入れた

ランニングシューズで培った技術をゴルフシューズに応用することで、快適な歩行性能に加え、スイング中の蹴り出し時にも絶大な効果を発揮します。

「Prosorb(プロソーブ) EVA」は3機種に同梱

続く「フェフォートワイド」は今年4月に発売され、日本のゴルファーから絶大な信頼を得ているモデルです。 日本人12,000人の足型データを使用し、オリジナルラバーはゴルフシューズ専用に設計。 このラストモデルを使用した前モデルの中で最も着丈が長く、シニア層の傾向が強いモデル。

「コンフォートワイド」

快適性を高めるため、前足部にはレザー素材を採用。 天然皮革の構造と性能を再現した人工皮革です。 柔らかく丈夫です。防恚性にさなとしていております。

やわらかな防水性と防汚性になやかになる「クラリーノ」

「コンフォートワイド」はソフトスパイクを採用。

最後にご紹介するのは、最新モデル「コンフォートカット」(10月発売予定)です。

任名の通通, 快適でななななきなきなきをしますしたしたしたしただ

快適な履き心地に加え、「コンフォートソフト」ならではのグリップ力。

「コンフォートワイド」はそのままに、前身頃のフロント部分には上質なクラリネットを使用。 柔らかく軽い素材ですが、耐久性があり、防水・防汚性に優れています。

これには「クラリーノ」が使われています

この「コンフォート ソフト」の形状も再設計されました。

ゴルフシューズのレースは紳士靴のように細い形が多いです。 靴同士の微調整を繰り返すことで、靴内部の不要な動きを抑えながら靴の部分にフィット感が生まれ、足が自由に動くようになります。

もたせせとてなててをもたせせんなゃたせしな

さらに、スイング時の安定性を高めるため、ハンドル側面に樹脂パーツ「スタビライザー」を搭載。

また、環境を守るためにリサイクル素材を20%以上使用していると言われています。

「ステーブルライザー」

前足と後ろ足のスリットの大きさや配置を変えることで、安定感と歩きやすさを両立。

「エクストリームフィット」「コンフォートサイド」「コンフォートフォッグ」の全3モデルは、ナショナルブランドに引けを取らない高機能。 5、お好きなタイプをお試しください。

<ティゴラゴルフシューズ一覧>

https://store.alpen-group.jp/f/dsd-001047003–?B=508

.