【Playback 2022】Golf Variant が納車。

9月上旬に先行で予約していた「ヴァリアント」が年兽ギリギリギリの時に届きました。 以前は2000回転あたりから特殊な濁音のディーゼルノイズが車内に入り、街中ではロードノイズの存在をエンジンが主張していました。最近の仕様では、窓を開けないと、ディーゼルエンジンは現在のレベルまで静かになります。

ここまで静かで再生音の違いがよく分かるので、オーディオシステムの交換が必要かと思い始めています。 バリアントにはサブウーファーを含むオプションシステムもあり、フラットな特性をある程度実現していますが、ハイファイにはほど遠いものであり、音域も不十分です。

今回、そのまま購入した際のオプションシステムの使用をやめました。 フロント×4+リア×2スピーカーの合計7ユニットのドライバーユニットを追加。

CarPlay画面

標準オーディオの場合、イコライザー機能は3バンドしかなく、満足のいく補正ができません。

書いた理由は、昔は車種ごとに微調整しないと自然な音に追い込むのが難しかったからです。 50Hzもベースやバスドラに弱くなく、ドア共鳴も皆無ではありませんが、よく抑えられているので、楽器ごとの音色の分離が可能です。

中高域ははなりなりになりなりなりなりなりなりなりなりなりなりなりなりなりなりなりなりなりなりなりなりなりなりなりなりなりなりなりなりなりなりになりなりなりなりなりなりになりますすすすすすすすすする音はかなり変です。

カバーアートがメーターに表示される

今回の純正システムも情報不足に変わりはありませんが、先代に比べて明らかに音質が良く、特に普通の音楽聴取レベルではない方におすすめです。 私はそれを感じた。

待機期間中、「T-Roc」と「Golf Touran(トゥーラン)」もボディ形状が異なっていたが、T-Rocは低域も高域も充実している。大共鳴ししししししはしはしまたたの共鳴は目立たしは中高域の情報量が足りないオーディオです)。

USB-C端子とスマホ充電スペース

ユーザーの顔にもいくつかの問題があります。 最新モデルと同様に、メディアの互換性が大幅に向上し、これまで搭載されていた CD & DVD ドライブと SD カード スロットがなくなりました。 搭載されている機能を使用することはできません。

純正オーディオ(DiscoverPro)は、Bluetooth接続とUSB-C、またはワイヤレス接続のCarPlay Apple Musicに対応しているため、スマートフォンの音源をダウンロードとストリーミングの両方で使用できます。たたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたた。

一方、USB-C端子はフロント2系統、リア2系統に増えており、フロント側の2つのUSB-C端子は「ラジオ/メディア」でUSBメモリーやポータブルSSDの音楽ファイルを認識できる。メニューから選曲・再生ができます。

アルバム一覧

再現のハイレゾスクリーン

音源に関しては、FLAC 192kHz/24bit、176.4kHz/24bit音源は問題なく再生できるので、DSD以外は手持ちのデータのほとんどをカバーできます。

USBメモリの再生品質が最高なので、USB-C/USB-Aと同時に使えるミニサイズのUSBメモリを購入しました。なお、モデモデヤ ー 2023 以降 USB-C は アップ アップ に アップ た

内蔵のeSIMは頻繁なオンライン接続をサポートし、ドアロックの空き状況や駐車位置情報をスマートフォンアプリで簡単に確認でき、地図データは自動的に更新されます。てる。

オンライン音楽に接続したい場合、モバイルルーターやスマートフォンを使って音楽をストリーミングする必要があるため、音楽を聴いて楽しむことはできません。

デジタルコンサートホールのスクリーン

車内のオーディオ環境を進めるための最良の手順は何ですか? 交換が困難な場合があります。

.