【試乗インホー】フォルクスワーゲン「ゴルフヴァリアント」追加 2.0 リッターディーゼルフィック / – Car Watch

トップレベルのディーゼル洗浄技術を採用

新しいパワートレインとして「ゴルフ ゴルフ バリアント」に新しいパワートレインが追加され、大きく普及しました。

ゴルフヴァリアントは大きなラグジュアリールームで、ゴルフはその魅力を活かした実用性。SUVも面白いが、車の大きさがちょっと…。

ゴルフヴァリアントは、全長4640mmに最大1642L(2列シート使用時は611L)の大型ラゲッジルームを装備しつつ、全高1485mm、全幅1790mmに抑えたサイズ感。なててる。 また、ホイールベースは2670mm、最小回転半径は5.1m。

「カフェ車は「ゴルフヴィリアント TDI R-Line」(441万6000円)。 標準装備に加え、走行モードの切り替えが可能なドライビングプロファイルやシートヒーターなどの快適装備も全グレードに標準装備。

搭載された2.0 TDIは、ハッチバックに既に導入されていた新世代ディーゼルエンジンで、1年後に派生型に追加された。 排気ガスの上流側には、窒素酸化物を分解するAdBlueを噴射し、SCR(選択触媒循環)システムにより低負荷で窒素酸化物を除去します。 SCRシステムは、ディーゼルエンジンの弱点である窒素酸化物を浄化します。 その効果は、厳しさで知られる最新の「EURO 6」をクリアすること。

4ゲートウェイ2.0 リッターターボのボア×ストロークは81×95.5mmのロングストローク。 出力は110kW(150PS)/3000-4200rpm、最大トルクは360Nm(36.7kgfm)/1600-2750rpm。 強い加速があることが分かります。

ゴルフ ヴァリアントの 4 気筒 DOHC 2.0 リッター ディーゼル エンジンには、最新技術であるデュアル アドブルー インジェクション システムを採用することで窒素酸化物 (NOx) の排出を低減する最新技術が搭載されています。 WLTC モードでは L。 最高出力は110kW(150PS)/3000~4200rpm、最大トルクは360Nm(36.7kgfm)/1600~2750rpm。

質実剛健のツドショード

エンジンを始動するとDeezer特有の音と振動があります。 以前の Deezer よりもはるかに控えめです。

TDIは低速からのトルクが高く、加速が力強く力強い。に祭成さる、低中速トルクとビッグTDIの相性の良さを感じる。

ゴルフバリアントのボディサイズは4640×1790×1485mm(バレル×全幅×全高)、ホイールベースは2670mm

街中でのストップ&ゴーでも扱いやすいのが特徴です。 扱いやすいです。 アクセルワークの少ない加速は、最新のディーゼルエンジンの醍醐味。 さらに高速クルージングは​​ディーゼルエンジンの真骨頂。が定評だだだ。定評所以だはWLTCの高速22.2km/L(基本モードは14.5km/L)モードで、長距離ドライブが多いユーザーには魅力的。

サスペンション:前:ストラット、後:4リンク。 試乗車のグレードであるTDI R-Lineは、225/45R17タイヤに専用スポーツサスペンションを装着。ますますしたしたして

ヴァリアントはバッチェよりホイールベースが50mm長く、レスポンスがやや鈍い。あり、まさしす「安全のエルフ」だ。

設備も充実。 同車両には全車速運転支援システム「トラベルアシスト」、両面液晶ディスプレイからなる「デジタルコックピット」、シートヒーター、ステアリングヒーターも標準装備。

デジタルコクピットは全てディスプレイで操作するのではなく、ダッシュボードのスイッチでエアコンなどを操作できるので、すぐに温度調節ができます。 慣れればすぐに使えます。

TDIモデルの価格はアクティブベーシックが374.9万円、Rラインが441.6万円。

.