【米国市況】145円台前半、FRB回答者発言で利回り上昇株-続落 – Bloomberg

【米国市況】145円台前半、FRB回答者発言で利回り上昇株-続落 – Bloomberg

6日の米株相場は続落。米雇用の発表を7日に控え、持ち直し統計を試す動意は限られた。はじりじりと上げて145円台前半。

  • 米国株は続落、FRB受信者のタカ派発言など重し-雇用統計一時停止
  • 米国債は下落、10年債利回り3.82%に上昇
  • ドルは全面高、利回り上昇などで145円台前半-地下安い
  • NY汚染は4日連続伸張、88ドル突破-OPECプラス減産や供給で
  • NY金先物は変わらず、米経済指標が強弱まちまち-雇用待ち統計

S&P500種株価指数は前日比1%安の3744.52。ダウ工業株30種平均は346.93ドル(1.2%)安の29926.94ドル。ナスダック総合指数は0.7%低下。

米暫定保険申請、予想以上に増加し21.9万件-なお歴史的低水準 (2)

ミネア連銀のカシュカリ総裁は、米金融入金はスタート鈍化の開始を終了しておらず、利上げサイクルを休止するのは「かなり先」になるとの考えを示した。実行者たちは高い水準のコア加速を排除しているとし、政策精度は来春までに4.5-4.75%に注入可能性が高いとの認識を示した。

カシュカリ総裁、利上げ休止は「かなり先」-まだ仕事ある (1)

順次連銀総裁、政策金利は4.5-4.75%に-23年春までに

早速・グループのチーフマーケットストラテジスト、リッチ・スタインバーグ氏は「市場は非常に高いボラティリティーになお見舞われるだろう」と指摘。ニュースと悪いニュースの間での綱引き状態が続くだろう」と述べた。

BMOキャピタル・マーケッツのチーフ投資ストラテジスト、ブライアン・ベルスキ氏は「高インフレや金融政策引き締め、サプライチェーンの問題、経済成長、地政学的な不透明感に関連した不安に市場が直面している中、米国株」しばらくの間、ボラティリティの高い状態が継続して公算が大きい」と指摘した。

米国債相場は下落。ニューヨーク時間午後4時23分現在、10年債利回りは7ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の3.82%。

ドル高が回復するにつれ、ポンドの上昇は鈍化した

為替市場ではドル指数が上昇。対円では145円台に戻り、日本が介入を実施する前の水準を試した動きとなった。

【NY外為】ドル上昇、145円台-米金融指図者のタカ派発言で

主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.7%上昇。ニューヨーク時間午後4時24分現在、ドルは対円で0.3%高の1ドル=145円13銭。ユーロは対ドル。で0.9%安の1ユーロ=0.9798ドル。

石油輸出国機構(OPEC)と非加盟の主要産油国で構成する「OPECプラス」が2020年以来の大規模な減産を発表したことを受け買いが続いた。

アゲイン・キャピタルの創業パートナー、ジョン・キルダフ氏は「もろさが緩和中、今回のOPECプラスの減産が収まり、一段とはっきりと影響が表れている」と指摘。冬の天候や中国が新型コロナウイルス対策ロックダウンの緩和に取り組む可能性も必要サイドのボラティリティーを高める可能性がある、と答えた。

WTI 先物は 50 日移動平均線を超えて取引されました

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物11月限は、前日比69セント(0.8%)高の1バレル=88.45ドルで終了。 ロンドンICEの北海ブレント12月限は1.05ドル高の94.42ドル。

先物は前日比変わらずで引けた。この日発表されたデータでは米経済が弱まちまちな状況にあることが引き続き示唆されており、米金融の測量範囲を曇らせる格好になっている。となった。

オアンダのシニアマーケットアナリスト、エド・モヤ氏は「米雇用統計の発表が待たれている中、金は安定しているようだ」と指摘。最近の雇用関連指標は「強弱まちまち」だとし、これは「金の値動きが7日は荒いことを意味する」と話した。

.