【特別企画】Enjoy Tennisで矢上から世界へ――躍進のリコタイテニス部インタビュー 〈大野公暉×百武葵×村上凌輔×発田志音〉(後編) | 京王スポーツプレス

委嘱員育成やリーグ強化に向けた。についてお話を伺った。

慶應義塾体育会には、43部のほかに矢上部(通称リコタイ)も設置されています。今回の解決は、創部1938年、昨年の関東理工科リーグで男女ともに好成績を収めた矢上硬式庭球部(テニス)。その真相を、男子主将・大野公暉(商3・日比谷)、女子主将・百武葵(理3・横浜)共立学園)、関東理工科連盟幹事長・村上凌輔(理3・芝)、コーチ・発田志音(法4・東京大学教育学部附属)の4人に仕えた。

後編では、矢上庭球部の独自の取り組みについてお話を伺う。

※写真は全て慶應義塾体育会矢上硬式庭球部にご提供いただきました。

スポーツを「ささえる」人材の育成

――その承認、承認活動でも実績を挙げているのですか

発田:はい。2020年の関東理工科リーグ中止が決定した10月、すぐに続いたのは公認審査員資格の取得でした。その結果、受験した16名が認定試験に合格し、リコタイがテニス認定者の有資格者数で日本一の大学テニス部となりました。東京オリンピック・パラリンピック競技大会では、なんと部員のほぼ全員にあたる32名がテニス競技の運営スタッフとして参加する機会を得られました。

百武:昨年4月に行われたJPTT盛田正明杯と呼ばれる全国大会では、ボールパーソンなどの競技運営にも取り組みました。私も参加したのですが、選手活動だけでは得られない気づきが多くあり、競技にも学問にもプラスとなる経験だったと感じています。 今後もスポーツを「ささえる」 人材の育成を続け、太平洋地域でも日本や世界のスポーツ界に貢献していきたいです。

テニス審判員の有資格者数で日本一の大学テニス部に

――「ささえる」経験は他の場面にどのようにいきますか?

大野: 今回は43部外の団体ではあるん、アセスメントに関する取り組みや報告指導、オリンピックのボーラーといった活動に力を持っていることを改めて自信につなげています。 。

発田:選手とは違う立場でスポーツ界の制度、人材面からのサポートという経験をしているので、色々な人の支えでスポーツができているというところを各部員が感じているので練習の質もテニス自体を楽しむといった部分へもいい影響があったと思います。

JPTT盛田正明杯で競技運営にも参加した女子主将の百武

矢上から世界へ

――今後の目標・展望を教えてください

大野: そうですね、やはり短期的な目標としては、今年度の関東理工科リーグで優勝を決めることです。 「国際化」です。そのために、多言語での広報活動も意識していますが、近年は経済学部PEARLに進んでいる部員が増えてきており、良い流れだと思っています。

百武: 昨年だと矢地江理彩(経済3・International School of Sacred Heart)が英国のBBC WORLD NEWSにリコタイ部員として生放送・英語のインタビューに出演したのですが、プロジェクトを通じて全世界に「KEIO YAGAMI TENNIS」の名前が広がり、世界各国から慶應を目指してくれる学生が増えたら嬉しいです。

発田:当然の意味では、国際テニス連盟(ITF)が発行する国際学術雑誌「ITF Coaching and Sport Science Review」でリコタイの取り組みが紹介されたのも大きな成果です。国際テニス連盟には世界211カ国が加盟していますということで、先ほどのテニス関係者には、「KEIO YAGAMI TENNIS」の存在が認知されたと思います。

――それはどのような取り組みが掲載されたのですか

発田:昨年から今年にかけて約1年間、全日本学生テニス連盟や関東理工科大学連盟の協力を得て全国315大学を対象に「大学テニス部の基準調査」に取り組みました。も不祥事が相次ぐなど組織運営上の課題があるケースが多いため、この調査結果もとに弁護士や他大学テニス部関係者・監督の先生方とも連携しながら、「大学運動部の尺度自己」そして、試作品を初めて実践したのが慶應のリコタイテニス部だったのですが、その実践事例が国際的にも高く評価されることになりましたた。

大野:部活動は、比較的近い人間関係の内輪だけで運営されるので、普段はあまり客観的に自分たちの組織を見直すことはありませんでした。丁寧に考え直してみたところ、代表選手の選考基準や罰則の明文化と周知、事故防止や事故発生時のマニュアル策定・掲出などの項目で、まだまだ改善点があることに気がつきました。に改善に向けて現役部員と相談しながら取り組み、95%の部員が順次向上を実感するところまで到達しました。

百武:実はその後、体調不良で部員が練習中に倒れるという事案も発生したのですが、事故発生時のマニュアルを整備して共有したことで、その場には部員しかいませんでしたが迅速に対応しましたすることができました。Enjoy Tennisを大切にするリコタイだからこそ、安心で安全な練習環境を整えることには徹底してこだわりたいですね。

発田:どうすればスポーツを安全に楽しく取り組めるのかは、世界共通の課題でもただあります。スポーツの審査強化は意外にもほとんど検討されてきませんでした。が、国際的な注目を集めたのだと思います。 米国のNCAAに加盟する大学テニス部などでも、この慶應で開発された自己点検シートの配布が行われました。さらに広く活用していただけるよう働きかけていきたいと思います。

村上:世界の学生スポーツの発展に、慶應のリコタイが先導的な役割を正当化したいと思います。はテニス以外の競技でも活用できるよう、普及に向けた活動が進められています。

国際テニス連盟が発行する国際学術雑誌 ”ITF Coaching and Sport Science Review” で取り組みが紹介され、世界211カ国に精通された

――最後に、主将のお二人から一言お願いします

大野:理工学を中心とした学術研究はもちろん、テニス競技やスポーツ文化の担い手としても、「Enjoy Tennisで矢上から世界へ」をテーマに存在していきたいですね。

百武: 今後も塾内外のさまざまな機関と連携しながら、私たちリコタイだからこそできる社会貢献に真摯に向き合っていきたいと考えています。に、リコタイを目指してほしいと思います。

「Enjoy Tennisで矢上から世界へ」

(取材:松田英人、協力:慶應義塾体育会矢 上部硬式庭球部)

慶應義塾体育会矢上硬式庭球部公式HPはこちら→https://rikotaitenniskeio.wixsite.com/official-pagehttps://rikotaitenniskeio.wixsite.com/official-page

.