【フォルクスワーゲンR ゴルフ試乗記】洗練がる「R」はインテリジントでレーシーな世界へ |オートホーブ

2022 年にはゴルフ 8 GTI と TDI がデビューし、10 月にはゴルフ R、ゴルフ R バリアント、ゴルフ バリアント TDI が導入される予定です。 先にゴルフRを試乗したのでお話しましょう。

存在感を放つR専用デザイン

ゴルフ8のゴルフRは、ゴルフ史上最強の高性能モデルです。 特徴は、エンジン出力、向上した運動性能、R専用装備の採用。

まず、エンジンはEA888型4気筒エアシリンダーインタークーラーと同じですが、evo3からevo4にバージョンアップしています。 高圧燃料噴射としては異例の200barから350barへと圧力を変更。

その結果、出力は310psから320psに、トルクは400Nmから420Nmにアップ。 WLTCは12.3km/L。

先代から更新されたEA888型evo4エンジン

また、シャシーも大幅に改良され、新たに4Motionシステムを搭載。 トルクベクタリングのタイプに進化しています。

リヤアクスルには左右のトルク配分をコントロールする多板クラッチを2基装備。 スタビライザーの割合は、以前のものより10%高くなっています。

サスペンションレイアウトはフロントがストラットのマルチリンク。 そして、車両はより正確な制御に変更されました。 前述の 4Motion コントロールと高度に統合され、ドライビング ダイナミクスを最大化し、快適性を向上させます。

アイドシルはR専用ボディカラーは同色

エクステリア、インテリアともに専用装備を多数装備。 タイヤは18インチが標準、19インチはオプション。

インテリアでは、ヘッドレスト一体型スポーツシートやカーボン調の加飾パネル、メータークラスター内のR専用ディスプレイなどを装備。

ボディは全長4295mm、全幅1790mm、全高1460mm、ホイールベース2620mm。

さて、フックックのドライビングモードはははますますなななたしななななたしなたしたしますしたしましたしたしましたしますすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすたしたすたしたすたしたすたしたしたしたすす

するとエンジン音が大きくなり、レーシングサウンドに変わります。

巻き方のねじれは新しい左右トルクベクタリングです。 にななううになたさなさなさてさささささなさなさんになさなさん

また、スポーツシートや可変ウインドシールド装備もハンドキャリー仕様で、フィードロートモードにすると身体の感触を感じるのはあなただけではありません。 人によると思います。 これまでのGTIはRが知的な印象だったが、ドライビングモードによってはRも知性を感じさせる。 高性能車を感じさせるオートラがあります。

価格

ゴルフR:639万8000円(税込)
ゴルフ R ヴァリアント:652万5000円(税込)

諸元表

.