『ALL BASKETBALL ACTION 2022 in 仙台』開催のご案内 – ALL BASKETBALLで日本を元気に –

当協会 (JBA) および、日本障がい者バスケットボール連盟会員である一般社団法人日本車いすバスケットボール連盟 (JWBF) は、両団体共同の事業として『ALL BASKETBALL ACTION 2022 in 仙台』を、来た8月11日 (木)~8月14日 (日) にゼビオアリーナ仙台 (宮城県仙台市) において開催される「三井不動産カップ2022 (宮城大会)」および「SoftBank カップ 2022」において実施いたします。
また、このプロジェクトに、日本譲渡相互会社 (本店:大阪府大阪市、代表取締役社長:清水博以下「日本生命」) をプロジェクト共創パートナーに迎え、プロジェクトタイトル名を『ALL BASKETBALL ACTION 2022 in 仙台』 supported by 日本生命』とすることをお知らせいたします。

JBAは、ALL BASKETBALLの実現を目指し、2018年に日本障がい者バスケットボール連盟を設立。障がい者の選手を含めたバスケットボールファミリー全体で「バスケで日本を元気に」の理念の実現を目指す取り組みを強化しジェンダーや国籍、障がいの有無などの違いを越えて、あらゆる人に楽しんでいただくことのできるバスケットボールには、社会の多様性の受けになるとともに、日本社会にダイバーシティ、エクイティ & インクルージョン ( DE & I)の考え方を広めていく力があると考えています。

東京2020オリンピック・パラリンピック開催から一年となるこの8月のタイミングで、JBAとJWBFさらには本取り組みにご賛同いただいた、JBAおよびJWBF両団体のパートナーである日本生命様の協力も得て、3者で協力しエキシビションと体験会を開催することにより、バスケットボールジョイントしたDE & Iの理解・推進を目指し、今後も継続的な事業を行ってまいります。

■『ALL BASKETBALL ACTION 2022 in 仙台 supported by 日本生命』開催概要

1) 大会1:ハーフタイムエキシビション
『ALL BASKETBALL ACTION 2022 in 仙台 supported by 日本生命 車いすバスケチャレンジ』

【日時】
・2022年 8月12日 (金) 三井不動産カップ 2022 ハーフタイム
・2022年 8月13日 (土) SoftBank カップ 2022 ハーフタイム

【参加予定者】
・8月12日(金) 車いすバスケットボール:石川理恵 香西宏昭、藤井郁美、藤本怜央
バスケットボール (健常者 / 5 人制):調整中 (決定次第、発表)
・8月13日 (土) 車いすバスケットボール: 石川理恵 香西宏昭、藤井郁美、藤本怜央
バスケットボール (健常者 / 5人制):調整中 (決定次第、発表)

【主な内容】
JBA・JWBF両団体参加者による車いすデバスケットボールモンストレーション
JBA・JWBF両団体参加者によるシュートチャレンジ

2) イベント2:体験会
『ALL BASKETBALL ACTION 2022 in 仙台 supported by 日本生命車いすバスケットボール体験会』

【日時】
・2022年 8月12日 (金) 16:00~18:00 (予定)
・2022年 8月13日 (土) 16:00~18:00 (予定)

【会場】
HALEO DOME ハレオドーム
(所在地:〒982-0007 宮城県仙台市太白区あすと長町1丁目4-30)

【主な内容】
競技用車いす操作体験
シュート体験など

【関係者コメント】
○公益財団法人日本バスケットボール協会 会長 三屋裕子
「ALL BASKETBALL ACTION」は私どもが理念として「バスケで日本を元気に」を実現するための非常に大切な取り組みです。をいただくことによって「ALL BASKETBALL ACTION 2022 in 仙台」を開催できることは、今後のさらに広がりに向けて、大きな意義があることだと思います。 今回の取り組みを皮切りに、今後ますます関係各所との連携を図り、「オールバスケ」の輪を広げていくプロジェクトに着手していきたいと考えます。
バスケットボールを通して多様性への理解を広げ、誰もが自分らしく生きられる社会を実現するために、皆様におかれましては、引き続き日本バスケットボール界に対する応援をいただけますよう、よろしくお願いいたします。

○一般社団法人日本車いすバスケットボール連盟会長 玉川敏彦
今回の取り組みにご理解いただき、サポートいただいたJBAの皆様、バスケットボールファミリーの皆様、そして協力パートナーである日本生命様に、連盟を代表して深く御礼を申し上げます。
昨年の東京2020大会は、車いすバスケットボールを本当に多くの皆様に見ていただく機会となりました。後、創立50年目を迎えますが、同じ年にある2024年パリパラリンピックに向けて、バスケットボールファミリーの境界として各団体や企業様と連携を深め、バスケットボール全体の更なる発展につながりし、ファンの皆様にも喜んでいただけるよう、この取り組みを推進してまいります。

○日本証印 会社常務執行役員 相互高田保豊
この度、「ALL BASKETBALL ACTION 2022 in 仙台」に関われることを大変光栄に思います。
当社は、アスリートの活躍と、支える人々の想いを通して、「応援すること」や「支えること」の大切さを社会に広く伝えていきたいという思いから「Play,Support. バスケットボール・車いすバスケットボールをはじめ、さまざまな競技・アスリートの応援取り組みを全国各地で展開し、より良い地域・社会づくりの貢献にに向けて日々活動しております。
昨年、日本中にたくさんの希望や感動を届けてくれたバスケットボール競技を一層盛り上げていくために、JBA・JWBFの皆様と相互連携・融合を図り、「ALL BASKETBALL ACTION」をきっかけに多様性への理解促進に繋げていこうと思って、バスケットボールバレーたよりよい地域・社会創りに貢献していきます。

【車いすバスケットボール出場者プロフィール】
○藤本怜央(ふじもとれお)
【生年月日】 1983年9月22日 (38歳)
静岡県出身。小学3年の時に交通事故で右足を切断。義足を履きながら、小学校時代は主にサッカー、中学・高校時代はバスケットボールをしていた。
高校 3 年のとき、初めて見た車いすバスケットボールにクラッシュされ、大学進学と同時に宮城MAXに入る。 天皇杯 (日本選手権) では、2016年まで12度の得点王、4度のMVPに輝き、チームの11連覇に貢献。
パラリンピックには2004年アテネ、2008年北京、2012年ロンドン、2016年リオデジャネイロ、2021年東京大会の5大会連続で出場。

○香西宏昭 (こうざいひろあき)
【生年月日】 1988年7月14日 (34歳)
千葉県出身。高校1年生の時にU23日本代表に選ばれ、高校卒業後単身アメリカに渡り、2年半英語を学び、2010年イリノイ大学に編入する。全国大学選手権優勝、2012年、2013年には2年連続で全米大学リーグのシーズンMVPを受賞。
パラリンピックは北京大会、ロンドン大会、リオデジャネイロ大会、そして東京2020大会が4回目の出場となる。東京2020大会で銀メダル獲得。

○藤井郁美 (ふじいいくみ)
【生年月日】 1982年11月2日 (39歳)
15歳の時に悪性骨肉腫を発症し、右大腿骨・膝を人工関節に置換。20歳から車いすバスケを開始。2006年から男子の強豪チームである宮城MAXに参加し、2008年には、パラリンピックに初出場、4位入賞を果たした。
その後も女子日本代表として、アジアパラ大会やAOZにも出場。東京2020大会では、女子日本代表の共同キャプテンとしてチームを引き、6位入賞の好成績をおさめた。

○石川 理恵 (いしかわりえ) (旧姓 小田島 理恵 おだじまりえ)
【生年月日】 1989年4月1日 (33歳)
埼玉県出身。2011年、22歳のとき、事故に遭った脊髄損傷麻痺となり、右下肢と体幹の機能が低下。退院後にリハビリで通っていた障がい者スポーツセンターで開催されていた体験会で、車いすバスケットボールに出会う。
2013年、東京の女子車いすバスケットボールチーム「GRACE」に加入。
2016年、女子日本代表に初めて選ばれ、国際親善女子車いすバスケットボール大阪大会などに出場。
2021年、女子代表として東京パラリンピックに出場。