「馬の能力を育むレースづくり」番組委員 大江さんが語るばんえい競馬の面白さ – 北海道Likers

「馬の能力を育むレースづくり」番組委員 大江さんが語るばんえい競馬の面白さ – 北海道Likers

競馬は「公営競馬」と呼ばれ、国や地方自治体が主催する競馬です。 ギャンブルが禁止されている日本では、競馬の収益を支払うことは健全なビジネスとして法律で認められています。 たとえば、帯広市は、北海道の帯広で開催されるばんえい競馬を主催しています。 また、競馬を開催・管理する職員は、常に厳格な法律に則り、公正に業務を遂行することが求められます。

今回は、ばんえい競馬実行委員会の大江史明さんにお話を伺いました。 プログラミング委員としての仕事や、ばんえい競馬で働くやりがいについて語った。

大江文昭。 1987年生まれ。宮城県生まれ。 帯広畜産大学を経て、当時は民間の運営会社を経て、現在は北海道有線放送株式会社に勤務。番組編成委員としてフェアばんえいの運営に携わる。競馬。

ばんえい競馬で働く人

みんなのアイドルリッキーからプログラミング委員会まで

大江さん

このインタビューはオンラインで行われました。 出典:北海道Likers

北海道ライカーズ川原ライター:ばんえい競馬に就職したきっかけを教えてください。

大江さん:学生時代、帯広競馬場のマスコットキャラクター「リッキーくん」の着ぐるみでアルバイトをしていました。 帯広でしかできないし、競馬が好きだったので「レースを見ながら仕事ができるっていいな!」と思いました。 マスコットキャラクターが集まるイベントで徒競走をしたり、札幌のテレビ局にばんえい競馬の宣伝に行ったり、番組に出演したり(笑)。

リッキーの時代

あの頃は「リッキーくん」が大活躍だった 出典:十勝ばんえい

この経験のおかげで、そこで働いている人たちと知り合いになり、手伝っているうちに当時の運営会社から仕事のオファーがありました。

北海道ライカーズ川原ライター:プログラミングについて教えてください。 競馬番組とは?

大江氏:「番組」と聞くとテレビ番組をイメージする方も多いと思いますが、本来の意味での番組とは「競技の組み合わせ」「番組の組み合わせ」です。

競馬プログラミングとは、レースの仕組みを整えたり、走るための条件を整えたり、各レースに出走させる馬を選んだりするなど、レースを開催するための大枠を作る作業のことを指します。 テレビ番組に例えると、競馬を統括するプロデューサーの役割。 各レースを馬券販売の商品と考えれば商品展開のイメージです。

北海道ライカーズ川原ライター:普段はどんなお仕事をされていますか?

職場で

出典:ばんえい十勝

大江氏:大会期間中、レース結果やそれに付随するデータを関係者に配布し、レース結果をもとに次回開催のレースを企画します。

プログラミング委員として最も忙しい時期は、第1回大会※の終了時、予定されていたレースの結果がすべて揃ったとき、そして「次の大会を開催する」ときです。 次の72レースの詳細、出走馬の条件、出走馬の選考は翌朝9時に発表される。

ナイター競馬の場合、レース終了後の21時頃から本格的な編成が始まるため、深夜1時過ぎに終了します。 翌朝はプレゼンテーションの準備で8時から出社しなければならないので、この時間帯が一番体力がつきます。

※ばんえい競馬は基本的に毎週土・日・月の3日間開催。 1日約12レースが開催されます。 6日間(2週間)のイベントを1セットとして「1イベント」と呼びます。



サラブレッドとは大きく異なる、ドラフト ホースのピーク年齢は何歳ですか?

北海道ライカーズ川原ライター:出走馬のコンディションやレーティングはどのように決まるのですか?

大江さん:基本的にはサラブレッド競馬と同じです。 同じクラスまたは類似のクラスの馬がレースに参加します。

それ以外にも、出走者の選考方法を変えて開催するなど、バリエーションを持たせる工夫も行っています。 ばんえい競馬ファンの人気投票で出走馬を決める「ばんえいグランプリ」や、軽ソリを引いて速さを競う「スピードスター賞」などがあります。

第12回スピードスター賞受賞者 Memro Bobsap

第12回スピードスターアワード受賞者 芽室ボブサップ 出典:十勝ばんえい

2010年から開催されている「スピードスター賞」は、本来「重いソリをどれだけ速く引くことができるか」を競う競馬です。 逆転の発想から生まれました。

通常700~800kgのそりを引く馬が、500kgの軽いそりを引いてコースを駆け抜けます。 おかげさまで、採点賞に次ぐ第二の採点賞として定着しました。

工夫したレースにも正解と不正解はあります。 ばんえい競馬では、1回のレースで最大10頭の馬が競い合うため、1位の馬に最大9頭の馬が負ける。 競走なので、全馬平等にレースを組むのは難しい。

北海道ライカーズの河原ライター:番馬選手が実力を発揮できるのは何歳からですか?

松風雲海 8歳馬

八歳馬の松風雲海 出典:十勝ばんえい

大江さん:競走成績のピークはサラブレッドとは大きく異なります。 サラブレッドは「日本ダービー」に出場する3~4歳くらいがピークだと思いますが、バンマは5歳でもひよこで、7~10歳くらいがピークです。 7歳にして早々にばんえい競馬の最高峰「ばんえい記念」に出走。 時間をかけてゆっくり成長している感じです。

番馬さんは長く活躍されているので、ずっと追い求めてきたファンもいらっしゃるようです。 そんな景色もばんえい競馬の楽しみ方だと思います。

レースシステムで強い馬を育てたい

昨年のばんえいメモリアル優勝者 剛力目白郎

昨年の「ばんえい記念」優勝者 目白剛力 出典:ばんえい十勝

北海道ライカーズ川原ライター:ばんえい競馬の頂点を決めるレース「ばんえいメモリアル」についてどう思いますか?

大江さん:ばんえい競馬で馬の世話をする調教師や馬主、騎手の究極のゴールは「ばんえい記念館」だと思います。 そして、私たち運営スタッフも、「ばんえい競馬で最も重い1トンのそりに耐えられる馬を、デビュー2年目から競走方式で育てたい」と話しています。 「ばんえい記念」はその集大成だと思います。 デビューから長年競走を続けてきた馬が力をつけてばんえい記念のスタートを切るのは感慨深いものがあります。

北海道ライカーズ川原ライター プログラミングのやりがいは?

大江:やはり競馬の根幹に携わることですね。 レースなくして競馬は成り立ちませんし、レースを作った以上、責任を負わなければなりません。 難しいこともたくさんありますが、自分たちの作ったものがカタチになり、お客様に喜んでいただけたときの達成感は格別です。

北海道ライカーズ川原ライター:最後に、ばんえい競馬に興味のある方へメッセージをお願いします。

大江さん:まずはばんえい競馬を楽しんでいただきたい、好きになっていただきたいです。 自分が楽しんでこそ「ばんえい競馬は楽しい」という気持ちが相手に伝わると思います。 そしてそれが、仕事に就いたときの充実感と達成感につながります。 そんな方々と一緒に、ばんえい競馬をもっと盛り上げていけたら嬉しいです。

宮城県出身の大江さんは、高校の進路指導で好きな動物に囲まれて学べる帯広畜産大学の環境の良さを知り、帯広に住み続けています。 「人生で一番長く帯広に住んでいて、北海道民になりました」と笑顔で話した。

プログラミングを通じてばんえい競馬の繁栄に貢献し、十勝の文化を育む。 地に根を下ろす大江さんの熱い思いが伝わってくるインタビューでした。

連載「ばんえい競馬で働く人たち」では、ばんえい競馬を支えるために働くさまざまな人の魅力を探っていきます。連載記事一覧ここをクリック。

楽天競馬協賛