「メニコンカップ2022 全日本クラブユースサッカー東西戦(U-15)」結果発表。 :時事ドットコム

[Menicon Co., Ltd.]

ALL WEST は、2 対 2 の接戦の末、PK 戦で勝利しました。 MVPはMF屋敷正人選手(名古屋グランパスU-15)


株式会社メニコン(本社:名古屋市中区葵3丁目21番19号、代表取締役社長:田中英成)は、「メニコンカップ2022日本クラブユースサッカー東西戦(U-15)」に特別協賛しました。 )」。 2022年9月11日(日)、愛知県名古屋市のパロマ瑞穂ラグビー場で開催されました。
メニコンカップは、15歳以下のクラブユースチームから選抜された34名の選手が東西のディビジョンで競うU-15オールスターゲーム。年。 田。
公式発表によると、来場者数は3,251人。 晴天に恵まれ、多くのサッカーファンが試合を楽しみました。
また、大会の様子はYouTube Live、Twitter、株式会社スポーツニュース(本社:東京都港区西新橋2-19-5 風間ビル1F・2F・3F)でご覧いただけます。代表取締役社長:黒飛幸次郎 以下、スポーツ新聞社が運営するスポーツメディア「SPORTS BULL」はインターネットで全国生中継を行い、73,771人(大会終了時の視聴者数)がオンラインで試合を観戦しました。 ありがとうございました。
試合は2-2の同点でPK戦に終わった。 最優秀選手賞:WEST #13、MF屋敷正人(名古屋グランパスU-15)、闘志賞:EAST #10 MF前田勘太郎(横浜FCジュニアユース)、WEST #16 GK田中浩介(サガン)鳥栖U-15)選ばれました。 最優秀選手賞に選ばれた屋敷選手は「地元出身なので、1点でも取りたい気持ちでプレーしました」とコメント。
メニコンはコンタクトレンズのパイオニアとして、見ることの素晴らしさを伝えるだけでなく、少年少女の夢とチャレンジ精神の可能性を応援します。 当社は本大会への特別協賛を通じて、次世代を担う若手サッカー選手の育成を支援するとともに、子どもたちに夢に挑戦することの大切さを伝えていきたいと考えています。

■メニコンカップ2022:特設サイト
https://www.menicon.co.jp/company/culture/cup/index.html

■スペシャルゲストにサッカー元日本代表の大久保嘉人さん



スペシャルゲストとして元サッカー日本代表でサッカー実況やバラエティ番組など多方面で活躍する大久保嘉人氏を迎え、大会を盛り上げます。 試合前には大久保さんのトークショーや小学生約120名を対象としたジュニアサッカースクールが行われました。 会場は大きな歓声に包まれました。
また、大久保さんはYouTube LiveやTwitter、SPORTS BULLでの全国生放送の解説を行い、会場だけでなく生放送でも盛り上がりを見せました。
試合後、表彰式にも参加しました。 大会に参加した選手や観客に向けて、「中学生がここまでプレーするとは思っていなかったし、大人しくサッカーをしていたので、中学生の活躍が楽しみです。これからの日本を背負っていく選手たちです」 絶対出てくると思うので注目してください」とメッセージをいただきました。

■ジュニアサッカースクール



ジュニアサッカースクールでは、多くの応募者の中から選ばれた約120名の小学生が、年齢やサッカー歴ごとにチーム分けされ、名古屋サッカー協会技術指導員の大久保義人氏の指導を受けました。 田。 最後は全員で記念撮影を行い、大久保嘉人さんからサッカーの未来を担う子どもたちへのメッセージが寄せられました。

■中京大学中京高校チアリーディング部(SPIRITS)によるチアパフォーマンス



ハーフタイムには、名古屋市の中京大学中京高校チアリーディング部(SPIRITS)によるチアリーディングが行われました。 総勢約60名の熱演で会場は熱気に包まれました。

■キッチンカー開業


メニコンからキッチンカーを出店し、ボリュームたっぷりで持ち運びやすくサッカー観戦にぴったりな「肉巻きおにぎり」や、暑いスタジアムにおすすめの「冷たいコーンスープ」を販売。

■メニコンのボランティアスタッフが大会運営をサポート


特別協賛のメニコンとして、毎年多くのボランティアスタッフが参加しています。 感染症対策を徹底しつつ、来場者の誘導やフィールドサポートなど、新型コロナウイルス感染症拡大中の大会運営をサポートしました。
イベントの模様はYouTubeでもご覧いただけます。
https://youtu.be/VXMzMcVh-RE

(参考)メニコンカップ2022大会概要

大会名 メニコンカップ2022日本クラブユースサッカー 東西戦(U-15)
■主催 日本サッカー協会、日本クラブユースサッカー連盟、中日新聞
■運営:愛知県サッカー協会、名古屋サッカー協会
■後援 日本プロサッカーリーグ、愛知県、名古屋市、愛知県教育委員会、名古屋市教育委員会、全国新聞社協議会
■特別協賛 株式会社メニコン
■協賛 プーマ(R)、株式会社モルテン、サントリービバレッジソリューション株式会社
日時 2022年9月11日(日) 13:00キックオフ
■会場 パロマ瑞穂ラグビー場(名古屋市瑞穂区山下通5-4)
■試合形式 40分ハーフ(延長なし、同点の場合はPK)
■入館料 前売券・当日券:大人500円、小中学生300円。
出場選手 「第37回日本クラブユースサッカー選手権大会(U-15)」「JCYインターシティトリムカップ(U-15)EAST」「JCYインターシティトリムカップ(U-15)WEST」出場チーム 優秀選手を選出その中から選手を選び、所属クラブの所在地によって東西に分かれてチームを組んでメニコンカップに出場する。
■感染症対策について 新型コロナウイルス感染拡大の影響により、主催者の判断により開催の可否、方法等を変更する場合がございます。
■その他 試合前に開催されるジュニアサッカースクール

会社プレスリリース詳細(2022/09/21-19:46)

.