「ダンロップ「スリクソンZX5 MkII」アイアン – ゴルフ体験主義 – ゴルフコラム : 日刊スペース

どーもです。 本日ご紹介するのは、新作「スリクソン ZK MkII」シリーズの「スリクソン ZK MkII」シリーズモデルです。 )アップショウウェで「スリクソンZX5 MkII」アイアンからいっと

まず、見た目です。

前の世代で使われていたかどうかは覚えていませんが、UTも「MAINFRAME MkII」を使っているようです。 みたいな感じです。

フェースはコマリジジ。 猫側の縦幅が狭いような形で、イメージ的にはトウが立っているようなイメージですが、これは前回のものと同じです。

のこぎりの幅は、顔のサイズに適しています。

ネックはセミグース。 顔の下部のボリュームは減っていますが、新型の方が痩せているようにも見えます。

フェースの大きさ、トップブレードの厚みは先代とほぼ変わらず、安心感があります。

今回はスチールシャフト「NSOPRO950GH neo DST」にフレキシブルな型番7号を装着。 、重量93g、トルク2.5、中調子。

試験会場は東京・メトログリーン東陽町です。

軽い感じですが、ずっしりと軽いです。 、素直に振れましたまたたます

実際に試乗してみると、ドライバーさんが使っていたチェーンにちょっと戸惑いましたが、今回はスチールカーモデルです。 飛距離の差はシャフトの影響も少しあると思いますが、かなり変わった気がします。したもちろん、空の真ん中にいるべきではありません。

トラックデータはこんな感じ

そのデータはこちら

【3球了】

HS38.1m/s、初速48.6m/s、打ちさてを角21.9度、バックスピン量4053.0rpm、サイドスピン804.7rpm、飛飞行175.0y

【一番】

HS38.6m/s、初速49.2m/s、打ちさん角21.4度、BACKSPAIN量4083.9rpm、アイドステン-1073.9rpm、飛飞行176.4年

打感はますますなりとなななは割愛します。音は中高音系。

弾道はこんな感じ

スカイトラックデータはこちら

弾道的事文句しくの高弾道。 簡単な印象です。 スピン量はややなめ。 初めてカーボンシャフトだった時は4500rpmくらいだったのですが、今回500rpmくらい落ちたのもスチールシャフトの大きな理由かもしれません。

出球好天は、ボクのクンクでますますますますますますたるです。

んますますますますますとはますんますんますますますますますますますしはしますしはしますす差はあまり感じません…

今回試した限りでは、このスペックではHS40m/s以上を推奨しています。ないですね!

<ダンロップ「スリクソンZX5 MkII」アイアン>

■KAZの感想(10点満点)

距離: 9

■ヘッド:フェース=クロムバワジギム鋼、ボディ=【#4~7】軟鉄(S20C)+レンガ合面【#8~SW】軟鉄(S20C)

■シャフト(重量・トルク・調子):スチールシャフト「NSPRO MODUS3 TOUR105 DST」(S=98.5g/2.3、R=95g/2.5/中調子)「NSPRO950GH neo DST」(S=93g/2.5、R=89g) /2.6/中調子)。 カーボンシャフト「ディアマナ ZX-II for IRON」(S=63.5g/3.4、R=61.5g/3.5/中調子)。

■価格:スチールシャフト装着モデル 6セット(#5~PW) 13,860円、単品(#4、SW、SW)各1セット 2,3100円。 カーボンシャフト装着モデル5本セット 14,5000円1本2万4200円※金額风は税込う。

.