「スター・ウォーズ」のビークルとフィギュアがセットになった「マイクロギャラクシー」は、「遊んで、飾って、集めて」最高に楽しいシリーズです。[gifts available]| | 川

スターウォーズに登場する乗り物を忠実に再現した「遊べる」トイシリーズ。「マイクロギャラクシー」が新たにリリースされました。 映画で人気の宇宙船からちょっとコアな航空機まで、アクションフィギュアの発想で立体化した新シリーズです。

この記事の最後に、「レイザークレスト」抽選プレゼント(5名様)の応募フォームがあります。

もちろん『スター・ウォーズ』の乗り物をモチーフにしたおもちゃは数多くありますが、『マイクロ・ギャラクシー』はそれらがほぼ同じスケールで統一されているのがポイント。 クラスの違う車両を並べるとまるで小さな展示場のよう。 もっと集めたいという欲求をくすぐります。

また、手のひらサイズながら細部の表現は想像以上。 種類によっては細部にまでウェザリング(汚れ)が施されており、作中に登場した機体をそのままマイクロ化したような仕上がりになっています。 チョコレートは好きなところに置いても存在感があり、ジオラマ遊びや写真撮影など、楽しみ方は無限大です。

しかし、予想外の喜びをもたらすミニフィグがあります。 約2.5cmのサイズですので、多少の変形はご容赦ください。 商品写真を見る限り、コクピットに搭乗できるのは「おまけ」に感じられるかもしれません。

しかし、実際に手にしてみると、小さいながらもしっかりとした作りで、先代の存在感と愛着を感じます。 乗り物に乗せる時は座った状態で、その姿もめちゃくちゃ可愛いです。 ダース ベイダーやアサージ ヴェントレスなどの悪役でさえ、エンドウ豆サイズのピースに座っています。 手を上げて乗り物に乗せる姿も可愛いし、乗り物の横に立っている姿も可愛い。 しかもXウイングとジェダイ・スターファイターはアストロメク・ドロイドを乗せた姿がキュートで、機体背面のボタンを押すとドロイドが飛び出すギミックもあり、これも最高にキュート。

「マイクロギャラクシー」は、機体と一緒にフィギュアを並べるのが一番楽しいシリーズです。 憧れのミレニアム・ファルコンやXウイング、タイ・ファイターなどおなじみのモデルはもちろん、『クローン・ウォーズ』のアサージ・ヴェントレスや『マンダロリアン』のレイザー・クレスト、モフ・ギデオンのタイ・ファイターの愛機もラインナップ。 戦闘機、「ボバ・フェット」宇宙船など。 まずはシリーズ1として13種類が発売されていますが、その中でもおすすめの車両を写真付きでお話したいと思います。

正式名称はデルタ-7B イーサスプライト級ライトインターセプター。 クローン大戦中にジェダイによって使用されました。 多くのファンは、『スター・ウォーズ エピソード II: クローンの攻撃』で、オビ=ワン・ケノービとジャンゴ・フェットが惑星カミーノからジオノーシスに向かう際に小惑星帯を追いかけたシーンを覚えているでしょう。 オビ=ワンは宇宙船の操縦が得意ではありませんが、ジャンゴの強力なサイズミック チャージをかいくぐり、航空機の後部からスペア パーツを廃棄することで、執拗な追跡ミサイルを回避することに成功しています。

厳密にはこのシーンでオビワンが乗ったのは「デルタ7」で、この機体はその後継機「デルタ7B」です。 外観はほとんど同じですが、唯一の変更点は、アストロメク・ドロイドがコックピットの左側ではなく前方に収納されていることです。

アニメ「クローンウォーズ」に登場する「デルタ7B」。 同モデルはアナキン・スカイウォーカー、アソーカ・タノ、キット・フィストー、メイス・ウィンドゥといったジェダイもそれぞれ独自のカラーリングで使用。 オビワンは旧モデルと同じように赤く塗装されていました。 搭載されているアストロメク・ドロイドはR4-P17。

「クローン・ウォーズ」シーズン3エピソード12「ダソミアの魔女」では、共和国と分離主義勢力の激戦区で、アサージ・ヴェントレスのジニベックス級スターファイターとのスピーディーなドッグファイトが繰り広げられる。 尾翼に搭載されたヴェントレスに命中したデルタ-7Bは敵旗艦に緊急着陸し、R2-D2は燃えている機体を消火するために駆けつけた。 この「マイクロギャラクシー」にはアサージ・ヴェントレスのスターファイターもラインナップされているので、両方手に入れればこの戦いを自分の手で再現できます。

ジェダイ・スターファイターには 2 つの優れた点があります。 まず、槍の先のような鋭い形状をしています。 これは後に帝国の恐るべきスター・デストロイヤーに引き継がれたと考えられていましたが、共和国時代のスターファイターはスタイリッシュで、あらゆる角度から見ても圧倒されます。

そしてもう一つは外付けハイパードライブリング。 「デルタ7」「デルタ7B」ともにハイパードライブを搭載していないため、ハイパードライブリングに接続して高速飛行を行う。 外装というところにガジェット感がありカッコいいです。

「Micro Galaxy」にもこの外付けハイパードライブリングが付属。 装着した状態でうまくディスプレイするのは難しいですが、映画やアニメと同様のアクションが楽しめます。 そういえば、分離した指輪はその後劇中でどうなるのでしょうか? このユニットの帰還を待って漂流していたのだろうか?

そのフルネームは、全地形偵察輸送です。 『エピソード5/帝国の逆襲』 ホスの戦いで、巨大怪獣のように闊歩するAT-ATの味方を援護せよ。 大型機のAT-ATではカバーしきれなかった部分を機動性に優れたAT-STでカバーしました。

今回のマイクロギャラクシーはあくまでも「ホス編」ですが、映画で出番が多かったのは「エピソード6/ジェダイの帰還」のエンドアの戦いでしょう。 岩や倒木などの悪地形でも、その「全地形対応能力」の機動力で反乱同盟軍の歩兵を猛攻する。 AT-STは、森での戦いを知っていたイーウォックの原始的な攻撃によってひっくり返され、破壊されましたが、その不器用な生き物のような外観は帝国の恐怖の縮図です. 『マンダロリアン』チャプター4でも窓が赤く光り、ドシン・ドシンの音でディン・ジャリンらを追い詰め、抜群の火力を持つブラスターで攻撃する恐怖を演出。

「マイクロギャラクシー」のAT-STは絶妙なウェザリングが施されており、戦場を生き抜いたかのような佇まい。 パイロット兵も頭上から搭乗可能。 「マイクロギャラクシー」は各モデルともほぼ同じスケールなので、コックピット内でパイロットを切り替えられるのも魅力。 ミレニアム・ファルコンに付属するチューバッカに差し替えれば、『ジェダイの帰還』の名シーンを再現可能。

劇中のAT-STの足取りはぎこちなく、イオークスの丸太の罠に倒れた印象が強いかもしれません。 しかし、「マイクロギャラクシー」AT-STは驚くほど(?)安定してディスプレイしやすい。 「ライトアーマークラス」に属しており、比較的小ぶりなので並べると可愛いです。

ファン待望のシリーズとなった『マンダロリアン』より、主人公ディン・ジャリンの愛機、レイザークレスト。 微妙なカラーリング違いの2種類をラインナップしたマニアックなこだわりです。

中型のレイザー クレストは、船上で生活するのに十分な大きさです。 しかし、ディン・ジャリンが搭乗すると、戦闘中の機動力は抜群。 『マンダロリアン』第12章では急上昇しながらTIEファイターの1機を撃墜し、エンジン部分のフラップを開けて180度向きを変え、急旋回・下降しながら別の機体を撃墜した。 私はそれを引き抜いた。

通常版と「Arvala 7」版があります。 レイザークレストはチャプター2でジャワが勝手に解体したため、ディン・ジャリンとクイルによって復元された。 現在のレイザークレストはほぼシルバー塗装ですが、これまでは部分的にブラックパーツを使用していました。 「Arvala 7」バージョンは細かな違いを再現し、全体にウェザリング加工を施し、エンジン排気口には黒い煤の染みが見られます。 初期装備のディン・ジャリン、クイル、ジャワ族が付属。

一方、無印版は全体が銀色で荘厳な印象です。 ベスカーアーマーバージョンのディン・ジャリンとグリーフ・カルガ、ベイビーヨーダ(グローグ)が付属。 どちらも機体上部を取り外し、搭乗スロープを開閉して遊ぶことができます。

『ザ・マンダロリアン』はまだ若いシリーズのため、関連商品は前作ほど充実していません。 このスケール、このディテール、この価格帯でレイザークレストが手に入るのはありがたい。 しかも2種類!

ミレニアム・ファルコンは、マイクロ・ギャラクシー・シリーズ1の中で最大。ハン・ソロの愛機であり、『スター・ウォーズ』の顔。 ファルコンはこれ以上説明する必要はありません。 ちなみに「マイクロギャラクシー」のファルコンはアンテナが丸いので「エンドアの戦い」以前のモデルです。

実はこのファルコンには、単4電池3本(別売り)で光と音を楽しめるギミックが搭載されています。 そのため、取扱説明書の紙はシリーズ1のみ付属。リアエンジンは劇中さながらに青く光りますが、点灯するだけでなく、ちらつくように光るので超リアルです。 そして、機体を前後左右に傾けると角度に応じた飛行音が鳴ったり、ボタンを押すとブラスター音が鳴ったりします。 このミレニアム ファルコンでくるくる回ったり、宙返りしたりして、部屋の中を動き回ることは間違いありません。 タイの戦闘機などの敵車両とドッグファイトをしたくなるでしょう。

小さなハン・ソロ、チューバッカ、レイア、オビ=ワン・ケノービが付属。 4人そろってコクピットに乗せても可愛いです。 機体のウェザリング加工やディテールも見事で、これだけの仕上がりで定価が税込8,000円とは驚きです。

「マイクロギャラクシー」はコストパフォーマンスに優れ、「ライトアーマークラス」なら定価2,400円(税込)で手に入る。 さらに、より入手しやすい「スカウト職」を紹介したいと思います。

スピーダーバイクなどの小型マシンとフィギュアがセットになったシリーズで、定価は各800円(税込)。 パッケージを開けるまで中身がわからないアソート形式で、全5種、シークレット3種。 買いやすいので、ここから始めたい方、もう少し足したい方にぴったりです。

ビークルだけでなくフィギュアも追加することで、『マイクロギャラクシー』の面白さが銀河レベルに広がりました。 劇中のシーンを再現するのはもちろん、ありえない妄想シチュエーションをいろいろな組み合わせで再現するのもいいですね。 車両の細部まで忠実に再現されており、フィギュアと合わせて眺めたり、写真を撮ったりとワクワクが止まりません。

サイズは手のひらに収まる「マイクロ」ですが、その可能性は「ギャラクシー」ほど広がります「マイクロギャラクシー」同シリーズはトイサピエンスほかで発売中。 飾っても良し、遊んでも良し、この3つをお求めやすい価格で。 シリーズの今後も大いに期待できそうです。 ちなみに、トイサピエンスではオンラインでも店頭でも割引価格で購入できます。

実物をご覧になりたい方は、東京・大阪・名古屋のトイサピエンスで開催される「スター・ウォーズ:ジャンプ・トゥ・ハイパースペース」がおすすめです。 同イベントでは「マイクロギャラクシー」の展開だけでなく、「スター・ウォーズ」のアイテムも一堂に集結。 また、「トイサピエンス トーキョー」だけに、ドラマ「オビ=ワン・ケノービ」で実際に使用されたレアな衣装や、等身大のボバ・フェットなどのレアな展示も。 2022年10月30日(日)までの開催ですので、お早めに。 イベントの詳細については、以下のウェブサイトをご覧ください。

「スターウォーズ」「マイクロギャラクシー」
8″ / スターシップ クラス レイザー クレスト

申請期限:
2022年9月13日(火)23:59まで

応募方法:
THE RIVER公式Twitterアカウントフォロー後、応募用ツイートをリツイートの上、下記フォームに必要事項をご記入ください。

当選者数:
5名

当選発表方法:
賞品の発送をもって代えさせていただきます。

イベント「スター・ウォーズ/ハイパースペースへジャンプ」レポートはこちら

.