「サポーターになろう!」 サッカーが高齢者にもたらすもの | サッカーキング

敬老の日特別企画「人生の先輩からのエール」に参加し、「小さなことは気にしないで」とエールを送ったサントリーウェルネスの沖中直人社長(左)と松本照子さん。[Photo]=吉田隆光

サッカー×お年寄り=?
この式にどのような答えを書きますか?

サントリーウェルネス株式会社は、2021年12月にJリーグと協賛企業契約を締結いたしました。「セサミンEX」など、さまざまな健康食品を通じて社名をご存知の方も多いのではないでしょうか。

サントリーウェルネスが取り組んでいるプロジェクトの一つに「サポーターになろう!」があります。 高齢者や認知症の方など、普段は応援される機会の多い方が、2020年12月よりサッカークラブのサポーターになることで、クラブや地域を「支える人」を目指します。

現在、活動に共感し参加しているJクラブはカターレ富山、レノファ山口、川崎フロンターレ、ヴィッセル神戸の4クラブ。 富山県では昨年、約1,000名の高齢者サポーターが誕生しました。

高齢者は、サントリーウェルネスが作成したガイドブックに沿って、自由にサポートするだけです。 それでも、この「サポーターになろう!」

まず、その効果の一例を紹介したいと思います。

黒崎幸子さん(82歳)は、幻視やめまいなどの認知症の症状があったが、富山の大野陽平さんの「推し」になった。 「介護度が3から1に上がったようだ」と話した。 大野さんが施設を訪れたとき、杖を忘れて大野さんのところに走ったという。

山本正さん(94歳)は高血圧で、普段からネガティブな発言が多い。 しかし、「サポーターになろう!」と率先して声援を送ると、

また、元気になったという報告も多く、恥ずかしがり屋で参加できなかった高齢者が、支援を通じて仲良くなったという事例も多くあります。 「憧れ」の選手の存在が高齢者の盛り上がりを生み、地元チームを応援することでつながりや一体感が生まれました。

この企画のきっかけとなったのは、2020年サントリーウェルネス代表取締役社長の沖中直人氏。認知症でホールスタッフを務める。 「サポーターになろう!」という思いを伺いました。

「今後、日本社会では認知症患者が飛躍的に増えることが予想されます。 人生100年時代、健康かどうかにかかわらず、人は自分らしく幸せに生きることが大切です。 そんな時、「サポーターになろう!」という考えを聞いた時、 個人の責任でやらなければならないプロジェクトだと感じました」(翁中社長)

社長は社内にプロジェクトチームを立ち上げ、計画が固まってから数か月後、Jリーグの各チームに「サポーターになろう!」と提案。 高齢者に人気の「相撲」や「野球」ではなく「サッカー」を選んだことは、高齢者に好評です。

「プロスポーツの中でも、Jリーグは地域に根差した活動に力を入れています。 私にとって、人間が生きていく上で最も重要なことは、人とのつながりです。 そういう横のつながりが希薄になっている状況で、地元の文化に根付いて地元のクラブを応援したいというのは人間の本能だと思います。 加えて、サッカーのルールが非常に分かりやすいことも大きな要因でした」(翁中社長)

サッカーは2色に分かれたチームが対戦し、ボールがゴールに当たれば1点が入ります。 年間を通して継続的に開催され、相撲や野球に比べれば90分という試合時間もちょうどいい。

プロジェクトに関心を示してくれたJリーグクラブのほか、老人ホームのスタッフにも恵まれた。 サッカーと高齢者を初めてつなぐこのプロジェクトは、「おもしろそう」と勇気を持って取り組むスタッフがいなければ、まったく始まりません。 選手の写真を壁に貼ったり、テレビを設置したり、通常の業務以外の作業をしなければなりません。

しかし、ここでも思わぬ効果がありました。 スタッフも利用者様と一緒に楽しんでいます。 介護施設の多くは、慢性的な人手不足に悩まされています。 これまでスタッフは忙しくて利用者と話す時間が取れないことが多かったのですが、垣根を越えて一緒にサポートすることで、スタッフと利用者の絆が深まりました。

また、新型コロナウイルス感染症の影響で精神的に疲れ果てて休職していた社員が、復職して本プロジェクトに参加したことで元気になったという事例も耳にしています。 やった

また、学生からの採用に関する問い合わせも増えており、以前は「認知症なので顔出しはやめてください」と言っていたご家族の方からも「嬉しいので載せてください」との声が寄せられています。メディアに出しましょう。」 「サポーターになろう!」 三方よしだけでなく、お年寄りやそのご家族、施設スタッフ、Jクラブスタッフにもよし。

ただ、会社側からすると、物販に直結するプロジェクトとは思えない。 では、なぜこのプロジェクトを行っているのですか?

「これには2つの理由があります。 一つは、この時代にジャパニーズ・ウイスキーを造ることで文化やイノベーションを生み出してきた会社であるということです。 私たちは利益を社会に還元するという理念を持った会社であり、それを実行して、しっかりとお金を稼ぎ、それを世界に還元しています。」 (翁中社長)

「結果がどうなるかは決してわかりません。試してみなければなりません。しかし、何かが起こるでしょう。」 2020年12月にスタートし、約1年10ヶ月で様々な進化を遂げています。

その一つがヴィッセル神戸の「応援ごはんづくり」です。 おなかがすいて元気が出ないときは、ノエビアスタジアムの隣にあるVフィールドで採れた新鮮な野菜を使ったり、神戸の有名企業であるケンミンフーズから商品を受け取ったりしました。 」。 お年寄りもスタッフも一緒に料理や食事を楽しみ、サポートすることが目的だった。

また、今月は敬老の日の特別企画として「人生の先輩からのエール」を行っています。 「いくつになってもワクワクしたい」をコンセプトに手を挙げた高齢者施設10クラブ、計74施設から約1,400件(9月現在)の応援メッセージが集まりました。みんな。”

ノエビアスタジアム神戸では、名古屋戦ですでにこの「人生先輩のエール」が投稿されていた。

私の86歳の祖母はイニエスタが大好きで、習ったばかりのスペイン語で「VAMOS Iniesta」(がんばれ、イニエスタ)と書きました。 性別不明の70代の女性です。 「どんどん歳をとるけど、なかなか点が取れない。最後のホイッスルまで諦めず、果敢に、繊細に!」とのこと。 もちろん「残ってほしい」とのことで、神戸の大変な状況を理解したというエールもあった。

今まで死角だったと言える、高齢者とサッカーのつながり。 記者として普段は厳しいことを書きますし、時にはサポーターに文句を言う記事を書かなければならないこともあります。 でも、この「サポーターになろう!」 別世界です。 取材が進むにつれ、「サッカーにノーベル賞があるなら、平和賞にすべきだ」とふと思った。 認知症の方、介護施設スタッフ、クラブスタッフ、サントリーウェルネススタッフ、沖中社長の笑顔が見れて幸せでした。

そしてこの「サポーターになろう!」 今年5月に開催されたJリーグ「2022年しゃれん!AWARDS」でメディアアワードを受賞し、注目が高まっている。 沖中社長に今後目指す姿を聞いた。

「私たちの体と脳は、人間が何百万年も地球上に存在し、これほど長く生きるとは想定していません。 年月を重ねるごとに絆が薄れていく現実に、この社会はきちんと向き合えていなかったように感じます。 地域社会と一体となり、人と人とのつながりを育む活動を推進していきます。これに共感する企業や、一緒に働きたいという人が増え、その動きが世界中に広がっていきます。 育てる原点になりたい

スケールの大きな話であり、近未来に起こるリアルな話です。 人生100年時代の到来で、私たちはいつまで幸せに暮らせるのでしょうか。 健康だけでなく、「幸せな寿命」の考え方に近づく必要があるのか​​もしれません。

最後に、神戸で見つけた「人生の先輩のエール」に感動したので紹介したいと思います。

「サッカーを最後まで楽しもう」(107歳女性)

をモットーにしましょう。

取材・文:斉藤浩一

.